シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ポール・ラヴァーティ」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全9件)

オリーブの樹は呼んでいる
『わたしは、ダニエル・ブレイク』などでイギリスの名匠ケン・ローチ監督と組んできた脚本家、ポール・ラヴァーティ脚本による人間ドラマ。売却された祖父の大切なオリーブ...
2017年5月20日公開
わたしは、ダニエル・ブレイク
『麦の穂をゆらす風』などのパルムドールの常連ケン・ローチ監督がメガホンを取り、社会の片隅で必死に生きようとする男の奮闘に迫る人間ドラマ。病気で働けなくなった主人...
2017年3月18日公開
ジミー、野を駆ける伝説
『麦の穂をゆらす風』などのケン・ローチがメガホンを取り、1930年代のアイルランドを舞台に、庶民の自由のために戦った無名の活動家を描くヒューマンドラマ。アメリカから...
2015年1月17日公開

特集・連載記事 (全2件)

【第72回カンヌ国際映画祭】第72回カンヌ国際映画祭(2019年)コンペティション部門21作品紹介
!The 72nd Festival de Cannes 5月14~25日(現地時間)に開催される第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門21作品を紹介(コンペティション外を除く)。今年の審査...は、ダニエル・ブレイク』を執筆した脚本家ポール・ラヴァーティと今回もタッグを組む。ローチ監督の3度目...
2019年5月9日掲載
【第64回ヴェネチア国際映画祭】第64回ヴェネチア国際映画祭コンペ部門22作品に注目!
8月29日から9月8日(現地時間)まで、イタリアで開催される第64回ヴェネチア国際映画祭。今回、コンペティション部門には22作品が出品され、日本からは三池崇史監督の『スキヤ...匠に昇り詰めたケン・ローチ監督と脚本家のポール・ラヴァーティが、移民と雇用の問題を斬る新作。『カルラ...
2007年8月25日掲載

映画ニュース (全5件)

名匠ケン・ローチが家族の受難描く新作、12月日本公開
『わたしは、ダニエル・ブレイク』などで知られるイギリスの名匠ケン・ローチの新作が、『家族を想うとき』の邦題で12月13日より日本で公開されることが決定し、併せて予告...由な世界で』などでローチ監督と組んできたポール・ラヴァーティ。 予告編では、リッキーが屋根葺き、墓掘...
2019年9月9日掲載
【第72回カンヌ国際映画祭】トイレにすら行けない…宅配ドライバーの壮絶な日々が映画に
現地時間17日、第72回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門に出品されている映画『ソーリー・ウィー・ミスト・ユー(原題) / Sorry We Missed You』の公式会見が行われ...スの巨匠ケン・ローチ監督(82)と脚本家のポール・ラヴァーティが宅配ドライバーとその家族の姿を描く本作...
2019年5月20日掲載
20年ぶりとなる日本人監督作『僕はイエス様が嫌い』が受賞!サンセバスチャン映画祭
スペインで開催されていた第66回サンセバスチャン国際映画祭の受賞結果が現地時間29日夜に発表され、奥山大史監督『僕はイエス様が嫌い』がニュー・ディレクターズ賞を受賞...題) / Rojo』 ■審査員賞(最優秀脚本賞) ポール・ラヴァーティ イシアル・ボジャイン監督『ユリ(原題)...
2018年10月1日掲載
巨匠ケン・ローチ監督、引退発言を撤回
劇映画からの引退を表明していたイギリスの映画監督ケン・ローチが発言を撤回し、今後も劇映画を製作することを明かした。77歳のローチ監督は昨年、今年のカンヌ国際映画祭...近くにわたってコンビを組んでいる脚本家のポール・ラヴァーティとのタッグ作であることも明かした。 ロー...
2014年5月2日掲載
【第83回アカデミー賞】アカデミー賞外国語映画賞エントリー作のスペイン映画はスペインがアメリカを征服する?
メキシコ出身のガエル・ガルシア・ベルナルが主演するスペイン代表のアカデミー賞外国語映画賞エントリー作品『イーヴン・ザ・レイン / Even the Rain』(原題)について監...督のイシアル・ボリャンと、脚本家のポール・ラヴァーティが語った。 同作は、映画監督のセバスチャ...
2010年12月26日掲載