シネマトゥデイ

『イップ・マン』シリーズの監督とサモ・ハン・キンポーが再タッグ!トニー・ジャーも出演する『SPL 狼たちの処刑台』公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
誘拐された娘の奪還劇!『SPL 狼たちの処刑台』ポスター - (C) 2017 SUN ENTERTAINMENT FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

 『イップ・マン』シリーズのウィルソン・イップ監督によるクライムアクション『SPL 狼たちの処刑台』(原題:『殺破狼:貪狼』)が、9月1日より全国で公開されることが決まった。

『SPL 狼たちの処刑台』特報映像

 『SPL 狼たちの処刑台』は、異国の極悪犯罪組織に娘を奪われた父親による奪還劇を描いた作品。タイのパタヤで何者かに誘拐された15歳の娘。自らの手で取り戻そうと決意した香港の警察官である父は、パタヤ警察のチュイに捜査に同行させてほしいと頼み、犯人一味は国家が裏で糸を引く臓器密売組織であることが判明する。警察内部にも一味がいることをつきとめ、リーとチュイ、チュイの同僚タクはたった3人で組織に乗り込んでいく。

[PR]

 父親リーを演じるのは、香港の人気スターで『ドラゴン×マッハ!』『ホワイト・バレット』などのルイス・クー。チュイ役をウー・ユエ、タク役を『マッハ!』で大ブレイクしたトニー・ジャーが務め、『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』などのラム・カートンが共演。『イップ・マン 序章』『イップ・マン 葉問』でもイップ監督とタッグを組んだ香港アクション界のレジェンド、サモ・ハン・キンポーがアクション監督を務めた。

 特報映像も公開され、縦横無尽に繰り広げられるアクションの数々を見ることができる。香港のアカデミー賞と称される香港電影金像奨では主演男優賞・アクション監督賞・音響効果賞の3部門で受賞を果たした香港ノワール。ポスターに白字で記された原題の殺破狼(読み:シャー・ポー・ラン)の題字は、達筆として知られる香港の人気俳優アンディ・ラウが書いたもの。(編集部・小松芙未)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]