シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

シング・ストリート 未来へのうた

公式サイト:http://gaga.ne.jp/singstreet/
シング・ストリート 未来へのうた
(C) 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved
英題:
SING STREET
製作年:
2015年
製作国:
アイルランド/イギリス/アメリカ
日本公開:
2016年7月9日
(ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
製作会社:
Cosmo Films / Distressed Films / FilmNation Entertainment / FilmWave / Likely Story / PalmStar Media
カラー

見どころ:『ONCE ダブリンの街角で』などで知られるジョン・カーニー監督の半自伝的青春ドラマ。1980年代のアイルランド・ダブリンを舞台に、さえない日々を送る14歳の少年が一目ぼれした少女を振り向かせるためバンドを組み、音楽活動に没頭する姿を描く。主題歌を、カーニー監督作『はじまりのうた』に出演したマルーン5のアダム・レヴィーンが担当。音楽がつなぐ出会いや少年たちの青春を、デュラン・デュラン、ザ・クラッシュ、ザ・ジャムなど当時のヒット曲が彩る。

あらすじ:1985年、ダブリン。両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごすコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は、音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみという14歳。ある日、ラフィナ(ルーシー・ボーイントン)を見掛け瞬く間に恋に落ちた彼は、思わず「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。慌ててバンドを組んだコナーは彼女を振り向かせようと、クールなPVを撮るため音楽活動に奔走する。

シング・ストリート 未来へのうた
(C) 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved

映画短評

  • 相馬 学
    反抗を描きつつ切なさを宿らせた青春映画の傑作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     1980年代に10代を過ごし、洋楽を浴びるように聴いた筆者には他人事と思えないドラマ。かつて子どもだった大人へのタイムカプセルのような作品。

     ロックから人生を学ぶ子どもたちの情熱は大きな魅力。音楽番組を見る度に髪型やファッションが変わる(それもダサく!)小技もユーモラスで面白い。

     『小さな恋のメロディ』を連想させつつも大人を“悪”と割りきった同作と比べると、幻想シーンでダメな大人たちにも理解を示すバランスが妙味。大人社会に三行半を突きつけたかのようなラストは切ないが、それに逃げないドラマの構造にうなる。劇中で語れる“ハッピー・サッド”とは、大人の世界のことを言っているのかもしれない。

  • 山縣みどり
    誰がなんと言おうと、愛さずにはいられない!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    不況にあえぐ両親や厳格な校風、いじめという閉塞感に満ちた少年の人生にロックと美少女が風穴を明ける物語に新鮮味がないとしても、心の底から愛さずにはいられない青春ドラマだ。デュランデュランやザ・キュアの音楽にインスパイアされる主人公コナーとオタクなバンド仲間、ジャック・ブラック風なスラッカー兄貴(意外にも心に響く名言を連発!)といったキャラ設定も物語にしっくりハマる。いじめっ子の描き方に監督の優しさを感じたしね。超厳しいミッション・スクールで抑制されていた学生時代、音楽じゃなくて映画で現実逃避していた身なのでコナーの気持ちが手に取るように理解できました。同級生と見たら笑い泣き必至ね。

  • 平沢 薫
    青春はまぶしくて恥ずかしい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     高校のハミダシっ子が集まってバンドを作る、片思いの女の子を振り向かせたくて、という普遍的設定だけでドキドキワクワクだが、その時代背景が80年代なのがポイント。主人公たちがカッコイイと思ってやってるニューロマンティックのメイクやファッションが今見ればかなり恥ずかしく、そのせいでただ青春のまぶしさに目が眩むだけでなく、同時に、その恥ずかしさに赤面したり苦笑したりもできる。その両方が同時にできるのが、本作の魅力。とはいえ「"ハッピー・サッド"ってどんな気持ち?」というようなセリフの後でキュアの曲が鳴ったりすると、思わず足をすくわれてしまったり。'80年代を知る人には、恥ずかしさと感動が倍増。

  • くれい響
    バンドやろうぜ、MV撮ろうぜ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    デュランデュランの「リオ」のMVに衝撃を受け、キュアーやホール&オーツの楽曲だけでなく、ファッションもマネする。かなり露骨に! アラフォー世代にはたまらん話だが、イヤミな校長に、じつはいい奴なイジメっコ、そして年上のカレシと付き合ってるヒロインと、恐ろしいほどお約束キャラが続々。なのに、香港公開タイトル『初戀無限JAM』が表わすように、愛さずにいられないほどキュート! バンドメンバー個々のドラマがあまり描かれないのは残念だが、前2作と違う後味な『小さな恋のメロディ』的ラストもヤバい。そこで流れるのはアダム・レヴィーンが歌う「GO NOW」。単なる回顧主義に終わらせないのは、この監督らしさ!

  • 森 直人
    「思春期あるある」の極めつきの傑作だ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    青春プレイバック的なバンド映画は数多いが、「MVを自主で撮る」光景はたぶん初めて観た。デュラン・デュラン等に憧れる80年代の田舎町の光景。しかし同時に時代や世代を超え、“世界と闘った”経験を持つ者のハートを例外なく締めつける。日本で言えば『グミ・チョコ』に近いのかもしれない。あるいは『桐島』か。

    さらに「お前はスティーリー・ダンか!」などタイトなツッコミを入れるお兄ちゃん=“サブカル師匠”は『あの頃ペニー・レインと』の音楽評論家レスター・バングスを彷彿。恋愛映画としては『小さな恋のメロディ』。もちろん全体はジョン・ヒューズ的でもある。思春期映画のエッセンスを凝縮させた一本。ずるいくらい完璧!

予告編・動画

ある少年が、大好きな女性を振り向かせるためにバンドを始める!映画『シング・ストリート 未来へのうた』予告編
映画『シング・ストリート 未来へのうた』特別映像「A Beautiful Sea」
今週のHOT MOVIES 2016.7.8-9
今月の5つ星2016年7月

» 『シング・ストリート 未来へのうた』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『シング・ストリート 未来へのうた』ポスター
    ポスター
  • 映画『シング・ストリート 未来へのうた』チラシ
    チラシ
  • 映画『シング・ストリート 未来へのうた』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『シング・ストリート 未来へのうた』STEREO TENNISデザイン 「オリジナル80’sステッカー」
    STEREO TENNISデザイン 「オリジナル80’sステッカー」

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『シング・ストリート 未来へのうた』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • シング・ストリート 未来へのうた  (2015) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2017年3月3日 3時11分)
    1985年、アイルランド。15歳のコナーは一歳年上のラフィーナの気を引こうとバンドを始める。しかしラフィーナには彼氏がいた。  コナーの家が結構立派で邸宅といってもいいくらい。地域も比較的金持ちが住む治安の良いところらしい。しかし父親が失職し母親はパートをしているが家計が苦しい。兄はすでに大学をあきらめ音楽の夢もあきらめてぐうたらしている。おまけに母親は浮気をしているらしい。  音楽映... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【シング ストリート 未来へのうた】驚異の共感度100%!音楽が最高すぎる! from 元ボクサーの一念発起 (2017年2月2日 17時3分)
    君の夢は、僕の夢になった! 「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督の半自伝的作品であり!好きな女の子を振り向かせるためにバンドを組んだ少年の恋と友情を、1980年代ブリティッシュサウンドに乗せて描いた青春ドラマ! いごっそう612 どうも、いごっそう612です!TSUTAYA先行はマジで面白い! 作品情報 原題:SING STREET洋画:青春ドラマ製作年:2015年製作国:アイルランド/イギリス/アメリカ日本公開:2016年7月9日レンタル開始:2017年1月18日&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「シング・ストリート 未来へのうた」 from 元・副会長のCinema Days (2016年8月1日 6時28分)
    (原題:SING STREET )ストーリーは平板だが、こういう題材はある程度の質が保証されていれば、存分に楽しめるものなのだ。特に時代設定の80年代に若い日々を送った者からすれば、甘酸っぱい気分に浸れること請け合いである。  85年、アイルランドのダブリンに住む... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「シング・ストリート 未来へのうた」:ボーイズ&バンド映画の新たな古典 from 大江戸時夫の東京温度 (2016年7月25日 22時55分)
    映画『シング・ストリート 未来へのうた』は、ボーイズ・ムーヴィー、バンド・ムーヴ ...[外部サイトの続きを読む]
  • シング・ストリート 未来へのうた/SING STREET from 我想一個人映画美的女人blog (2016年7月15日 0時1分)
    「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督最新作 80年代のアイルランド、ダブリンを舞台に描く青春音楽映画 デュラン・デュラン、A-ha、ザ・クラッシュ、ザ・ジャム、ラッシュ、ホール&オーツ、ザ・キュアーなどのブリティッシュロック満載! 主題歌を「はじまりのうた」に出演したマルーン5... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年7月4日の週の公開作品
  3. 『シング・ストリート 未来へのうた』