シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ダンケルク
(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
DUNKIRK
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年9月9日
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

見どころ:第2次世界大戦で敢行された兵士救出作戦を題材にした作品。ドイツ軍によってフランス北端の町に追い詰められた連合軍兵士たちの運命と、救出に挑んだ者たちの活躍を描く。監督は『インセプション』などのクリストファー・ノーラン。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのトム・ハーディ、『プルートで朝食を』などのキリアン・マーフィ、『ヘンリー五世』などのケネス・ブラナーらが出演。圧倒的なスケールで活写される戦闘シーンや、極限状況下に置かれた者たちのドラマに引き込まれる。

あらすじ:1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。

ダンケルク
(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • 清水 節
    「状況」に没入させる2DのVR実験が、映画の可能性を拡げた
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     一貫して画の威力と音の効果で押しまくり、「物語」ではなく、死地からの脱出を懸けた「状況」に没入させる。顔の見えぬ相手には敵意すら湧かず、秒針音をサンプリングした音響によって焦燥感はマックスとなり、純粋に生き延びたいという切実さだけが募る。ノーラン映画の「時間」――『メメント』の逆行、『インセプション』の侵入、『インターステラー』の抵抗。本作では、陸海空のスパンの異なる時間軸を交差させた。視点と時間の魔術により、タイムリミットという真の敵に怯えながら、浜辺を逃げ惑い、海中に沈み、空を舞う。IMAXを駆使し、2DでVR効果を体感させて映画の未知なる可能性を押し広げる壮大な実験は、実に刺激的だ。

  • 中山 治美
    劇場を戦場に変える音!音!音!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    塚本晋也監督『野火』同様、敵はほぼ写らず。
    主観映像で捉えた戦争映画だ。
    だが臨場感溢れる音が、敵の存在を確かに感じさせてくれる。
    迫り来る戦闘機のプロペラ音。
    どこからともなく飛んでくる銃弾。
    嫌な予感しかしない、一瞬の静寂。
    耳鳴りのように残るこれらの音が、ここから一刻も早く逃れたいとする主人公たちの心情と共鳴する。
    一方で、これは国民性か、
    戦場から生きて帰ってきた人を恥と蔑んだ史実を知るだけに、”史上最大の撤退作戦”に複雑な心境を抱く人も多いだろう。
    約40万人の命を救うという英断を下したリーダーの姿を見ながら、多くの犠牲を生んだ自国の歴史を振り返らずにはいられないのだ。

  • くれい響
    潔いほどのノーランの実験劇場
    ★★★★
    »読む«閉じる

    今や長尺イメージのクリストファー・ノーラン監督作としては、デビュー作『フォロウィング』に次ぐ、尺の短さ(106分)だが、観終わった後の疲労感は通常通り。セリフで語らず、字幕で語る状況説明に始まり、陸海空での3つの時間軸からなるトリック構成で、頭がフル回転。また、完全にIMAXを意識した構図の下、弦楽器を多用したハンス・ジマーの旋律が流れ、連合軍兵士を追い詰めるドイツ兵が姿を現さない展開は、常に不穏な空気を醸し出す。しかも、ベインに続いてマスク姿のトム・ハーディも、終始困り顔のケネス・ブラナーも、まるでオペラのような崇高さを醸し出すノーラン劇場のコマに過ぎず。そんな実験的な試みに圧倒されるはず!

  • 山縣みどり
    シンプルなのに壮大な戦争叙事詩
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    過去にも映画化されている第二次大戦初期のダンケルク大撤退を浜辺と空と海の3パートに分けて描くシンプルな構成。各パートに主要キャラはいるものの、物語を牽引する特別なヒーローは不在だ。それなのに各キャラの気持ちに同調し、海水でずぶ濡れになった気分になったり、空で苦渋の決断を迫られる気分になったりするのだ。戦争とは名も無き兵士たちの犠牲なくしては成り立たなかったと実感する。研がれた脚本やダイナミックな映像美、役者陣の熱演とすべてが素晴らしいが、特に心打たれたのはマーク・ライランス演じる英国紳士とその息子の存在。あうんの呼吸でヨットに乗り込み、兵士の救出に向かう姿にやるべきことをやる強さを見た。

  • 平沢 薫
    大空の空間の巨大さを体感!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     空中戦が新鮮。空に戦闘機が2機しかいない。だから、空がとてつもなく広い。その空の中で、戦闘機に乗っているかのような感覚が味わえる。空間は巨大なのに運転席の視野は限られていて、敵機が音として出現する。飛行の角度を変更すると、空と海との境界線がぐるりと動いていくのが体感できる。この感覚をできるだけリアルに味わうために、画面は可能な限り大きい方がいい。空だけでなく、地上、海上、海中での出来事も、そこにいるかのような臨場感を重視した演出だ。
     そして、描かれるのは戦闘ではなく、敵地にいる味方の兵士たちの救出作戦。英国人監督ノーランが、かつて英国の人々が団結して成し遂げたことを描いた映画でもある。

  • 森 直人
    これは完全にエンタメ大作の顔をした実験映画だ。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ノーラン流儀がさらなる最高値をマークした大怪作に近い大傑作。二回目の鑑賞で、超緻密でハイボルテージな破格の異形設計とサウンドスケープに改めて圧倒された。既存のコードを解体してシャッフルした時間と空間=戦場に蠢くのは、剥き出しの無数の「個」。ハリー・スタイルズさえ何の変哲もない一人の兵士として放り出されている。

    本作に影響を与えた映画群11本をノーランは公式発表しているが、お話の枠組みとして最も近いのは『炎のランナー』だろう。「ダンケルク・スピリット」という英国の国民的な物語、スタンダードな美談を、この映画でしか体感し得ない“新しい世界”として、最初から自分で図面を引いて組み立てている。

  • 猿渡 由紀
    第二次世界大戦を舞台にした新たな傑作は大スクリーンで
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    クリストファー・ノーラン に言わせれば、これは戦争映画ではなくサスペンス。そして、サスペンスとホラーの違いは、「サスペンスは一瞬たりとも目が離せないもの。ホラーは目を背けたくなるもの」だそう。実際、ノーランにしては短い106分の上映時間、とにかく一瞬たりとも目を離せないのだ。あの時代にもPTSDはあったのだとか、大混乱の状況では時にして仲間のせいで命が失われることもあるのだといった、当たり前といえばそうだが、なるほどと思うことが描かれる。くどくど説明することなく、観客をその場に放り込むような感じ。できるだけ大きなスクリーンで見て、体感してほしい。

予告編・動画

クリストファー・ノーラン監督『ダンケルク』予告編
クリストファー・ノーランの戦争巨編!『ダンケルク』第2弾特報
トム・ハーディ登場!『ダンケルク』特別動画「空」
沈没から生き残れるか?『ダンケルク』特別動画「海」

» 『ダンケルク』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ポスター/チラシ

  • 映画『ダンケルク』ポスター
    ポスター
  • 映画『ダンケルク』チラシ
    チラシ
  • 映画『ダンケルク』チラシ
    チラシ

キャスト

アレックス:
ウィナント大佐:
ジョージ:
ボルトン中佐:
謎の英国兵:
ミスター・ドーソン:
ファリア:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ダンケルク』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ダンケルク/DUNKIRK from 我想一個人映画美的女人blog (2017年9月19日 0時26分)
    クリストファー・ノーラン監督が描く、戦争映画は 第二次世界大戦の西部戦線。 英仏連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍の猛攻でフランス北端のダンケルクに追い詰められてしまう イギリスが決行した救出作戦は、ヨットや漁船など多くの民間船も参加することで 兵士の犠牲を最小限に抑えることに成功する。この史上最大の撤退作戦と呼ばれる史実をもとに映画化。 戦争を英雄を描いたり、戦いそのものを描いたものではなく 一人に焦点を当てたり個々のキャラクターや背景を掘り下げて描くのではない。 極力. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 紛れもないクリストファー・ノーランの最高傑作「ダンケルク」@IMAX®次世代レーザーとヒッチコックの「鳥」 from エンターテイメント日誌 (2017年9月15日 15時38分)
    天才クリストファー・ノーラン監督最新作「ダンケルク」を大阪エキスポシティのIMA ...[外部サイトの続きを読む]
  • ダンケルク 評価と感想/これは物語やドラマではなく体験である from eigamanzaiの映画レビュー (2017年9月14日 11時44分)
    そしてノーラン版クイズタイムショックでもあった ☆5点 第二次世界大戦の西部戦線の一つでナチスドイツ軍によりフランス最北端ダンケルクに追い詰められた英仏軍40万人を民間船舶を総動員しイギリスに撤退させた史上最大の撤退作戦ダイナモ作戦を描く。監督はクリストファー・ノーラン 予告編 映画『ダンケルク』本予告【HD】2017年9月9日(土)公開世界が嫉妬する才能ノーラン監督が実話に挑む究極の映像体験。 アカデミー賞®最有力!全米興収ランキング2週連続NO.1!『ダークナイト』『インセプション』と、新作ごと&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ダンケルク】観客が戦場に放り込まれる?絶望映画! from 元ボクサーの一念発起 (2017年9月11日 16時22分)
    絶体絶命の地“ダンケルク”の40万人は生き残れるのか! 「ダークナイト」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン監督が、初めて実話をもとに描く戦争映画! いごっそう612 どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!クリストファー・ノーランの最高傑作か! 作品情報 原題:DUNKIRK 洋画:戦争ドラマ 製作年:2017年 製作国:アメリカ 日本公開:2017年9月9日 上映時間:106分 公式サイト あらすじ 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ダンケルク / DUNKIRK from 勝手に映画評 (2017年9月10日 18時3分)
    第二次世界大戦の序盤、破竹の勢いで勝ち続けるナチスドイツの勢いに押された連合軍が、ヨーロッパ大陸から必死の撤退を行うダイナモ作戦を描いた作品。 『ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』などの作品で、不思議な世界をCGを使わず欲しいままに映像... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年9月4日の週の公開作品
  3. 『ダンケルク』