シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
パッセンジャー
英題:
PASSENGERS
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年3月24日
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

見どころ:航行中の宇宙船を舞台に、目的地到着前に目覚めてしまった男女の壮絶な運命を描くSFロマンス。宇宙空間で生き残るすべを模索する男女を、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などのクリス・プラットと『世界にひとつのプレイブック』などのオスカー女優ジェニファー・ローレンスが演じる。『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのモルテン・ティルドゥムが監督を務め、『プロメテウス』などのジョン・スペイツが脚本を担当。

あらすじ:近未来、5,000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、人々の移住地に向かうべく地球を出発。到着までの120年、冬眠装置で眠る乗客のうちエンジニアのジム(クリス・プラット)と作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)だけが、予定より90年も早く目覚めてしまう。絶望的な状況を打破しようとする二人は、次第に思いを寄せ合うものの、予期せぬ困難が立ちはだかり……。

パッセンジャー

映画短評

  • 清水 節
    孤独と絶望がもたらす、世にも歪なシチュエーション・ホラー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     壮麗な宇宙船のデザインに本格SFを期待すれば、愕然とする。実に歪な映画だ。言わば、宇宙空間で予定よりも大幅に早く目覚めてしまった乗組員のシチュエーション・ホラー。絶望的な孤独に耐え切れず、広大な船内は『シャイニング』のオーバールック・ホテルさながらの狂気の空間と化す。引用の仕方があからさまで、興醒めではあるが。歪さの核心は、主人公の屈折と欲望がもたらす悲劇を、世紀のロマンへと導く演出にある。公共性が壊れた今、この身勝手な行為を冷徹に見つめれば、カルト化の可能性もあったかもしれない。惹句の“宇宙版タイタニック”とは、エンディングから始まる、もうひとつの恐ろしき『パッセンジャー』だ。

  • 平沢 薫
    豪華客船の宇宙旅行を疑似体験
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ストーリーとは別に、本作にはもう一つの楽しみがある。それは、豪華客船での宇宙旅行が疑似体験できること。しかも、睡眠から目覚めているのは2人だけなので、宇宙船丸ごと貸切状態。どんなサービスもアトラクションも、待ち時間なく、他の利用者に煩わされずにたっぷり満喫できるのだ。船内のインテリアの未来的すぎないデザインは高級ホテルのような雰囲気で、本年のアカデミー賞美術賞ノミネートも納得。
     この豪華船でどんなアトラクションが待っているのか、詳細は見てのお楽しみだが、宇宙旅行なら誰もが期待する"宇宙遊泳"のアトラクションはもちろん完備。これも観客が疑似体験を味わえる仕様になっている。

  • 山縣みどり
    美人じゃなくてよかったな~とホッとする
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    数字を前面に押し出す宣伝で名作漫画「11人いる!」的な展開を想像していたので、人間のモラルや愛を描く孤島サバイバルとわかってびっくり。穴だらけの宇宙移民計画や演技派の無駄使いなど突っ込める部分も多いけど、SFラブストーリーとしてみるのが正解かな。宇宙遊泳や無重力状態のプールなどの特撮も凝っていて、見応えあり。ジム役のクリス・プラットは天然のいい人っぽく、凡人からヒーローへと成長する過程に無理がないのがいい。魅力的だったが故に人生の軌道を変えられる美女オーロラも、相手がジムだからよかったものの…。生理的に受け付けない男性だったら?と想像すると怖すぎる。美人には常に危険がつきまとうんだね。

  • なかざわひでゆき
    旬のスターの顔合わせが一番の見どころ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     舞台設定は近未来。惑星移住へ向かう宇宙船で120年間の冬眠に入っていた乗員乗客だが、その中で2人の男女が90年早く目覚めてしまう。一体なぜなのか?という謎に迫りつつ、船内で一生を終える運命に直面した男女の愛と葛藤が描かれる。
     重大なネタバレ案件の推移を含め、深く考えると納得のいかない点は多々あり。そもそも、宇宙空間に2人だけの男女が都合よく恋に落ちるという展開を、素直に受け入れることが出来るかどうかは賛否を分ける大きな鍵だろう。
     オスカー候補になった宇宙船内の壮麗な美術デザインは見事。ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットの相性も抜群なので、スター映画としての華やかさを楽しみたい。

  • くれい響
    だからといってスルーできないデートムービー
    ★★★★
    »読む«閉じる

    同じ宇宙を舞台にしたサバイバル劇を描いた『オデッセイ』に比べると、いろいろと詰めが甘く、ご都合主義であることから、まるでラノベ原作のようなモノ足りなさは否めない。とはいえ、“宇宙の『タイタニック』”の売り文句通り、エンジニアと女流作家の身分差ある恋はロマンチックで、それを演じる俳優が、今勢いのある2人であることから、スター映画としての要素も強し。しかも、明らかに男女の解釈が違う仕上がりになっていることから、デートムービーにはピッタリだろう。その一方で、ネタバレの部分など、『ヘッドハンター』のモルテン・ティルドゥム監督作らしい性悪な部分も見え隠れし、決してスルーできない一本になっているといえる。

予告編・動画

『パッセンジャー』予告編
宇宙船で90年早く目覚めてしまう…『パッセンジャー』本編映像
『パッセンジャー』未来の宇宙船に“禅庭園”が!特別映像

» 『パッセンジャー』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

ポスター/チラシ

  • 映画『パッセンジャー』ポスター
    ポスター

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『パッセンジャー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『パッセンジャー』評価と感想/キューブリックからゼロ・グラビティ from eigamanzaiの映画レビュー (2017年4月15日 16時59分)
    星新一のボッコちゃん的なのもある ☆4.5点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ パッセンジャー映画『パッセンジャー』の作品情報:航行中の宇宙船を舞台に、目的地到着前に目覚めてしまった男女の壮絶な運命を描くSFロマンス。宇宙空間で生き残るすべを模索する男女を、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などのクリス・プラットと『世界にひとつのプレイブック』などのオスカー女優ジェニファー・ローレンスが演じる。www.cinematoday.jp パッセンジャー|映画情報のぴあ映画生活『パッ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「パッセンジャー」:時間というものは・・・ from 大江戸時夫の東京温度 (2017年4月3日 23時50分)
    映画『パッセンジャー』は、なかなかどうして一筋縄ではいかない作品。SFとしてはこ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『パッセンジャー』 宇宙の白熱教室 from 映画のブログ (2017年4月3日 8時40分)
    【ネタバレ注意】  哲学をテーマにしてこれほど面白い作品に昇華できるとは、まったくもって脱帽だ。  哲学を語るにはSFがもってこいであることも、観客の興味を惹くにはロマンスが極めて有効であることも、改めて実感した。  『パッセンジャー』は、実に見事な映画である。  この物語は、マイケル・サンデルが『これからの「正義」の話をしよう』で提示した問いに似ている。政治哲学者サンデル... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『パッセンジャー』の感想 想像力を駆使し主観的に鑑賞して楽しむSF映画 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2017年3月28日 23時0分)
    人類移住プロジェクト。乗客5000人。目的地まで120年。冬眠装置で到着を待つ安全な旅のはずだった。だが、彼は目覚めてしまった。90年も早く。今回ご紹介する映画:『パッセンジャー ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • パッセンジャー/PASSENGERS from 我想一個人映画美的女人blog (2017年3月28日 22時45分)
    キアヌとサンドラの傑作「スピード」のラストでは、「異常な状況下で生まれた恋はうまくいかない」 なんて言ってるけど、人間の心理ではこういう状況は「吊り橋の心理」と言って、 同じ恐怖体験や感覚を共にすると共感しあって親近感と共鳴で恋と勘違いしやすい。と... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年3月20日の週の公開作品
  3. 『パッセンジャー』