ジェニファー・ローレンス30歳に!公私共に順風満帆すぎる半生を振り返り

ハッピーバースデー、ジェニファー・ローレンス!
ハッピーバースデー、ジェニファー・ローレンス! - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 ジェニファー・ローレンスが本日8月15日、30歳の誕生日を迎えた。その昔、ハリウッドでは「女優は30になったら終わり」と言われたもの。だが彼女の場合は、たとえもし今キャリアが終わったとしても、すでに長い人生を全うした人たちの数倍の成功を手にしている。私生活でも昨年めでたく結婚したばかりで、順風満帆。究極のゴールデンガールのこれまでを振り返ってみよう。(Yuki Saruwatari/猿渡由紀)

スタイル抜群!ジェニファー・ローレンス画像集【全20枚】

 苦労話や遅咲きの例がたくさんあるハリウッドにおいて、ジェニファーは最初からひたすら成功街道を駆け上ってきた、うらやまれる存在だ。デビューのきっかけは、家族旅行でニューヨークを訪れた時に道でスカウトされたこと。オーディションを受け始めると、すぐさまキャスティングディレクターの目に止まり、16歳でテレビ出演を果たした。

[PR]

 その2年後に出演した映画『あの日、欲望の大地で』では、ベネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)を受賞する。続く『ウィンターズ・ボーン』では、史上2番目の若さでオスカー主演女優部門にノミネート。それからたった2年で、『世界にひとつのプレイブック』で同部門を受賞し、さらにあと2回、候補入りを果たしてみせる。5年の間に4回もノミネートされるとは、“メリル・ストリープの再来”と言われるのも十分納得だ。

 ブロックバスター映画の世界でも、トップを行く。主演作『ハンガー・ゲーム』シリーズがもたらした世界興収は30億ドル(約3,300億円)弱。『X-MEN』シリーズにも出演する彼女は、2015年と2016年、2年連続でForbesの「最も稼ぐ女優」の首位を獲得している。だからこそ2014年、米ソニー・ピクチャーズがハッキングされ、『アメリカン・ハッスル』で彼女のギャラが3人の男性共演者(ブラッドリー・クーパークリスチャン・ベイルジェレミー・レナー)より低かったことが暴露されると、全米の女性たちから「差別だ」と強い怒りの声が上がったのだ。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

[PR]

 友人でフェミニスト仲間のレナ・ダナムのサイトで、彼女自身がそのことについてのエッセイを公開したのは、およそ1年後。それまで何も言わなかったのは、普通の人にとって「共感できる話でないのがわかっていたから」だ。一般人よりずっと高い収入を得ている彼女は、自分がまるで不幸であるかのように大騒ぎしたくなかったのである。しかし、そこから彼女は、実に共感できるところへ話をもっていった。彼女のギャラが低かったのは、女性にありがちな、「ナイスな人」でいようとした結果だと述べたのだ。男性だったらそんなことを気にせずに強気の交渉をするのだろうが、同じことを女性がやると「傲慢」「やりづらい」と思われる傾向が、世の中には依然としてある。

 そんな彼女は「自分の意見を、相手の気に障らないように言うにはどうしたらいいか」と悩むのはやめたと宣言。実際、その翌年の『パッセンジャー』では、共演のクリス・プラットより高いギャラを獲得してみせた。彼女の勝利は女性たちの勝利。『ハンガー・ゲーム』のカットニスに負けないヒーローぶりを、彼女は発揮したのだ。

 ハッキングといえば、彼女自身も被害に遭った。2014年、自撮りしたヌード写真がネットにリークされたのである。その屈辱の経験について、彼女は「まるでギャングから暴行を受けたみたいだった。庭でバーベキューをしていたら、そこにいた誰かが携帯でたまたま、わたしの写真を見つけたりするかもしれないのよ。それが世界中で起こるのよ」と語っている。また、偶然ではなくわざと見ようとした人に対しては、「わたしの裸を見てもいいとあなたには言っていない」とプライバシーの尊重を主張した。

[PR]

 その写真は、当時付き合っていたが、遠くにいてなかなか会えなかったニコラス・ホルトのために撮影したものらしい。二人は『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の共演で知り合い、5年交際している。その後、彼女は、グウィネス・パルトローと離婚したばかりのクリス・マーティン、そして20歳以上年上のダーレン・アロノフスキー監督と交際。そしてついに、夫となるアートディーラーのクック・マロニーと出会う。

 プライベートなことは語りたがらない彼女だが、マロニーについては、テレビのインタビューで、「彼は人生で会った一番素敵な人。プロポーズにイエスと言うのは、ものすごく簡単だった」とのろけている。コロナで外出自粛生活が始まり、撮影がストップしたままなのはファンにとってもどかしいところだが、新婚さんの二人が愛を深めるには悪くないだろう。こんなところでもスムーズなのが、彼女の人生なのだ。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]