シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
17歳
(C) MANDARIN CINEMA-MARS FILMS-FRANCE 2. CINEMA-FOZ
英題:
YOUNG&BEAUTIFUL
製作年:
2013年
製作国:
フランス
日本公開:
2014年2月15日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間:
配給:
キノフィルムズ
カラー/アメリカンビスタサイズ/5.1ch

見どころ:『スイミング・プール』などのフランソワ・オゾン監督が、少女から大人へと変化を遂げる17歳の女子高生の心理とセクシュアリティーをあぶり出す青春ドラマ。不特定多数の男と性交を重ねる名門高校に通う美しい女子高生。ある事件をきっかけにその問題行動が発覚、行動の裏にある少女でも大人でもない17歳の女性の揺れ動く気持ちを描き出す。主演は、モデル出身のマリーヌ・ヴァクト。『輝ける女たち』などのジェラルディーヌ・ペラスや『まぼろし』などのシャーロット・ランプリングが共演。オゾン監督らしい繊細で鋭い心理描写に心を揺さぶられる。

あらすじ:パリの名門高校に通うイザベル(マリーヌ・ヴァクト)は、バカンス先で出会ったドイツ人青年との初体験を終え、数日後に17歳の誕生日を迎える。パリに戻ったイザベルは、SNSを通じてさまざまな男性との密会を重ねるようになっていた。そんなある日、ホテルのベッドの上で初老の男ジョルジュ(ヨハン・レイゼン)が発作を起こしそのまま帰らぬ人となってしまう。イザベルはその場から逃げ……。

17歳
(C) MANDARIN CINEMA-MARS FILMS-FRANCE 2. CINEMA-FOZ

映画短評

  • なかざわひでゆき
    思春期の性はむき出しだからこそ痛々しい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     思春期の性というのはとかく美化されがちだが、しかしそれは目覚めたての欲望だからこそ露骨に動物的であり、少年や少女はその衝動に突き動かされながら渦巻く理性と本能の狭間でやがて自我を形成する。本作の主人公である17歳の少女イザベルのように。
     まるで、この新たな欲望の正体を確かめるかのごとく、危険な性の冒険を繰り返すイザベル。本作はそんな彼女の時に痛々しい姿を四季の移ろいと共に見つめていく。季節ごとに流れるフランソワーズ・アルディの楽曲が彼女の心情を代弁し、10代のセックスを扱った大胆な描写に詩的な叙情を漂わせる。娘の性衝動とどう向き合うべきか悩む母親の戸惑いを率直に描いている点もいい。

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

IFC Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『17歳』ポスター
    ポスター
  • 映画『17歳』チラシ
    チラシ
  • 映画『17歳』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『17歳』フランス産石鹸(ラベンダーの香り、ワイルドローズの香り) ※香りはお選びいただけません。
    フランス産石鹸(ラベンダーの香り、ワイルドローズの香り) ※香りはお選びいただけません。

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

脚本・監督:
ラインプロデューサー: シルヴァン・モノド
キャスティングディレクター: サラ・テペル / リーラ・フルニエ
サウンドエディター: ブノワ・ガルゴンヌ
サウンドミックス: ジャン=ポール・ユリエ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『17歳』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 17歳 from 映画三昧、活字中毒 (2014年3月25日 0時26分)
    ■ シネスイッチ銀座にて鑑賞17歳/JEUNE & JOLIE 2013年/フランス/94分 監督: フランソワ・オゾン 出演: マリーヌ・ヴァクト/ジェラルディーヌ・ペラス/フレデリック・ピエロ/シャーロット・ランプリング 公式サイト 公開: 2014年02月15日 夏。超名門のアンリ4世高校に通うイザベル・ボンタルは、精神科医の母シルヴィと養父パトリック、弟ヴィクトルの家族で... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「17歳」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2014年3月13日 1時46分)
    今回は"これぞフランス映画"と言うような作品。娼婦としての顔を持つ17歳の高校生イザベルの物語ですが、この内容でR18+。エロではなく「官能的」と言う観点からこの作品を楽しみにしていましたが…いやはや、良くも悪くもフランス映画。  もっとも、個人的… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 17歳 from 別冊 社内報 (2014年2月19日 16時5分)
    フランソワ・オゾン監督最新作。 年末の「危険なプロット」が良すぎたので、自然期待してしまいます。 ストーリーは、昨今の少女マンガなら扱いそうな思春期の葛藤。 下手すると、陳腐になりがち。 「昼顔」の女子高生版とも。感情のないキレイな顔も共通。 そこをランボーの「物語」朗読(17歳にもなれば、真面目一方でなどいられない)や、「一度客を取れば、死ぬまで売女」とはき掛ける客などでうまくおさえられています。 最後に死んだ客の未亡人と会う、というあらすじが多いとは思いますが、これがなかなかな効 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 17歳 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年2月19日 0時9分)
    Jeune Et Jolie [CD]大人と子供の間の17歳が自らの性を持て余す姿を繊細に描く「17歳」。マリーヌ・ヴァクトの美しさがすべてのような映画。パリの名門高校生のイザベルは、バカンス先で ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 17歳~社会性を免れた性を目指して from 佐藤秀の徒然幻視録 (2014年2月15日 20時40分)
    公式サイト。フランス映画。原題:Jeune&Jolie。英題:Young & Beautiful。フランソワ・オゾン監督、マリーヌ・ヴァクト、ジェラルディン・ペラス、フレデリック・ピエロ、ファンタン・ラヴ ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 映画
  2. 2014年2月10日の週の公開作品
  3. 『17歳』