シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

わたしは、ダニエル・ブレイク

公式サイト:http://danielblake.jp
わたしは、ダニエル・ブレイク
(C) Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation, France 2 Cinema and The British Film Institute 2016
英題:
I, DANIEL BLAKE
製作年:
2016年
製作国:
イギリス/フランス/ベルギー
日本公開:
2017年3月18日
(ヒューマントラストシネマ有楽町、 新宿武蔵野館ほか)
上映時間:
提供:
バップ
提供・配給:
ロングライド
製作会社:
シックスティーン・フィルムズ / ワイ・ノット・プロダクションズ / ワイルドバンチ / BFI / BBCフィルムズ / レ・フィルム・ドゥ・フルーヴ / フランス2シネマ / カナル・プリュス / フランス・テレビジョ / ル・パクト / シネアート / シネ・プリュス / VOO / Be tv
アメリカンビスタサイズ/カラー/5.1ch

見どころ:『麦の穂をゆらす風』などのパルムドールの常連ケン・ローチ監督がメガホンを取り、社会の片隅で必死に生きようとする男の奮闘に迫る人間ドラマ。病気で働けなくなった主人公が煩雑な制度に振り回されながらも、人との結び付きを通して前進しようとする姿を描く。コメディアンとして活動しているデイヴ・ジョーンズらが出演。ローチ監督にパルムドールをもたらした力強い物語に震える。

あらすじ:59歳のダニエル(デイヴ・ジョーンズ)は、イギリス・ニューカッスルで大工の仕事に就いていたが、心臓の病でドクターストップがかかる。失職した彼は国の援助の手続きを進めようとするが、あまりにもややこしい制度を前に途方に暮れる。そんな中、ダニエルは二人の子供を持つシングルマザーのケイティと出会う。

わたしは、ダニエル・ブレイク
(C) Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation, France 2 Cinema and The British Film Institute 2016

映画短評

  • 平沢 薫
    ケン・ローチ監督は声高に糾弾しない。静かに語る
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     個人には如何ともしがたい状況を、声高に何かを糾弾する形ではなく、どこにでもいそうなひとりの人間の行動として静かに描くところが、英国監督ケン・ローチ流。一人の初老の男性の生活が、まるで隣に住む人の姿がなんとなく目に入ってくるような当たり前さで、静かに淡々と描かれていく。なのに、深いところで怒りをかき立てられ、激しく心を揺さぶられる。
     本作は、人に手を差し伸べることの難しさからも目をそらさない。主人公は困っている人を助けるときには躊躇しないが、自分が助けられることに対しては無意識に抵抗していたことに気づく。そうした人間心理の細やかな描写が、ドラマの味わいを深めている。

  • 森 直人
    「怒れる若者たち」の魂がいまも燃えるジジイの出力100%!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    英国のフリーシネマやキッチンシンクドラマの系譜がひとつの沸点に達した。シンプルな3コードで80歳のK・ローチが言いたい事を歯切れよく言い切り、何の飾り気もなくステージを降りていくようなかっこ良さ。引退宣言を撤回して撮っただけに原点回帰の色も強いだろうが、『夜空に星のあるように』や『ケス』ではなく、当時国民的人気となったTVシリーズ『キャシー・カム・ホーム』に近いのが興味深い。

    大衆的な判り易さを志向しているぶん教条性もくっきり目立つが、主演のベテランコメディアン、D・ジョーンズの愛敬と人間味が作品に弾力を加える。このおっさんがスプレー缶で“ある壁”に書くグラフィティは最高にパンクだ。

予告編・動画

『麦の穂をゆらす風』などのケン・ローチ監督作!映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』予告編
巨匠ケン・ローチ『わたしは、ダニエル・ブレイク』メッセージ動画
斎藤工&板谷由夏が『わたしは、ダニエル・ブレイク』など3月下旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『わたしは、ダニエル・ブレイク』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』ポスター
    ポスター
  • 映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』チラシ
    チラシ
  • 映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』チラシ
    チラシ

キャスト

ダニエル・ブレイク:
デイジー:
チャイナ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『わたしは、ダニエル・ブレイク』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「わたしは、ダニエル・ブレイク」:怒りのメッセージ、ケン・ローチの集大成傑作 from 大江戸時夫の東京温度 (2017年4月12日 23時39分)
    映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』は、これまでに観たケン・ローチ監督作品の中で ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 from ここなつ映画レビュー (2017年4月10日 12時53分)
    なんという胸を打つ、そして胸が苦しくなる作品。ただ実直に生きていくことの難しさをここまで見事に描き切るとは!監督ケン・ローチは引退を撤回してこの作品のメガホンを取ったと聞いている。ケン・ローチだから、ケン・ローチでこそ、社会派ケン・ローチ…色々表現はあるかもしれない。だがやはり素晴らしいことに変わりはないのだ。ダニエル・ブレイク。初老の男。イギリスの労働者。妻を亡くし今は独り身。何十年も大工一筋で生計を立てていた。それがある日現場で心臓発作で倒れ、主治医からは勤労を禁じられる。ところが役所の判定は、…役所が ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 from 元・副会長のCinema Days (2017年4月10日 6時35分)
    (原題:I, DANIEL BLAKE )厳しくも、美しい映画だ。また、これほどまでにこの時代の一面を照射した作品はないだろう。ケン・ローチ監督の真骨頂とも呼べるような、強靱な求心力がみなぎる、まさに必見の映画だ。  イングランド北東部にある町ニューカッスルに住む... ...[外部サイトの続きを読む]
  • わたしは、ダニエル・ブレイク(I, Daniel Blake) from シネマクマヤコン (2017年3月31日 21時21分)
    今回は、イギリスのケン・ローチ監督の作品で、イギリスの社会制度の問題点を描いたド ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『わたしは、ダニエル・ブレイク』評価と感想/2016年カンヌパルムドール作品 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年3月28日 17時38分)
    先進国が抱える閉塞感 ☆5点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ わたしは、ダニエル・ブレイク映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』の作品情報:『麦の穂をゆらす風』などのパルムドールの常連ケン・ローチ監督がメガホンを取り、社会の片隅で必死に生きようとする男の奮闘に迫る人間ドラマ。病気で働けなくなった主人公が煩雑な制度に振り回されながらも、人との結び付きを通して前進しようとする姿を描く。www.cinematoday.jp わたしは、ダニエル・ブレイク|映画情報のぴあ映画生活『わたしは&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年3月13日の週の公開作品
  3. 『わたしは、ダニエル・ブレイク』