シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
15歳以上がご覧になれます

おじいちゃんはデブゴン

おじいちゃんはデブゴン
(C) 2016 Irresistible Alpha Limited, Edko Films Limited, Focus Films Limited, Good Friends Entertainment Sdn Bhd. All Rights Reserved.
英題:
THE BODYGUARD
製作年:
2016年
製作国:
中国/香港
日本公開:
2017年5月27日
(新宿武蔵野館、シネマート心斎橋ほか)
上映時間:
配給:
ツイン
カラー/シネマスコープ

見どころ:ジャッキー・チェン、ユン・ピョウらと共に香港映画界のレジェンドとして名高いサモ・ハンが監督と主演を務めたアクション。元軍人で認知症の疑いのある老人が、マフィアの抗争に巻き込まれた隣家の父娘を守る姿を活写する。アンディ・ラウ、ユン・ピョウをはじめ、『カンフーハッスル』などのユン・ワー、サモ・ハンがアクション監督を務めた『コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝』などのエディ・ポンらが共演する。サモ・ハンが繰り出す電光石火の肉弾戦に圧倒される。

あらすじ:人民解放軍中央警衛局を退役し、故郷の村でひっそりと生活している66歳のディン(サモ・ハン)。要人警護で活躍していた彼も認知症と診断され、物忘れがひどくなる中で隣家の少女チュンファ(ジャクリーン・チャン)との触れ合いを心のよりどころにしていた。ある日、彼女の父親が中国マフィアにロシアンマフィアからの宝石強奪を任されるも、宝石を持って逃げてしまう。両マフィアの魔の手がチュンファに迫るのを察知したディンは、彼らとの闘いを決意するが……。

おじいちゃんはデブゴン
(C) 2016 Irresistible Alpha Limited, Edko Films Limited, Focus Films Limited, Good Friends Entertainment Sdn Bhd. All Rights Reserved.

映画短評

  • 相馬 学
    笑い控えめ、情感は濃いめ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     “デブゴン”のイメージからくる笑いの要素は控えめで残念。アルツハイマーという設定上シリアスにならざるをえなかったのかもしれないが、現代性を取り入れたドラマに重きを置いたと解釈すれば、これはこれでアリ。

     編集段階でカットされた部分があるのかドラマのつながりに少々、不自然な箇所はあるものの、主人公と少女の交流から軸はブレないので話はスンナリ飲み込める。サモハンの抑えた演技も悪くない。

     それでもサモハン、格闘場面ではやはり輝くし、ピシッと決まった構えの“型”は背筋が伸びていて、デブゴンとはいえ美しさえ感じさせる。前半のアクションを引っ張るアンディ・ラウの頑張りも嬉しい。

  • くれい響
    日本公開は有難いが、これじゃない感MAX!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    サモ・ハンが『グラン・トリノ』な設定で、『レオン』『アジョシ』な展開と聞けば、ある程度の予想はつくはず。だが、思うようにストーリーは転がらず、イラつくばかり。『ファースト・ミッション』『イースタン・コンドル』など、ドラマとアクションを巧く融合させた、かつての監督作とのギャップに驚きを隠せないが、それもそのはず。執行導演と脚本を中国大陸の人間が務めた“中国市場向け”ということで、香港映画独自の展開や笑いは皆無に近い。ゲストに関しても、今ではお目にかかれないチンピラ役を熱演するアンディ・ラウを除き、ムダ遣いの域。懐かしさだけで、関節技全開のクライマックスのバトルまで待つには、厳しい仕上がりだ。

  • 森 直人
    俺が元祖カンフー・パンダだ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    みやぞんの『スパルタンX』ネタで普通にノスタルジーに悶える世代としては、サモ・ハン(・キンポー)監督・主演という事実以上に「泣ける画」が満載。一瞬、梅宮辰夫か?と見紛うものの、いやいや、男の顔も腹も固有の履歴書。アクションが立ち上がるまでは結構溜める展開だが、ずっと見入って(=魅入って)しまう。そして客演の凄さ。ツイ・ハークまでいるよ!

    お話はどうしても『グラン・トリノ』を連想するが、実際これはイーストウッド的な自作自演と言えるのではないか。サモ・ハンの存在自体が「設定」や「物語」以上にドラマティック。その特権的肉体が、シンプルな映画の形に唯一無二の人間味や歴史の多層性を付与しているのだ。

予告編・動画

サモ・ハン健在っ!映画『おじいちゃんはデブゴン』予告編
ジャッキーと宇宙で戦う?サモ・ハンが共演の可能性を語る サモ・ハン来日 特別インタビュー

» 『おじいちゃんはデブゴン』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『おじいちゃんはデブゴン』ポスター
    ポスター
  • 映画『おじいちゃんはデブゴン』チラシ
    チラシ
  • 映画『おじいちゃんはデブゴン』チラシ
    チラシ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『おじいちゃんはデブゴン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「おじいちゃんはデブゴン」 from 元・副会長のCinema Days (2017年7月15日 6時25分)
    (原題:我的特工爺爺)タイトルだけ見るとお手軽なアクション・コメディだと思われがちだが、中身はけっこうシリアス。そしてR15に指定されているように、エゲツない描写も目立つ。主人公の体格と同じように、観た後はずっしりと重みを感じてしまう一編である。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • サモ・ハン・キンポーが来日 from 元テレビっ子の芸能&スポーツ情報 (2017年4月4日 22時7分)
    若い世代の人は知らないと言うか、主演作の「燃えよデブゴン」の公開が 1981年ですからね、小学4年生の時にこの作品を見た人でも46歳に なっているわけですからね、40代の人でも怪しいかも知れないですね。 1973年に公開された「燃えよドラゴン」のファーストシーンでパンツ 一枚でブルース・リーと闘っていた頃から考えたら44年前の話です。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年5月22日の週の公開作品
  3. 『おじいちゃんはデブゴン』