シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ドラゴン×マッハ!

ドラゴン×マッハ!
(C) 2015 SUN ENTERTAINMENT CULTURE LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
SPL 2:A TIME FOR CONSEQUENCES
製作年:
2015年
製作国:
香港/中国
日本公開:
2017年1月7日
(シネマート新宿ほか)
上映時間:
配給:
ツイン
製作会社:
1618 Action
カラー

見どころ:ドニー・イェン、サモ・ハンらが出演した『SPL/狼よ静かに死ね』の続編。『マッハ!』シリーズでブレイクしたトニー・ジャーを主演に迎え、前作のウー・ジンとサイモン・ヤム、『グランド・マスター』などのマックス・チャン、『アクシデント』などのルイス・クーらが集結し、ムエタイとカンフーの異種格闘技戦がさく裂する。監督を『軍鶏 Shamo』などのソイ・チェン、アクション監督を『プロジェクトBB』などのニッキー・リーが務める。刑務所での囚人200人による大立ち回りなど、肉弾アクションの連続にくぎ付け。

あらすじ:香港の臓器売買について調査していた捜査官チーキット(ウー・ジン)は素性がばれ、タイの刑務所に送り込まれてしまう。指揮官のチャン刑事(サイモン・ヤム)がチーキットの行方を捜す一方、臓器売買の拠点である刑務所の所長(マックス・チャン)はチーキットに暴行を繰り返していた。見て見ぬ振りをするしかない看守チャイ(トニー・ジャー)だったが、チーキットが難病を患う娘の適合ドナーだとわかり、彼を救おうとする。

ドラゴン×マッハ!
(C) 2015 SUN ENTERTAINMENT CULTURE LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    ストーリーもアクションも超重量級の香港産ハードボイルド
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ドニー・イェン&サモ・ハン主演『SPL/狼よ静かに死ね』の続編だが、ストーリー的な関連性は全くないので一見さんでも問題なし。臓器売買ビジネスを追う潜入捜査官の身元がバレ、無実の罪でタイの監獄に入れられるも、正義感の強い看守の協力で組織との全面対決に挑む。
     設定自体は目新しくないものの、愛する者を救うために他者を犠牲にすることを正当化できるのか、愛する者や信念のためにどれだけ自己を犠牲にできるのか、命の重さとはいかほどのものかを真剣に問うてくるストーリーは驚異的にヘヴィー。カンフーVSムエタイのガチなアクションを含め、とにかく超重量級の見応えだ。トニー・ジャーとウー・ジンもカッコよし!

  • くれい響
    ガチで酷い邦題だが、これがかなりスゴい!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ドニー・イェンが『マッハ!』に触発され、MMA(総合格闘技)の要素を取り入れた『SPL』の続編。ストーリーに繋がりはないが、前作の「破壊」「対立」「強欲」を描いたドラマティックなストーリー展開やシチュエーションを継承。そして、主演にまさかのトニー・ジャー。一部で「荒木飛呂彦先生に激似!」と話題のウー・ジンも、前作のナイフの刺客から一転、キャリア史上最高にいい人キャラで、怒涛の刑務所暴動長回しを超える「It`s me(照)」なベストシーンを好演する。ソイ・チェン監督作としても、あの『ドッグ・バイト・ドッグ』に匹敵する仕上がりであり、独特の世界観に120分ドップリ浸れること間違いなし!

予告編・動画

トニー・ジャーらの壮絶アクションがさく裂!映画『ドラゴン×マッハ!』予告編
斎藤工&板谷由夏がイチオシの1月上旬の新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『ドラゴン×マッハ!』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『ドラゴン×マッハ!』ポスター
    ポスター
  • 映画『ドラゴン×マッハ!』チラシ
    チラシ
  • 映画『ドラゴン×マッハ!』チラシ
    チラシ

スタッフ

アクション監督: ニッキー・リー

キャスト

タイ刑務所看守 チャイ:
潜入捜査官 チーキット:
新界南区警察署刑事 チャン:
臓器売買組織のボス ホン:
タイ刑務所所長 コー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ドラゴン×マッハ!』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ドラゴン×マッハ!」 from ここなつ映画レビュー (2017年1月16日 17時11分)
    先日私は「今年はこの「ホワイト・バレット」だけでいいや」と思っていたのだけれど、これは困った!今年は1本しか映画観ちゃいけない、と言われたら、「ホワイト・バレット」にするか「ドラゴン×マッハ!」にするか、1年ずっと迷わなければならない。いやもちろん誰も私にそんなこと命じていないし、わざわざ自分にそれを課す意味もないのだけれど。つまり、それ程面白かったと言いたい訳だ。香港とタイの警察を股にかけた展開。臓器売買の闇とその背後にある人間関係。複雑に絡み合う糸がほどかれた後に待ち受けるのは、大円団か悲劇か…?キャス ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年1月2日の週の公開作品
  3. 『ドラゴン×マッハ!』