シネマトゥデイ

ペインレス (2012)

2013年9月7日公開 101分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ペインレス
(C) LES FILMS D'ANTOINE - TOBINA FILM - ROXBURY PICTURES - FADO FILMES, ACONTRACORRIENTE - 2012

見どころ

過去に葬られた痛みを感じない子どもたちの悲劇と、現代に生きる青年の誕生の謎とを交錯させながら描くスペイン発のサイコスリラー。骨髄移植が必要となった主人公が自分が養子であると知ったことから、両親のことや過去の出来事に迫っていく。脚本は『REC/レック』シリーズに携わったルイス・ベルデホ。監督を、本作で長編デビューを飾るフアン・カルロス・メディナが手掛ける。痛覚のない子どもたちに降り掛かる、恐ろしくも悲しい運命に心を切り裂かれる。

あらすじ

1931年のスペインで、痛みを感じない子どもたちが次々に誕生。子どもたちは暴力的で、自傷行為ばかりしていた。そして2000年。神経外科医のデヴィッド(アレックス・ブレンデミュール)は事故に遭い、婚約者を亡くしてしまう。追い打ちをかけるようにデヴィッドにリンパ腫が見つかり、骨髄移植が必要となる。その話を両親に話すと、デヴィッドが養子であることを告白され……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
PAINLESS
製作国
フランス/スペイン/ポルトガル
配給
  • エスパース・サロウ
カラー
(ヒューマントラストシネマ渋谷)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]