シネマトゥデイ

13th -憲法修正第13条- (2016)

2016年10月7日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
13th -憲法修正第13条-

見どころ

1865年制定の「アメリカ合衆国憲法修正第13条」で奴隷制度を否定したにもかかわらず、いまだにはびこるアメリカの人種差別を検証したドキュメンタリー。黒人の自由を奪い、労働力にするという現状などを、修正第13条を踏まえコリー・ブッカー氏ら黒人識者や受刑者だった人たちが分析する。監督は、『グローリー/明日への行進』でマーティン・ルーサー・キング・Jr.の闘争を描いたエヴァ・デュヴァネイ。人種差別や人権について考えさせられる一作。

あらすじ

1865年に制定された「アメリカ合衆国憲法修正第13条」。全ての人の自由を認め、奴隷制度を廃止するはずの修正法が、犯罪者は除くという制限を悪用する者たちによって、黒人の自由と権利は奪われてしまったという。アメリカの刑務所制度の歴史をひもとき、黒人に対する差別がいまだに続く現実を、政治家や活動家らへのインタビューによって明らかにする。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
13TH
製作国
アメリカ
製作
  • Kandoo Films
カラー
(Netflixで独占配信中)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]