シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ハクソー・リッジ
(C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016
英題:
HACKSAW RIDGE
製作年:
2016年
製作国:
オーストラリア/アメリカ
日本公開:
2017年6月24日
(TOHOシネマズ スカラ座ほか)
上映時間:
配給:
キノフィルムズ
製作会社:
Cross Creak Pictures / Demarest Films / Pandemonium Films / Permut Presentations / Vendian Entertainment
カラー

見どころ:俳優として数々の話題作に出演し、監督としては『ブレイブハート』でオスカーも手にしたメル・ギブソンがメガホンを取って放つ感動作。第2次世界大戦中に銃を持たずに戦地入りし、多くの負傷した兵士を救った実在の人物をモデルに奇跡の逸話を描く。主人公を『沈黙 −サイレンス−』などのアンドリュー・ガーフィールドが熱演。自身の信念に基づき、勇気ある行動をとった兵士の物語が胸を打つ。

あらすじ:第2次世界大戦中、デズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、人を殺してはいけないという信念を持ち、軍隊に入ってもその意思を変えようとしなかった。彼は、人の命を奪うことを禁ずる宗教の教えを守ろうとするが、最終的に軍法会議にかけられる。その後、妻(テリーサ・パーマー)と父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の尽力により、デズモンドは武器の携行なしに戦場に向かうことを許可され……。

ハクソー・リッジ
(C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

映画短評

  • 猿渡 由紀
    戦場シーンはもちろんだが、ドラマ部分も卓越している
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    メル・ギブソンらしく、戦場のシーンが残酷でリアルなことは数々の批評ですでに聞いているだろうが、今作の強さは、そこに至るまでのドラマの部分にもある。始まりの部分では主人公ドスの子供時代が描かれ、なぜ彼が敬虔なキリスト教信者になったのかが説明される。やがて青年になり、彼は(ここから子役に代わってアンドリュー・ガーフィールドが演じる)、美しい看護婦と出会う。このふたりの恋が、実に微笑ましくチャーミングで、だからこそ、その後に彼を迎える境遇が、より強烈に心に迫るのだ。ガーフィールドは、間違いなく今一番注目したい俳優。彼の上官役にヴィンス・ヴォーンを選んだキャスティングもおもしろい。

  • 清水 節
    凄惨な戦闘描写が、戦わない勇気と救う尊さをより際立たせる
    ★★★★
    »読む«閉じる

    「戦わない」勇気と「救う」ことに懸ける尊さを、主人公デズモンドに扮した繊細なアンドリュー・ガーフィールドが身をもって訴えかける。白兵戦の容赦なき凄惨な描写が、崇高な魂をより際立たせる。そこには監督メル・ギブソン自身の、内なる暴力性への贖罪の念も感じられる。翻って、二度と過ちを繰り返すまいと戦争放棄を謳う憲法を有したはずのわが国の精神を、デズモンドの中に見る思いがした。善悪二元論を超え、暴力に抗い非戦を目指す新しい戦争映画だ。ただし、デズモンドが日本兵さえも手当てするシーンはあるものの、祖国を死守しようとした沖縄の日本兵が地獄絵の中の「敵軍勢」として描かれている点に、演出の限界がみえる。

  • なかざわひでゆき
    戦場で武器を手に戦うことばかりが勇気の証ではない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     恥ずかしながら、良心的兵役拒否という言葉を本作で初めて知った。宗教上の理由などにより兵役を拒否することで、第二次世界大戦時の米国では1万人以上の良心的兵役拒否者が他の代替業務に従事したという。当時の日本だったら確実に非国民扱いだろう。やはりアメリカは懐が深い。
     絶対に人殺しはしないという信念のもと、戦場で人の命を救う医療兵を志願する本作の主人公。個人の力ではどうしようもない社会の大きなうねりの中で、自分が正しいと思うことを貫く。それこそが真の勇気だ。
     肉片飛び散る凄まじい戦闘シーンは『ブレイブハート』にも匹敵。と同時に、瑞々しくも味わい深い人間ドラマに、メル・ギブソン監督の成熟を感じる。

  • 相馬 学
    メル・ギブソンならではの豪快・一点突破の美学
    ★★★★
    »読む«閉じる

     一点を見つめ、そこに突き進む、いかにもメル・ギブソンの監督作品らしい力作だ。見つめているのは、実在の兵士の人を殺さずに生かすというポリシー。

     幼少期のほろ苦い体験、キリスト教信仰、看護の現場の目撃など、主人公のバックボーンが丁寧に積み重ねられているので確かな説得力が宿る。ひたすら逆境に置かれる新兵訓練キャンプの逸話もエモーショナルで、気持ちを持っていかれる。

     何よりギブソンらしさが炸裂するのは戦闘シーン。腕や脚がちぎれ、血しぶきが舞う戦場のバイオレンスは『ブレイブハート』『アポカリプト』に引けを取らない。言うまでもなく、主人公の試練の重さを伝えるうえでも効果的だ。

  • 平沢 薫
    自分の真実を貫く主人公が監督メル・ギブソンに重なって見える
    ★★★★
    »読む«閉じる

     接近戦の戦闘シーンが熾烈。今話していた隣の兵士の頭が、不意に撃ち抜かれる。爆風で身体が飛んでくる。視覚だけでなく、砂塵で息が詰まる、風圧で耳が聞こえなくなる、身体感覚を刺激する演出が生々しい。戦闘はかなり長いのに、緊張感が途切れない。
     そして主人公は、人を殺さないことを決意して衛生兵として戦場に行く男。と聞くと、理想主義者の話なのかと思ってしまうがちょっと違う。主人公は、周囲に何と言われようが、どんな状況だろうが、何が何でも自分流の真実を貫く男。そしてがむしゃらにそれを貫き通して行くと、次第に周囲も彼を認めるようになる。そういう物語。それがメル・ギブソン監督自身に重なって見えてくる。

  • 山縣みどり
    戦場で信念を貫ける強さをもたらしたものは?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    医療器具を武器に戦地を駆けた兵士デズモンドの実話には驚くべき逸話が山盛りだ。メル・ギブソン監督は前半で主人公の幼少期や家族関係、武器を持たないと誓った事件を丹念に描き、彼の人間性をしっかり構築する。デズモンドに大きな影響を与えた父親のPTSDを戦友の墓前で苦悩する姿でわからせる巧みな演出も光る。もちろん監督の手腕発揮は終盤の沖縄戦で、スクリーンに広がる戦闘シーンの恐ろしさは息を飲むほど。でも目が離せない不思議!? 敬虔なクリスチャンである監督は地獄のような状況でも信念を貫いたデズモンドの強さを信仰心のおかげと解釈しているが、A・ガーフィールドの熱演が彼の心境にさらなる深みを与えている。

  • くれい響
    じつはエンタメ要素満載!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『沈黙』に続き、日本を舞台にアンドリュー・ガーフィールドが強い信仰心を持った青年役を熱演しているだけでも興味深いが、その仕上がりは期待以上! 『プライベート・ライアン』との比較もウソじゃない地獄絵図な戦闘シーンはもちろん、そこに至るまでの鬼教官らのイジメに立ち向かうスポ根的展開、美人看護婦との恋愛劇、トラウマたっぷりな家族とのエピソードなど、ドラマ・パートがことごとく巧い。そんなヘヴィなだけでなく、思わず主人公を応援したくなる演出は、どこか『フォレスト・ガンプ』にも近く、サクサク進む139分。『ブレイブハート』以来、“手放しでおススメできる”メル・ギブソン監督作と言ってもいいだろう。

予告編・動画

メル・ギブソン再起の監督作!『ハクソー・リッジ』ティザー予告編
メル・ギブソン監督インタビュー「Q.人殺しは間違っている?」映画『ハクソー・リッジ』

» 『ハクソー・リッジ』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012

(C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

ポスター/チラシ

  • 映画『ハクソー・リッジ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ハクソー・リッジ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ハクソー・リッジ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ハクソー・リッジ』オリジナル【ブレットクロス】(『ハクソー・リッジ』ムビチケカード(全国券))
    オリジナル【ブレットクロス】(『ハクソー・リッジ』ムビチケカード(全国券))

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


キャスト

デズモンド・ドス:
グローヴァー大尉:
ドロシー・シュッテ:
ハウエル軍曹:
スミティ・ライカー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ハクソー・リッジ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ハクソー・リッジ」 from ここなつ映画レビュー (2017年7月19日 12時48分)
    メル・ギブソン監督作品。宗教という名の信念の下に、人を殺さないと誓って戦場に赴く衛生兵の物語。実話をベースにしている。人を殺さないで戦場で何ができるのか?そう、傷ついた人を助ける為に彼は戦場で「戦った」のだ。戦争とは結局殺し合いのことなのだから、「助ける」と言ってもパラドクスに陥る。その矛盾に対峙できる程には思考が練れていない私である。この作品は決して単なる戦争モノではない。ましてや反戦ドラマでもない。ただただ「汝、殺すなかれ」の教義を忠実に守った男の話だ。だからもちろん彼の行為に感動はするし、他のどの兵士 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ハクソー・リッジ」:残酷描写にちょっと辟易 from 大江戸時夫の東京温度 (2017年7月8日 23時24分)
    映画『ハクソー・リッジ』は、ユダヤ人差別発言問題でミソをつけたメル・ギブソンの監 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ハクソー・リッジ/HACKSAW RIDGE from 我想一個人映画美的女人blog (2017年7月3日 14時31分)
    なぜ、戦わなくてはいけないのか。 と戦争映画を観るたびに思う。本当に、人と人が殺し合い、勝っても負けても双方に悲しみが残る。 俳優、メルギブソンの「パッション」「アポカリプト」に続く監督3作目は アメリカVS沖縄戦を描いた衝撃の実話の映画化。 重い... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ハクソー・リッジ」 from 元・副会長のCinema Days (2017年7月3日 6時32分)
    (原題:HACKSAW RIDGE )戦場の残虐な描写を受け付けない観客を除けば、できるだけ幅広い層に観てもらいたい映画だ。戦争の真実を伝えるだけではなく、その切迫した状況においても自らの信念を貫いた主人公の孤高の人間性を過不足無く描き、大きな感銘をもたらす。今年... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ハクソー・リッジ』評価と感想/今までの戦争映画で一番凄まじい from eigamanzaiの映画レビュー (2017年7月1日 14時10分)
    戦地に赴いた良心的兵役拒否者の信念 ☆5点 予告編はこんな感じです 『ハクソー・リッジ』本予告編本年度アカデミー賞2部門受賞! 第2次世界大戦末期、激戦地の<ハクソー・リッジ>の戦いで、戦場の常識を覆し、1人で75名の命を救い続けた兵士がいた。 10年ぶりに完全復活を遂げたアカデミー賞監督、メル・ギブソンが放つ、映画史を塗り替える衝撃の実話が誕生した!www.youtube.com 映画データはこちらからどうぞ (シネマトゥデイ) ハクソー・リッジ映画『ハクソー・リッジ』の作品情報:俳優として数々の&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年6月19日の週の公開作品
  3. 『ハクソー・リッジ』