シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

彼らが本気で編むときは、

公式サイト:http://kareamu.com
彼らが本気で編むときは、
(C) 2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年2月25日
(新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか)
上映時間:
制作プロダクション・製作:
パラダイス・カフェ
製作:
電通 / ジェイ・ストーム / パルコ / ソニー・ミュージックエンタテインメント
配給:
スールキートス
カラー

見どころ:『かもめ食堂』『めがね』などの荻上直子監督が手掛けたオリジナル脚本の人間ドラマ。母親に育児放棄された少女が叔父とその恋人に出会い、共同生活をするさまを描く。女性として人生を歩もうとするトランスジェンダーの主人公リンコを生田斗真、その恋人マキオを桐谷健太、母親に置き去りにされたトモを子役の柿原りんか、彼らを取り巻く人々を、ミムラ、田中美佐子、小池栄子、りりィ、門脇麦が演じている。

あらすじ:母親が家を出てしまい置き去りにされた11歳のトモ(柿原りんか)が、おじのマキオ(桐谷健太)の家を訪ねると、彼は恋人リンコ(生田斗真)と生活していた。トランスジェンダーのリンコは、トモにおいしい手料理をふるまい優しく接する。母以上に自分に愛情を注ぎ、家庭の温もりを与えてくれるリンコに困惑するトモだったが……。

彼らが本気で編むときは、
(C) 2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

映画短評

  • 山縣みどり
    社会や家族の多様化が手に取るように理解できる
    ★★★★
    »読む«閉じる

    マイノリティへの偏見や育児放棄というハードな題材を扱うが、小学生女子の目というフィルターを通したのが荻上直子監督流。叔父の恋人がトランスジェンダーのリンコと知った少女の驚きやリンコの母性と優しさに癒される過程、リンコへの偏見に傷つき怒る心模様と全ての局面で彼女に共感する。LGBTという言葉が市民権を得た程度で、養子縁組も浸透しない日本社会で多様化と訴えても机上の論理となりがち。でも実際に映像でマキオ&リンコのようなカップルを見ると多様化の意味が伝わり、家族形態も旧弊依然としたものである必要はないとわかるのもいい。荻上作品の魅力の一つでもある自然な台詞回しが効いていることは言うまでもない。

  • 森 直人
    『牝猫たち』の「貧困」と、本作のリベラリティを併せて考えたい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    橋口亮輔監督の偉大な先駆作『ハッシュ!』から15年、これは極めて貴重な「ある一歩」だ。LGBTを起点とし、家族の枠組みを再考するという世界の先端的な主題に、日本の土壌を踏まえてタッチした意欲作。子育て中の身としても染みる部分が非常に多い。

    世間の同調圧力に対する反骨の姿勢は『バーバー吉野』から一貫している荻上直子監督だが、「怒り」を対象化し始めた事が重要な成熟と刷新ではないか。個人的に最も感じ入ったのは「母である前に女」と主張する未熟な大人のミーイズムをどう扱うかで、この映画も慎重になった部分だと思う。役者陣は最高。特に生田斗真は確実に彼の代表作だろう(『土竜の唄』と併せるとさらに凄い!)。

予告編・動画

生田斗真がトランスジェンダーの女性に『彼らが本気で編むときは、』予告編
斎藤工&板谷由夏が『ラ・ラ・ランド』など2月下旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『彼らが本気で編むときは、』の予告編・動画一覧

前売券特典

  • 映画『彼らが本気で編むときは、』特製「リンコさんのぽんぽんしおり」
    特製「リンコさんのぽんぽんしおり」

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

脚本・監督:
ゼネラルプロデューサー: 中村理一郎
エグゼクティブプロデューサー: 井口高志 / 早川英
企画・プロデュース: 木幡久美 / 天野真弓
プロデューサー: 高木徳昭 / 五十嵐真志 / 石黒研三
アソシエイトプロデューサー: 川合紳二郎
ラインプロデューサー: 安斎みき子
撮影: 柴崎幸三
美術: 富田麻友美
録音: 瀬川徹夫
編集: 普嶋信一
音楽: 江藤直子
音楽プロデューサー: 和田亨
音響効果: 大河原将
スクリプター: 天池芳美
助監督: 蔵方政俊
スタイリスト: 堀越絹衣
ヘアメイク: 橋本申二
フードスタイリスト: 飯島奈美
制作担当: 和氣俊之
キャスティング: 川村恵

キャスト

リンコ:
トモ:
ヒロミ:
ナオミ:
佑香:
ヨシオ:
カイ:
サユリ:
フミコ:
マキオ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『彼らが本気で編むときは、』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「彼らが本気で編むときは、」 from 元・副会長のCinema Days (2017年3月18日 6時44分)
    荻上直子の監督作は「かもめ食堂」(2006年)しか観ていないが、あの映画に対して覚えた違和感が本作にも横溢している。「かもめ食堂」の主人公は“母親が逝った時より猫が死んだ時の方が悲しかった”とモノローグで語るように、親との関係性を上手く構築できていな... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「彼らが本気で編むときは、」:日本に必要な映画 from 大江戸時夫の東京温度 (2017年3月12日 22時45分)
    映画『彼らが本気で編むときは、』は、そくそくと心に沁み入るようなビューティフルな ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「彼らが本気で編むときは、・・・・・評価額1700円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2017年3月12日 21時29分)
    彼らが本気で編んでいるものとは? 母娘二人暮らしの母子家庭。 何かと問題のある母が突然失踪し、少女・トモが身を寄せたマキオ叔父さんの家には、トランスジェンダーのパートナー、リンコさんがいた。 最初は戸惑ったものの、親身に世話をしてくれるリンコさんの優しさに癒され、いつしか三人は本当の家族の様になってゆく。 しかし、まだまだ日本の社会は性的マイノリティーに対して寛容とは言い難い。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『彼らが本気で編むときは、』★リンコのおっぱいは本物以上に本気(^_-)-☆ from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2017年2月28日 23時41分)
    作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170045/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 主演:生田斗真(=リンコ:介護福祉士) 監督・脚本:荻上直子 ・トランスジェンダー:リンコ ←予想以上に良かった! ・リンコの彼:マキオ ・マキオの姪っ子:トモ ←母は家出を繰り返し、マキオ宅へ。 ・トモの祖母:りりィさん♪←リン... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『彼らが本気で編むときは、』★リンコの”おっぱい”は本物以上に本気(^_-)-☆ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2017年2月28日 23時22分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/170045/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 主演: 生田斗真 (=リンコ:介護福祉士) 監督・脚本:荻上直子 ・トランスジェンダー:リンコ ←予想以上に良かった! ・リンコの彼:マキオ ・マキオの姪っ子:トモ ←母は家出を繰り返し、マキオ宅へ。 ・トモの祖母: りりィ さん♪←リンコが介護中 チラシなどからだと、母に捨てられた少女が ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年2月20日の週の公開作品
  3. 『彼らが本気で編むときは、』