さとにきたらええやん (2015)

2016年6月11日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
さとにきたらええやん
(C) ガーラフィルム・ノンデライコ

見どころ

日雇い労働者の街として知られる大阪市西成区釜ヶ崎で、長年子供たちにくつろぎの場を提供してきた「こどもの里」にカメラを向けたドキュメンタリー。国籍や障がいの有無にかかわらず、この街で暮らす乳児から20歳ぐらいまでの子供たちをサポートするこどもの里の日常を映し出す。監督を務めるのは、本作で監督デビューした重江良樹。さまざまな事情を抱えながらも、前向きに明るく生きる釜ヶ崎の人々の笑顔が胸にしみる。

あらすじ

荘保共子さんは1977年に、子供たちが気兼ねなく過ごすことができる「こどもの里」の前身を立ち上げる。年齢も学年もさまざまな子供たちが集うこどもの里は、一時的な宿泊所にもなっている。デメキンこと理事長の荘保さんはたまに厳しいことも言うが、常に子供たちに寄り添い味方であり続けてきた。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4.5

2

[PR]

スタッフ

監督・撮影
音楽
編集
音響構成
プロデューサー・構成
制作協力
特別協力

映画詳細データ

製作国
日本
機材協力
  • ビジュアルアーツ専門学校大阪
製作・配給
  • ノンデライコ
助成
  • 文化庁文化芸術振興費補助金
企画
  • ガーラフィルム
配給協力
  • ウッキー・プロダクション
カラー/5.1ch/DCP
(ポレポレ東中野、第七藝術劇場ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]