僕はもうすぐ十一歳になる。 (2014)

2014年7月19日公開 75分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
僕はもうすぐ十一歳になる。
(C) y-Jimbo. All Rights Reserved

見どころ

昆虫が大好きな小学生を主人公に、死生観について描いた人間ドラマ。昆虫採集や標本作りに夢中な主人公が、大人たちの死についての矛盾する考えに触れ、死とは何かを考え始める姿を描く。メガホンを取るのは、本作が初めての長編監督作となる神保慶政。死について思いをめぐらす少年らしい真っすぐな目と心、秘境専門旅行会社に勤めていたという神保監督のインドやブータンへの造詣から生まれた死生観が興味深い。

あらすじ

昆虫好きの少年、翔吾(濱田響己)は母の香織(市川愛里)と二人で生活している。一方、父親の徹(河村宏正)は単身赴任でインドに在住。冬休み、翔吾に帰国子女の花音(紫英)が弟子入り。翔吾は花音に昆虫採集や標本の作り方を指導することに。ところが年末になりインドから帰ってきた徹は、現地の価値観に感化され肉や魚を口にしない上に、翔吾に教えた標本作りについて考え方が変化しており……。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本・編集
プロデューサー
撮影
照明
録音・整音
美術
助監督
音楽
制作

映画詳細データ

製作国
日本
助成
  • シネアスト・オーガニゼーション・大阪
配給
  • ニューシネマワークショップ
カラー
(新宿K’s cinema)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]