どなたでもご覧になれます

サウルの息子 (2015)

2016年1月23日公開 107分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サウルの息子
(C) 2015 Laokoon Filmgroup

見どころ

ハンガリー出身のネメシュ・ラースローがメガホンを取り、強制収容所に送り込まれたユダヤ人たちがたどる壮絶な宿命に迫る感動作。仲間たちの死体処理を請け負う主人公が、息子と思われる少年をユダヤ人としてきちんと葬るために収容所内を駆けずり回る2日間を活写する。主演を務めるのは詩や小説も手掛けるルーリグ・ゲーザ。第68回カンヌ国際映画祭にてグランプリに輝いた、ホロコーストの過酷な現実を描いた物語に言葉を失う。

あらすじ

1944年10月、ハンガリー系ユダヤ人のサウル(ルーリグ・ゲーザ)は、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所でナチスから特殊部隊“ゾンダーコマンド”に選抜され、次々と到着する同胞たちの死体処理の仕事に就いていた。ある日、ガス室で息子らしき少年を発見した彼は、直後に殺されてしまったその少年の弔いをしようとするが……。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4.3

4

すべて見る »

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
SON OF SAUL
製作国
ハンガリー
配給
  • ファインフィルムズ
配給協力
  • ミモザフィルムズ
後援
  • ハンガリー大使館
  • イスラエル大使館
製作会社
  • Laokoon Filmgroup
カラー/スタンダード
(新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]