斎藤工&板谷由夏が『ドクター・ストレンジ』など1月下旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

はみだし映画工房

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
はみだし映画工房

話題の映画やWOWOWシネマならではの特集の魅力を語り尽くす映画情報番組「映画工房」のMCを務める斎藤工板谷由夏。無類の映画好きの2人が、映画解説者の中井圭とともに最新の劇場公開作品についてゆるいトークを繰り広げるシネマトゥデイとのコラボ企画「はみだし映画工房」。1月下旬は『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』『タンジェリン』『ドクター・ストレンジ』『エリザのために』の4本を紹介します。

[PR]

(C)WOWOW

“はみだし”ていない方、毎週月曜放送中「映画工房」本編はWOWOWホームページで配信中!

1月下旬のイチオシ作品はコレ!

『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』1月21日公開

『50歳の恋愛白書』などのレベッカ・ミラーが監督を務め、ねじれた三角関係を描くラブコメディー。妻子持ちの男性と恋に落ちて略奪婚するものの、最終的に元妻に夫を返そうと思い立つヒロインを取り巻く不思議な人間模様を映す。>作品情報

『タンジェリン』1月28日公開

3台のiPhoneにワイド撮影が可能なレンズを装着して全編を撮影し、ロサンゼルスを舞台に2人のトランスジェンダーの日常をユーモラスに描いたコメディードラマ。>作品情報

『ドクター・ストレンジ』1月27日公開

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのベネディクト・カンバーバッチを主演に迎えたヒーローアクション。事故で両手が思うように動かせなくなった天才外科医の姿を描き出す。>作品情報

『エリザのために』1月28日公開

第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で監督賞に輝いたヒューマンドラマ。暴漢に襲われたのが原因で、留学試験の合否が危うくなった娘を救おうとする男の姿を追う。>作品情報

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]