ADVERTISEMENT

「全裸監督」奈緒子を熱演!冨手麻妙に注目

柄本時生と冨手麻妙
柄本時生と冨手麻妙

 話題のNetflixオリジナルシリーズ「全裸監督 シーズン2」で、AV女優の奈緒子を演じている冨手麻妙に注目したい。(以下、本編の内容に触れています。)

刺激的…!冨手麻妙主演作『ANTIPORNO アンチポルノ』【写真】

 山田孝之が主演を務めるNetflixオリジナルシリーズ「全裸監督」(2019)の続編となる本作は、伝説のAV監督・村西とおるが衛星放送事業に進出しようと邁進する姿を描く。冨手演じる奈緒子は、シーズン1から登場。村西が監督を務めるAV撮影では、燃えるバスを背景に返り血を浴びて恍惚の表情を浮かべ、三田村(柄本時生)ら撮影スタッフから演技を絶賛される。

ADVERTISEMENT

 お金目当てのAV出演だった奈緒子だが、演技を褒められ自信を持ち、村西のいるサファイア映像で活躍するようになる。シーズン2では、AV女優たちの姉御的存在となり、衛星放送事業のために資金をかき集める村西のためにストリップショーにも挑戦する。しかし、村西が資金を横領されてしまい、奈緒子らのギャラが支払われない状態に。自分勝手な村西に不信感が募り、村西を信じる三田村やラグビー後藤(後藤剛範)に目を覚ますように叱咤する。

冨手麻妙
冨手麻妙と山田孝之

 身体を張り、仕事に誇りを持つ奈緒子を熱演した冨手は、2009年にAKB48研究生となり、同年に卒業。その後は女優として活動し、映画『ハダカの美奈子』(2013)、『闇金ドッグス』(2015)、『娼年』(2018)や、「全裸監督」の武正晴総監督の『嘘八百 京町ロワイヤル』『ホテルローヤル』といった作品に出演してきた。

 また、園子温監督作品に数多く出演し、日活ロマンポルノ45周年を記念したプロジェクトの1作『ANTIPORNO アンチポルノ』(2017)では主演を務め、同じく園監督のオリジナルドラマシリーズ「東京ヴァンパイアホテル」(2017・Amazon Prime Video)では、役づくりのため実際に髪を丸刈りにして撮影に挑む役者魂を見せた。今年は、「全裸監督 シーズン2」のほか、「シェフは名探偵」(テレビ東京ほか)の第1話にゲスト出演している。(編集部・梅山富美子)

Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督 シーズン2」は全世界独占配信中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT