シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
メッセージ
英題:
ARRIVAL
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年5月19日
(TOHOシネマズ新宿ほか)
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

見どころ:テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にしたSFドラマ。球体型宇宙船で地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめる。メガホンを取るのは、『ボーダーライン』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ。『ザ・マスター』などのエイミー・アダムス、『アベンジャーズ』シリーズなどのジェレミー・レナー、『ラストキング・オブ・スコットランド』などのフォレスト・ウィテカーらが結集する。

あらすじ:巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。彼らが使う文字を懸命に読み解いていくと、彼女は時間をさかのぼるような不思議な感覚に陥る。やがて言語をめぐるさまざまな謎が解け、彼らが地球を訪れた思いも寄らない理由と、人類に向けられたメッセージが判明し……。

メッセージ

映画短評

  • 清水 節
    [映画]の話法を革新し[私]の人生観に変化をもたらす至高体験
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「感動的」では不充分。「哲学的」と評すだけでは思考停止に陥る。湧き起こる想いは、まず「敬意」だ。ファーストコンタクトものでありながら、対立や友好を描くわけではない。宇宙船、異生命体、表義文字――斬新極まりない形はすべてテーマへと結びつく。為政者の稚拙なプライドや好戦的な衝動が世界を危険にさらす今、改めてコミュニケーションとは何かと考えさせる。マクロな出会いを通し、実はひとりの女性の内的な物語が綴られる。語り口に息を呑む。信じて疑わなかった映画的話法を革新しながら、ヒロインの価値観の変容を、観る者にも味わわせる。これは未知なる存在との対話を通し、既成の人生観から解放される至高の体験だ。

  • 山縣みどり
    哲学的な人生観にうなったファースト・コンタクトもの!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『未知との遭遇』や『ET』などなど、異星人とのファースト・コンタクトものは名作が多いけど、最高傑作といってもいいのが本作。地球に飛来した異星人の目的を探るために軍に請われた言語学者ルイーズが彼らの言語を解き明かそうと努力する姿に未知の存在を恐れる人類の本能を絡めるのは定番だが、コミュニケーションを超える異星人の言語パワーを徐々に明らかにする丁寧な作り方なので物語にぐいぐい引き込まれる。SFだが、根底には哲学的な人生観が横たわっていて、見終わったあとで「私なら?」と考えた。演技巧者エイミー・アダムズの演技はもちろん、脚本が素晴らしい。セリフの時制を確認するためにも2度以上は見てほしい。

  • なかざわひでゆき
    哲学的かつ観念的な傾向の強い『未知との遭遇』
    ★★★★
    »読む«閉じる

     基本プロットは典型的なエイリアンとのファースト・コンタクト物。果たして彼らは友好的な来訪者なのか、それとも邪悪な侵略者なのか。その対応を巡って各国の思惑が錯綜し、一触即発の危機的状況を招いていく展開にも既視感を覚える。
     ただ、そのいずれもが本作の核心ではない。焦点となるのは、未知なるものを受け入れ理解することで、物事を全く別の角度や次元から解釈することが出来るようになるということ。エイリアンの言語を解き明かしていくプロセスが重要な意味を持つ。
     かなり哲学的かつ観念的な傾向の強い作品であり、それゆえ万人に受け入れられることは難しいかもしれないが、挑戦的な試みであることは間違いないだろう。

  • 猿渡 由紀
    新しい視点から描くエイリアン物語
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ほかの惑星の生物が地球にやって来るという映画は、昔から数多い。地球を攻撃しようとするものもあれば、人間の中に入り込もうとするものもあるが、今作のエイリアンは、何が目的なのかわからない。それを判明させるために雇われたのが、言語学者である主人公ルイーズ(エイミー・アダムス)。世界中で危機感が迫る中、プレッシャーをかけられるが、エイリアンたちの言語を理解するには、時間がかかる。
    “コミュニケーション”という視点も新しければ、手から墨のようなものを投げ出すエイリアンの“言語”もおもしろい。そして、最後には、この思わぬ遭遇が、ルイーズ個人にとってどんな意味があったのかも明らかになる。

  • 平沢 薫
    原作の尊重と大胆なアレンジ。その両立が絶妙
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     この原作小説を映画化するには、難問が2つある。一つは、異星人の"ある認識方法"をどのように映像化するか。もう一つは、それに関連する異星人の"言語"をどのように視覚化するか。
     本作は、この2つの難関を見事にクリア。それだけでなく、原作のテーマを変えることなく、映画的なアレンジを多量に加えて、原作よりもスリリングかつ原作と変わらない感動を与えてくれる映画に仕上げている。この原作の尊重と巧みな脚色の両立ぶりを見れば、この監督が名作SF「ブレードランナー2049」「デューン 砂の惑星」に抜擢されたのも納得。とくに脚色の妙技については、原作を読んで比較すると面白さが倍増する。

予告編・動画

映画『メッセージ』予告編
映画『メッセージ』“あの日本のお菓子”に似ている宇宙船の本編映像
押井守らが語る異色のSF感動作『メッセージ』特別映像
斎藤工&板谷由夏が『マンチェスター・バイ・ザ・シー』など5月中旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『メッセージ』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

ポスター/チラシ

  • 映画『メッセージ』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『メッセージ』宇宙船が飛び出す「メッセージ」カード
    宇宙船が飛び出す「メッセージ」カード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


キャスト

ルイーズ・バンクス:
イアン・ドネリー:
ウェバー大佐:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『メッセージ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ポスト・クラシカルの作曲家マックス・リヒターと映画「メッセージ」 from エンターテイメント日誌 (2017年6月6日 9時3分)
    作曲家マックス・リヒターをご存知だろうか?1966年1月21日ドイツ・ハーメルン ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「メッセージ」 from 元・副会長のCinema Days (2017年6月5日 6時29分)
    (原題:ARRIVAL )タコ型宇宙人が出てきた時点で、早々に観る気が失せた。そもそも、どうしてタコ型なのか。どんなにスゴい科学力を持っていようと、しょせんタコはタコじゃないか。大昔のモンスター映画に出てきそうなクリーチャーでしかなく、こんなのに高踏的な線... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『メッセージ』の感想/SF不得手だけど叫びたい。この映画、素晴らしい! from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2017年5月30日 21時0分)
    <彼ら>は、なぜ、わたしたちの前に現れたのだろう?今回ご紹介する映画:『メッセージ』原題:『ARRIVAL』原作:テッド・チャン『あなたの人生の物語』製作:2016年アメリカ日本公 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • メッセージ/ARRIVAL from 我想一個人映画美的女人blog (2017年5月25日 11時51分)
    今年のアカデミー賞作品賞ノミネート テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基に、 「ライト/オフ」「遊星からの物体X ファーストコンタクト」のエリック・ハイセラーが脚本 「灼熱の魂」「プリズナーズ」「複製された男」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『メッセージ』評価と感想/ヴィルヌーヴ流『未知との遭遇』 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年5月25日 0時28分)
    ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督やっぱこの人天才 ☆5点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ メッセージ映画『メッセージ』の作品情報:テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にしたSFドラマ。球体型宇宙船で地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめる。メガホンを取るのは、『ボーダーライン』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ。www.cinematoday.jp メッセージ|映画情報のぴあ映画生活『メッセージ』は2016年の映画。『メッセージ』に対するみんなの評価やク&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年5月15日の週の公開作品
  3. 『メッセージ』