シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
未来よ こんにちは
(C) 2016 CG Cinema ・ Arte France Cinema ・ DetailFilm ・ Rhone-Alpes Cinema
英題:
THINGS TO COME
製作年:
2016年
製作国:
フランス
日本公開:
2017年3月25日
(Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか)
上映時間:
配給:
クレストインターナショナル
共同製作:
CG シネマ / DETAiLFILM / アルテ・フランス・シネマ / Rhone-Alpes Cinema
協力:
Cofinova 12 / シネマージュ10 / Soficinema 11 developpement
参加:
国立映画センター / カナルプリュス / ARTE France / FFA Filmforderungsanstalt / Hessen Invest
支援:
Procirep Ventes internationales
フランス配給:
レ・フィルム・デュ・ロザンジュ
カラー

見どころ:第66回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞したヒューマンドラマ。思いも寄らぬ問題に次々と直面することになった女性が、それを機に自身の人生を見つめ直す。メガホンを取るのは、『あの夏の子供たち』などのミア・ハンセン=ラヴ。キャストは、『ピアニスト』などのイザベル・ユペール、『偉大なるマルグリット』などのアンドレ・マルコン、ラヴ監督作の『EDEN/エデン』に出演したロマン・コリンカら。ユーモラスなテイストを織り交ぜつつ、幸福の解釈や価値観、そして人生について考えさせられる。

あらすじ:教師の夫と巣立っていった2人の子供を持ち、自身も高校で哲学を教えているナタリー(イザベル・ユペール)。高齢の母親を世話しながら、哲学書の執筆に忙しくしている状況で、夫が別に付き合っている女性がいたことがわかる。夫に彼女と生活を共にすると告げられてあぜんとしていると、今度は母親が亡くなってしまい、さらには付き合いの長かった出版社からも契約を打ち切られる。バカンスシーズン直前にひとりぼっちになってしまったナタリーは……。

未来よ こんにちは
(C) 2016 CG Cinema ・ Arte France Cinema ・ DetailFilm ・ Rhone-Alpes Cinema

映画短評

  • 森 直人
    監督からイザベル・ユペールへの“LOVE”が完璧!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ラヴ監督の前作『EDEN』はクラブDJだった兄が主人公のモデルで、今回は哲学教師の両親がベース。身の回りから世界を立ち上げてくる彼女の映画を貫くのは、何があっても淡々と日々を生きていく――最も慎ましいレヴェルでの「サヴァイヴ」という感覚だ。それは眼差しから来る“肯定力”によるもの。特に回想シーンを使わず、前へ、前へと進むナタリーの生のリズムは触れているだけで元気が出る。

    それを演じる目下絶好調、I・ユペール先生。いきなり満員電車の中でエンツェンスベルガーを読んでいる姿が普通にハマるのも凄い(笑)。彼女がイケメン君と車でウディ・ガスリーを聴くシーンは、人生のちょっとイイ時間として心に焼きつく。

予告編・動画

イザベル・ユペールら出演!映画『未来よ こんにちは』予告編

» 『未来よ こんにちは』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010

(C) 2016 CG Cinema ・ Arte France Cinema ・ DetailFilm ・ Rhone-Alpes Cinema

ポスター/チラシ

  • 映画『未来よ こんにちは』ポスター
    ポスター
  • 映画『未来よ こんにちは』チラシ
    チラシ
  • 映画『未来よ こんにちは』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『未来よ こんにちは』フランス紅茶<ジャンナッツ>の厳選ティーバッグセットをプレゼント(数量限定、Bunkamuraル・シネマとヒューマントラストシネマ有楽町の劇場窓口にて)
    フランス紅茶<ジャンナッツ>の厳選ティーバッグセットをプレゼント(数量限定、Bunkamuraル・シネマとヒューマントラストシネマ有楽町の劇場窓口にて)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
第一助監督: マリー・ドレール
キャスティング: エルザ・ファラオン
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『未来よ こんにちは』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「未来よ こんにちは」:平熱のアンマリード・ウーマン from 大江戸時夫の東京温度 (2017年4月4日 23時5分)
    映画『未来よ こんにちは』は、ミア・ハンセン=ラヴ監督による肩の力の抜けた佳品。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 未来よ こんにちは / L'avenir from 勝手に映画評 (2017年3月25日 17時19分)
    仕事にも、家庭にも、充実した生活を送っていると思っていた女性が、ある日突然、夫から離婚を切り出され、母は亡くなってしまい、気が付けば“おひとり様”になっていた。そんな女性が、新しい人生に向かって進んでいくさまを描いた作品。 日本との違いに驚いたのが、ナタリーは高校教師ではあるんですが、高校の哲学の教師であると言う事。フランス特有なのかもしれませんが、欧米人が、大人で、且つ、自分で物事を考えるのは、高校時代から哲学とかをきちんと学んでいるからなんだと思わされました。小学校の道徳の教科書で、“パン屋はダメで. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年3月20日の週の公開作品
  3. 『未来よ こんにちは』