シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『妖怪ウォッチ』3年連続初登場1位!『スター・ウォーズ』は興収トップ!【映画週末興行成績】

『妖怪ウォッチ』3年連続初登場1位!『スター・ウォーズ』は興収トップ!
『妖怪ウォッチ』今年も『スター・ウォーズ』に勝利! - (C) LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2016

 土日2日間(12月17~18日)の全国映画動員ランキングを19日に興行通信社が発表し、『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』が1作目、2作目に続いて初登場1位を獲得した。

 415スクリーンで公開され、動員54万5,211人、興行収入6億803万3,100円を記録した同作。男女比は74.8対25.2。年齢別では小学1~3年生が53.5%、未就学児(0~幼稚園・保育園児)が19.9%、小学4~6年生が13.5%となった。

002
『スター・ウォーズ』は興収でトップを取ったことを含めて昨年と全く同じ結果となった。(C) 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 惜しくも2位スタートとなった『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』だが、こちらは動員41万3,604人、興収6億5,341万8,300円の成績で、興収別ランキングでは1位。初日となった12月16日金曜日からの累計興収はすでに9億2,062万円を突破するという、大ヒットスタートを切った。

 京都に暮らす切ない運命を背負ったカップルを描いて、累計発行部数150万部を突破した七月隆文のベストセラー小説を福士蒼汰、小松菜奈主演で実写映画化した『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は初登場4位となった。初日の男女比は33.5対66.5。年齢別では13~19歳が42.1%、20代が26.6%、40代が10.6%と続いた。

 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は今週3位に落ちたものの累計動員339万684人、累計興収48億9,699万300円を記録。その他アニメ作品も好調で、6位の『君の名は。』は累計動員1,607万9,937人、累計興収208億9,790万4,500円。公開6週目の『この世界の片隅に』は10位。累計動員52万1,289人、累計興収7億837万6,720円となった。

 今週末は『バイオハザード:ザ・ファイナル』『土竜の唄 香港狂騒曲』『ピートと秘密の友達』『ポッピンQ』『聖杯たちの騎士』『14の夜』『オアシス:スーパーソニック』『ストーンウォール』『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2016年12月17~18日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(初)『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』:1週目
2(初)『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』:1週目
3(2)『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』:4週目
4(初)『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』:1週目
5(4)『海賊とよばれた男』:2週目
6(5)『君の名は。』:17週目
7(3)『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』:2週目
8(1)『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』:2週目
9(初)『好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~』:1週目
10(7)『この世界の片隅に』:6週目


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2016年
  3. 12月
  4. 20日
  5. 『妖怪ウォッチ』3年連続初登場1位!『スター・ウォーズ』は興収トップ!