どなたでもご覧になれます

函館珈琲 (2016)

2016年9月24日公開 90分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
函館珈琲
(C) HAKODATEproject2016

見どころ

北海道函館の古い洋館に古本屋を開くためにやって来た小説家と、そこに暮らしながら夢を追う若者たちの葛藤を描くヒューマンドラマ。装飾ガラス職人やテディベア作家、ピンホールカメラの写真家といった住人が、主人公がいれるコーヒーに誘われるように集まり、触れ合うさまを映し出す。函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞函館市長賞を受賞した、いとう菜のはの脚本を基に、『ソウル・フラワー・トレイン』などの西尾孔志が映画化。出演は黄川田将也、片岡礼子ら。大人の孤独をつづる物語に魅せられる。

あらすじ

北海道の函館にある古い西洋風アパートの翡翠館。桧山英二(黄川田将也)は、翡翠館に来るはずだった先輩の家具職人・藪下に代わり、翡翠館にある蔵で古本屋を開こうとやって来る。装飾ガラス職人の堀池一子(片岡礼子)ら住人は桧山がいれるコーヒーの香りに誘われ、つかの間の触れ合いを楽しんでいた。そんな彼らは、それぞれに秘密を持ち、孤独を抱えており……。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3

1

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・編集
脚本
プロデューサー
撮影
照明
美術
音楽
録音・整音
衣装
ヘアメイク
スチール
助監督
制作
アソシエイトプロデューサー
主題歌

映画詳細データ

製作国
日本
企画
  • 函館港イルミナシオン映画祭実行委員会
編集協力
  • ハイクロスシネマトグラフィ
撮影協力
  • はこだてフィルムコミッション
  • 港の庵
  • 函館山ロープウェイ
協賛
  • 美鈴商事
  • 中島トニーPRO
  • シナリオ・センター
  • 函館国際ホテル
  • 東松戸クリニック
  • 中島内科循環器科メンタルクリニック
  • 中島胃腸科内科クリニック
  • 本間正樹税理士事務所
  • 金森赤煉瓦会
協力
  • 中合棒二森屋店
  • マクザム
特別協力
  • 函館市
製作
  • ソウルエイジ
製作・配給
  • 太秦
カラー/DCP
(渋谷ユーロスペースほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]