シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ソウル・ステーション/パンデミック

公式サイト:https://pandemic-movie.com/
ソウル・ステーション/パンデミック
(C) 2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & Studio DADASHOW All Rights Reserved.
英題:
SEOUL STATION
製作年:
2016年
製作国:
韓国
日本公開:
2017年9月30日
(新宿ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
BROADWAY
製作会社:
Studio Dadashow / Finecut / Next Entertainment / Myung Film
カラー

見どころ:高速鉄道車内で発生した感染爆発の恐怖を描く韓国製ゾンビホラー『新感染 ファイナル・エクスプレス』の前日譚(たん)をつづる長編アニメ。同作を手掛けたヨン・サンホ監督が、極限状況下であらわになる人間のエゴを、格差社会や国家権力の問題も盛り込み活写する。声優陣には『怪しい彼女』などのシム・ウンギョン、『王になった男』などのリュ・スンリョン、『俳優は俳優だ』などのイ・ジュンらが集結。

あらすじ:風俗店から逃げ、恋人キウンと同居するヘスンだったが、彼はへスンの体を売ることでしか金を得ることができなかった。このことが原因でケンカし、家を飛び出したへスンは一人で夜の街をさまよう。一方、ソウル駅では死んだはずのホームレスが生き返って人を襲い、襲われた者はゾンビと化し犠牲者が激増していた。キウンは、彼女と彼女の父だという男を捜し……。

ソウル・ステーション/パンデミック
(C) 2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & Studio DADASHOW All Rights Reserved.

映画短評

  • くれい響
    まるで別人が撮ったような前日譚
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『新感染』の冒頭で、列車に乗り込んできたシム・ウギョン演じる“あやしい彼女”がヒロインの前日譚アニメ(もちろん、ウギョンが声の出演)。とはいえ、極上のエンタメだった『新感染』とは対照的に、ヒモ同然のゲス男から逃げ出す元風俗嬢のヒロインに、ひっそり死んでいくホームレスの第一犠牲者など、社会派アニメ作家としてのヨン・サンホ監督のガチ度が強い、クセのある仕上がりだ。もちろん、相変わらず単調で、キャラの躍動感が感じられないうえ、イヤ~なドンデン返しのオマケ付き。まるで別人が撮ったように見えるかもしれないが、これぞ監督の真骨頂! どハマリした後、来月公開の前作『我は神なり』で打ちのめされるのもアリ。

  • 平沢 薫
    今敏ファンの監督が描く社会派ゾンビアニメ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     きっちり社会派のゾンビものなのは、オープニングから明確。人々で賑わうソウル・ステーションで、ホームレスの男がケガをして歩いているのに、誰もそれを気にせず、それに気づいた学生ふうの男も、少し近づいて悪臭が匂ってくるとそれ以上は接近しない。そこからゾンビが発生していく。ホームレスたちや借金のため店から逃げた元風俗嬢らが、ゾンビから逃れようと右往左往し、警察も役に立たない。監督は今敏監督の「PERFECT BLUE」「東京ゴッドファーザーズ」のファンとのことで、実写映画的な描写や社会風刺に共通するものがある。そんな物語の中、ヒロインの長くすんなりした脚の線が、ちゃんとエロティックなのがいい。

  • なかざわひでゆき
    『新感染』と併せて見ればより面白いアニメ版前日譚
    ★★★★
    »読む«閉じる

     『新感染ファイナル・エクスプレス』よりも先に企画されたものの、結果的に完成が後になってしまったアニメーション。同じヨン・サンホ監督による前日譚だ。
     内容としてはゾンビ・パンデミックの出発点だが、単なるビギニングでは終わらない。ホームレスの老人に端を発する感染は、人々の無関心や差別意識によって急速に広がっていく。その背景に浮かび上がるのは、弱者がさらなる弱者を虐げる韓国社会の荒んだ現実。それは、すなわち世界の現実でもある。
     いわば『ウォーキング・デッド』に対する『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』的立ち位置の作品。それぞれ単体でも楽しめるが、併せて見れば監督の意図がより明確になるだろう。

予告編・動画

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の前日譚!映画『ソウル・ステーション/パンデミック』予告編

» 『ソウル・ステーション/パンデミック』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011

(C) 2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & Studio DADASHOW All Rights Reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『ソウル・ステーション/パンデミック』ポスター
    ポスター
  • 映画『ソウル・ステーション/パンデミック』チラシ
    チラシ
  • 映画『ソウル・ステーション/パンデミック』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本・製作・編集:
美術監督: リュン ・キヒョン

キャスト

(声の出演)
へスンの父:
キウン:
ヘスン:
キウン:
へスンの父親:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ソウル・ステーション/パンデミック』の映画ニュース

  • 昨年のカンヌ国際映画祭のミッドナイト・スクリーニング部門で上映され絶賛を浴びた映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(9月1日全国公開)を手掛けたヨン・サンホ監督...画も前日譚(たん)をつづった長編アニメ『ソウル・ステーション/パンデミック』(9月30日日本公開)から出発している。...
  • サバイバル・アクション『新感染 ファイナル・エクスプレス』(9月1日公開)をはじめ、海外で高い評価を受けるヨン・サンホ監督が2013年に“信仰”をテーマに製作したアニメ『...レス』に続き、同作の前日譚を描くアニメ『ソウル・ステーション/パンデミック』も9月30日に公開される。(編集部・石井...
  • 世界156か国から買い付けオファーが殺到中という韓国のサバイバル・アクション映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(9月1日公開)の予告編が公開となり、プサン行きの...served.") 監督は、本作の前日譚を描く『ソウル・ステーション/パンデミック』(9月30日公開)、信仰がテーマの『我は...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年9月25日の週の公開作品
  3. 『ソウル・ステーション/パンデミック』