美術館を手玉にとった男 (2014)

2015年11月21日公開 89分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
美術館を手玉にとった男
(C) Purple Parrot Films (C) Sam Cullman

見どころ

30年にわたりアメリカの美術館をだまし続けた希代の贋作(がんさく)画家マーク・ランディス氏を追ったドキュメンタリー。精巧な贋作を作り続けては金もうけをすることなく20州、46か所の美術館に無償で寄贈していたランディス氏の素顔に迫るとともに、執拗(しつよう)に彼を追い詰めていく人々やだまされた人々の姿を通し、さまざまな感情をユーモラスに活写する。監督は、以前ニューヨーク近代美術館で働いていたジェニファー・グラウスマンと画家の活動経験を持つサム・カルマン。

あらすじ

2011年、アメリカ20州46か所の美術館に展示されていた作品がマーク・ランディスという男性によって制作され、全て無償で寄贈された偽物であったという事件がさまざまなメディアで報道された。金もうけを目的としていないことから彼は罪に問われなかったが、なぜランディス氏はそのようなことを30年も続けてきたのか。特異な贋作(がんさく)作家の素顔に迫る。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3

2

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
ART AND CRAFT
製作国
アメリカ
配給
  • トレノバ
製作
  • Oscilloscope Laboratories
  • Non Sequitur Productions
  • Yellow Cake Films
カラー
リンク
公式サイト

前売券特典

色鉛筆セット
色鉛筆セット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]