シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

ストーンウォール

公式サイト:http://stonewall.website/
ストーンウォール
(C) 2015 STONEWALL USA PRODUCTIONS, LLC
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年12月24日
(新宿シネマカリテほか)
上映時間:
配給:
アット・エンタテインメント
製作会社:
Axel Films
カラー

見どころ:『インデペンデンス・デイ』シリーズなどディザスター映画の巨匠ローランド・エメリッヒ監督が、1969年にアメリカで起こったLGBTの抵抗運動を基に映画化。ニューヨークのバー「ストーンウォール・イン」にやって来た青年の目を通して、ゲイやレズビアン、ドラァグクイーンなどが虐げられながらも必死に生きる姿を映す。青年を『戦火の馬』などのジェレミー・アーヴァインが演じる。自身もゲイであることを公表しているエメリッヒ監督が描く、1960年代の空気感とLGBTの歴史が見どころ。

あらすじ:インディアナ州に暮らすダニー(ジェレミー・アーヴァイン)はゲイであることを知られ、故郷を追われるようにニューヨーク、グリニッチビレッジのバー「ストーンウォール・イン」にたどり着く。美しさを武器に体を売るレイ(ジョニー・ボーシャン)ら、力強く生きる仲間を得るダニー。そして、彼は聡明な政治活動家のトレバー(ジョナサン・リス・マイヤーズ)に出会い……。

ストーンウォール
(C) 2015 STONEWALL USA PRODUCTIONS, LLC

映画短評

  • なかざわひでゆき
    かつて若者たちが抱いた怒りと悲しみからLGBTの今を考える
    ★★★★
    »読む«閉じる

     いわゆるゲイ解放運動の原点「ストーンウォールの反乱」を背景にした青春ドラマ。アメリカでゲイの人権活動が盛んなのは、それだけ差別が激しいからなんだよ、と若い頃に教えてもらったが、本作を見るとなるほどと納得する。史実を改変した点が本国では批判されているようだが、本作においてそこは必ずしも重要ではないだろう。
     47年前のゲイを取り巻く状況と今を比べて、果たして社会はどれだけ寛容になったのか?我々は差別を克服できたのだろうか?そこが要だ。振り返って、同性愛に比較的寛容な文化もあってか、少なくとも表立ってはゲイ差別が見えにくい日本社会は、それゆえに本当の意味での理解が浸透しづらいのかなとも思った。

  • 山縣みどり
    LGBTの権利獲得までにまだまだ長く険しい道が待っていそう
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    LGBTの人々が迫害に抵抗した暴動とホームレスのLGBTキッズの悲惨な人生を混ぜた意欲作だ。主人公ダニーを白人のジェレミー・アーヴァインが演じたためにアメリカでは「史実と違う」など大バッシングを受けたが、知られざる歴史の1ページやストリート・キッズの現状を周知する役目は立派に果たしている。主人公が冒頭、同性愛者に電気ショックを与えて治療するアホらしい学術(?)を教えられる場面があるが、マイク・ペンス次期副大統領は「同性愛者にはコンバージョンセラピーが効く」と信じているとか。怖いし、時代を逆行するね。というわけで、長く険しい道が待っているLGBTの人々を理解するためにも見てほしい1本だ。

予告編・動画

映画『ストーンウォール』予告編
梶裕貴が吹き替え!ゲイバーの反乱描く映画『ストーンウォール』本編映像
映画『ストーンウォール』吹き替え声優・梶裕貴インタビュー
斎藤工&板谷由夏がイチオシの12月下旬の新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『ストーンウォール』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『ストーンウォール』ポスター
    ポスター
  • 映画『ストーンウォール』チラシ
    チラシ
  • 映画『ストーンウォール』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ストーンウォール』ポストカードセット
    ポストカードセット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ストーンウォール』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年12月19日の週の公開作品
  3. 『ストーンウォール』