シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

20センチュリー・ウーマン

公式サイト:http://20cw.net
20センチュリー・ウーマン
(C) 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
20TH CENTURY WOMEN
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年6月3日
(丸の内ピカデリー 新宿ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
ロングライド
提供:
A24 / アンナプルナ・ピクチャーズ
製作:
モダン・ピープル / アーチャー・グレイ
カラー

見どころ:『人生はビギナーズ』などのマイク・ミルズ監督が、自身の母親をテーマに撮ったヒューマンドラマ。1970年代末の南カリフォルニアを舞台に、3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏を描く。思春期を迎えた息子を持つシングルマザーを『キッズ・オールライト』などのアネット・ベニングが演じるほか、『フランシス・ハ』などのグレタ・ガーウィグ、『SOMEWHERE』などのエル・ファニングらが共演。

あらすじ:1979年のカリフォルニア州サンタバーバラ、自由奔放なシングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、15歳の息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に頭を悩ませていた。そこで、ルームシェアしているパンクな写真家のアビー(グレタ・ガーウィグ)と、近所に暮らすジェイミーの幼なじみジュリー(エル・ファニング)に相談する。

20センチュリー・ウーマン
(C) 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • 山縣みどり
    正しいフェミニスト男性の育て方がここに!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    マイク・ミルズ監督が母親へのオマージュを捧げた映画で、彼自身の少年時代の思い出も詰まった作品。ノスタルジックなわけではなく、15歳くらいの少年の初恋や心の奥に抱く思い、母親との関係を客観的に見つめている。だからといってドライなわけでもなく、物語の端々から彼を取り巻いていた女性たちへの愛とリスペクトが伝わってくる。中年シングルマザーを演じるアネット・ベニングの保守な根っこが理想を邪魔するジレンマと、グレタ・ガーウィック演じる写真家アビーのNY仕込みのラディカルさの差が印象的。まさに意識の世代間格差! ミルズ監督のようなフェミニストになるにはやはり、アビーのような先鋭的な意識の女性が必要と納得。

  • 相馬 学
    ナイーブ少年のリアリティにハマる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     半自伝的な作品を撮り続けるマイク・ミルズの映画の中で、本作がもっとも自分の中にしみこんできた理由は、おそらくは十代のリアリティがしっかりとからめとられていたから。

     不器用な恋と性、理由不明のいらだち、興味のある事柄への熱意など、十代の習性を見つめる、冷静だがユーモラスで温かい視点がいい。ハードコア・パンクにオカマ呼ばわりされるNYパンクのナイーブさも痛いほどよくわかる。

     そんな少年の人生に影響をあたえる女性たちのキャラも魅力を放つ。アネット・ベニングふんする母親も、エル・ファニングの女友達もイイが、パンクロックを教えてくれる間借女性の存在が個人的にはツボ。こんな姉貴が欲しかった!?

  • 森 直人
    「映画作家」マイク・ミルズの実力がとんでもない高みに!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    これは凄いよ! 自身の15歳時のひと夏をモデルにした半自伝的作品――という点ではまさに「マイク・ミルズの思春期」。だが同時に、彼に多大な影響を与えた母親を含む三人の女性像が丁寧に描出されており、世代ごとのカラーを実感で伝える生々しいレポートになっている。強力なトリプル女優陣の参戦もあり、フェミニズム運動を背景にした“女性映画”としても出色。

    レインコーツやトーキング・ヘッズ等、1979年に流れるパンク/ニューウェイヴの楽曲も単なる時代的記号ではなく、主題に絡む「意味」が託されている。私的な体験を分析的な視座で捉え直し、フィクションとして再構築する事で普遍性へと橋渡しされる堂々の傑作になった!

予告編・動画

とある少年の成長を見つめる物語!映画『20センチュリー・ウーマン』予告編
斎藤工&板谷由夏が『LOGAN/ローガン』など5月下旬~6月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『20センチュリー・ウーマン』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008

(C) 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ポスター/チラシ

  • 映画『20センチュリー・ウーマン』ポスター
    ポスター
  • 映画『20センチュリー・ウーマン』チラシ
    チラシ
  • 映画『20センチュリー・ウーマン』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『20センチュリー・ウーマン』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


キャスト

ジュリー:
ウィリアム:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『20センチュリー・ウーマン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「20センチュリー・ウーマン」 from 元・副会長のCinema Days (2017年6月17日 6時30分)
    (原題:20TH CENTURY WOMEN)時代風俗の描写以外には、何ら見るべきものが無い映画である。とにかくストーリーが退屈極まりない。何も面白そうなことは起こらないし、展開の平板さをカバーするような語り口の巧みさも無い。聞けば作者の自伝的内容らしいが、独り善が... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「20センチュリー・ウーマン」:リベラルであけすけでしみじみ from 大江戸時夫の東京温度 (2017年6月15日 23時27分)
    映画『20センチュリー・ウーマン』は、原題だと“20th Century Wom ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:20センチュリー・ウーマン 20th Century Women 1979年、ニューウェーブ、アネット・ベニング。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2017年6月10日 0時18分)
    映画監督が自分の青春時代を描きたい、は「アメリカングラフィティ」をはじめ、よくあるプロット。 今回はマイク・ミルズ監督がそれに挑戦。 タイトルにもあるように、時代は20世紀。 しかもピンで1979年、ときたもんだ。 物語が始まりまず気づくのが音楽。 ちょうど商業ロックに対抗し、ニューウェーブと呼ばれる音楽群が次々と。 トーキング・ヘッズがまず登場。しかもファーストアルバムのマイナーな曲! そしてボウイ、スーサイド、DEVO、バズコックス etc... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『20センチュリー・ウーマン』評価と感想/私と世界の1979年を総括する from eigamanzaiの映画レビュー (2017年6月6日 16時54分)
    ストップ・メイキング センスの塊のような映画 ☆5点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ 20センチュリー・ウーマン映画『20センチュリー・ウーマン』の作品情報:『人生はビギナーズ』などのマイク・ミルズ監督が、自身の母親をテーマに撮ったヒューマンドラマ。1970年代末の南カリフォルニアを舞台に、3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏を描く。www.cinematoday.jp 20センチュリー・ウーマン|映画情報のぴあ映画生活『20センチュリー・ウーマン&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年5月29日の週の公開作品
  3. 『20センチュリー・ウーマン』