どなたでもご覧になれます

エリザのために (2016)

2017年1月28日公開 128分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エリザのために
(C) Mobra Films - Why Not Productions - Les Films du Fleuve - France 3 Cinema 2016

見どころ

第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で監督賞に輝いたヒューマンドラマ。暴漢に襲われたのが原因で、留学試験の合否が危うくなった娘を救おうとする男の姿を追う。メガホンを取るのは、『4ヶ月、3週と2日』『汚(けが)れなき祈り』などのクリスティアン・ムンジウ。アドリアン・ティティエニとマリア・ドラグシが、父娘を演じている。

あらすじ

愛人がいて、家庭が順調とはいえない医師ロメオ(アドリアン・ティティエニ)。あるとき、留学を控える娘のエリザ(マリア・ドラグシ)が登校中に暴漢に襲われてしまう。エリザの精神的ショックは大きく、ロメオは留学試験に支障が出るのではないかと考える。何とかエリザを留学試験に合格させようと、ある条件と引き換えに警察署長、副市長、試験監督に便宜を頼み込むロメオ。だがエリザは、そんな彼に反発し……。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3.5

2

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本・プロデューサー
撮影
美術
音響
録音
音響効果
共同プロデューサー

映画詳細データ

英題
GRADUATION
製作国
ルーマニア/フランス/ベルギー
配給
  • ファインフィルムズ
後援
  • ルーマニア大使館
製作会社
  • Les Films du Fleuve
カラー
(新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]