シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

スーサイド・スクワッド

公式サイト:http://suicidesquad.jp
スーサイド・スクワッド
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
英題:
SUICIDE SQUAD
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ/カナダ
日本公開:
2016年9月10日
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

見どころ:DCコミックスに登場する悪役がそろい、危険な任務に挑む部隊“スーサイド・スクワッド”を結成して悪対悪のバトルを繰り広げるアクション。悪役の中でも人気抜群の『バットマン』シリーズのジョーカーをはじめ、アンチヒーローたちが減刑と引き換えに作品の垣根を越えて共に任務に挑むさまを描く。出演は、ウィル・スミス、ジャレッド・レトーら。メガホンを取るのは、『エンド・オブ・ウォッチ』『フューリー』などのデヴィッド・エアー。強烈な個性やビジュアルを持つ悪役たちのぶつかり合いに期待が高まる。

あらすじ:世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。

スーサイド・スクワッド
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画短評

  • 相馬 学
    DCユニバースは、ここから突き抜ける、か!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     悪党と呼ぶには“悪”の部分が弱かったり、キャラが多いせいかイマイチ個性が出ていない者がいたりと細かな不満はあるのは、期待値が高かったからか。それでも女性キャラたちの奮闘ぶりが印象的で十分に楽しめた。

     核となるのはもちろんハーレイ・クインで、ルックスといい、理屈の通用しない習性といい、悪の魅力が誰より弾けていて吸引力は抜群。カタナやエンチャントレスといったキャラも出番は少ないが、印象度は高い。

     何より歓迎したいのは、DCエクステンデッド・ユニバースの方向転換。『ダークナイト』の成功以後、必要以上にダークなトーンに徹していたDC作品の流れの中で、本作の“ヌケ”の良い痛快さは魅力的である。

  • なかざわひでゆき
    DCコミック版「特攻大作戦」はワルの魅力がイマイチ足りず
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     興行成績はさておき、本国の批評は空前の大ブーイング。それも分からんではない。脚本は行き当たりばったりだし、登場人物の扱いは雑だし、後半の展開はまるで「ゴーストバスターズ」だし。そもそもの基本プロットが「特攻大作戦」。しかも、奴らの方がよっぽど本格的なワルだった。
     ただ、何を隠そう政府の役人が一番血も涙もない極悪人です!ってとこは気に入った。もちろん、ハーレイ・クインのクレイジーでパンクなキャラも魅力的。よくよく考えれば、30年くらい前からニナ・ハーゲンがほぼ同じ格好してたよなあとは思うものの、まあ、あちらは畑が違うからいいでしょう。脳みそ空っぽにして楽しむ分には問題なし!

  • 山縣みどり
    今も気になるGQのその後。誰か教えて!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    死刑マストな極悪人どもを束にして世界を脅かす敵と戦わせる発想はまさに『シルミド』。でもアメコミなので刹那的な瞬間は一切なく、とにかくドンパチとハーレイ・クインのクレイジーっぷりに終始する。それと全身から強面オーラを発散するヴィオラ・デイビスの存在感でお腹いっぱい。豪華キャストの群像ドラマゆえにどのキャストに思い入れするかで面白さが違ってくるわけで、公開前からがんがん映像が出ていたジョーカーことジャレッド・レトの活躍を期待してたら肩すかしを食いました。ぎゃふん。気を取り直してスコット・イーストウッドに集中したら、再びぎゃふん。映画を楽しむのも自己責任と思い知りました。

  • 平沢 薫
    ハーレイ・クインにシビレっぱなし
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ハーレイ・クインにヤラレる。映画はたまに、作品としてどうかということとは関係なく、そこに登場したキャラクターの強烈さで圧倒してくれることがある。例えば「ダークナイト」のジョーカーがそうだったが、本作のハーレイ・クインもそれ。凶悪なのに、キュート。壊れているのに、明晰。ブリッコなのに、下品じゃない。さまざまな相反する要素が、絶妙な配分で融合されていて、これ以外の配分は考えられない。コミック「マッドラブ」の彼女でお馴染みの道化師の衣装がチラッと登場するという、サービスも楽しい。予告編を見て彼女に対する期待値がかなり上がった状態で見ても、しっかりその期待に応えてくれる。

  • くれい響
    ハーレイ・クイン観るだけなら、問題ないッ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    冒頭から、やたら歯切れの悪い演出と、破綻した脚本。ピンポイントで登場するジャレッド・レトのジョーカーや、くねくねしてるだけのカーラ・デルヴィーニュのエンチャントレスなど、これだけ面白いキャストを集めながら、全然生かしてない残念感。でも、そこがいかにもデヴィッド・エアー作品っぽくもあり、得意なミリタリー・アクションは恐ろしく気合が入っている。ただ、あえてR指定を避けたことで、独特のヴァイオレンス美学も生かせず、改めて『デッドプール』のスゴさを実感させられる結果になってしまった。ただ、いちばんの売りであるハーレイ・クイン(もしくはマーゴット・ロビー)を観るだけなら、まったく問題ないッス!

予告編・動画

映画『スーサイド・スクワッド』予告編 第2弾
映画『スーサイド・スクワッド』予告編
【動画】映画『スーサイド・スクワッド』特別映像
ウィル・スミス、ファンとハイタッチ!マーゴット・ロビーの日本語披露も 映画『スーサイド・スクワッド』のジャパン・プレミア

» 『スーサイド・スクワッド』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『スーサイド・スクワッド』ポスター
    ポスター

キャスト

デッドショット:
ジョーカー:
ハーリーン・クインゼル博士/ハーレイ・クイン:
リック・フラッグ:
アマンダ・ウォラー:
ブーメラン:
ディアブロ:
グリッグス:
GQ・エドワーズ大尉:
ジューン・ムーン博士/エンチャントレス:
スリップノット:
カタナ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『スーサイド・スクワッド』の映画ニュース

  • ウィル・スミス主演Netflixオリジナル映画『ブライト』のワールドツアーが決定し、その最終地が東京(12月19日予定)であることが明らかになった。ウィルは共演のジョエル・...の女』、そしてデヴィッド・エアー監督(『スーサイド・スクワッド』)と共に来日し、記者会見とジャパンプレ...
  • 映画『スーサイド・スクワッド』ではマーゴット・ロビーが演じて人気を博し、スピンオフ映画も企画されているDCコミックスの女性悪役ハーレイ・クインが、今度は大人向けの...
  • クエンティン・タランティーノ監督の9作目となる長編監督作の主演候補にトム・クルーズの名前が挙がっているとDeadlineが報じた。 本作は、1969年にカルト集団「マンソン・...てタランティーノ監督は、テートさん役に『スーサイド・スクワッド』のマーゴット・ロビーを希望している。ま...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『スーサイド・スクワッド』評価と感想/マーゴット・ロビーかフーターズか from eigamanzaiの映画レビュー (2017年5月1日 14時58分)
    思ってたほど悪くはなかった ☆4点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ スーサイド・スクワッド映画『スーサイド・スクワッド』の作品情報:DCコミックスに登場する悪役がそろい、危険な任務に挑む部隊“スーサイド・スクワッド”を結成して悪対悪のバトルを繰り広げるアクション。www.cinematoday.jp スーサイド・スクワッド|映画情報のぴあ映画生活『スーサイド・スクワッド』は2016年の映画。『スーサイド・スクワッド』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画レビュー】『スーサイド・スクワッド』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2017年1月15日 4時12分)
    ルイジアナ州にあるブラックサイト(極秘施設)であるベルレーブ刑務所には、通常の犯罪者として扱うには危険過ぎる能力を持った凶悪な囚人達が収容されていました。 まず「デッドショット」の異名をとり、あらゆる銃器に精通し4kmの射程からターゲットを狙撃する能力を持つスナイパーのフロイド・ロートン(ウィル・スミス)。 無敵の彼にとって唯一の弱点は別れた妻との間の一人娘でしたが、クリスマスイブをその娘と買い物に出かけていた彼の元へ舞い降りた黒い影。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「スーサイド・スクワッド」 from 元・副会長のCinema Days (2016年10月28日 6時27分)
    (原題:SUICIDE SQUAD )全然楽しめない。キャラクター設定はもちろん、話の展開も支離滅裂で、作っている連中がマジメにやっていないことが明確に見て取れる。クセの強そうな怪人どもを集めれば、あとは何とかなるとでも思っていたのだろう。とにかく、観るのは時間... ...[外部サイトの続きを読む]
  • スーサイド・スクワッド~女性活躍ショー from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年10月4日 18時12分)
    公式サイト。原題:Suicide Squad。ザック・スナイダー製作総指揮、デヴィッド・エアー監督。ウィル・スミス、ジャレッド・レトー、マーゴット・ロビー、ジョエル・キナマン、ヴィオラ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「スーサイド・スクワッド」:ハーレイ以外は腹八分目 from 大江戸時夫の東京温度 (2016年9月20日 22時36分)
    映画『スーサイド・スクワッド』は、マーヴェルに負けじと派手にやってみたDCユニヴ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年9月5日の週の公開作品
  3. 『スーサイド・スクワッド』