シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白

マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白
(C) Zorba Production, Su:m
英題:
MRS. B, A NORTH KOREAN WOMAN
製作年:
2016年
製作国:
フランス/韓国
日本公開:
2017年6月10日
(シアター・イメージフォーラムほか)
上映時間:
配給:
33 BLOCKS
製作会社:
Zorba Production / Su:m
DCP

見どころ:フランスで映画などを学んだ韓国のユン・ジェホが監督を務め、中国に売られたある北朝鮮女性の過酷な宿命に肉迫する驚がくのドキュメンタリー。北朝鮮から中国に渡り、さらに韓国へと亡命することになる一人の女性の半生を映し出し、第38回モスクワ国際映画祭にて最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。劇中の出来事が、現実だということに衝撃を受ける。

あらすじ:北朝鮮女性Bさんは、息子たちを祖国に残して出稼ぎに行くことにしたものの、だまされて中国に農家の嫁として売られてしまう。当初彼女は貧乏な中国人の夫と義理の両親をひどく嫌っていたが、生きるために自分の置かれた状況を受け入れ、やがて自らも脱北ブローカーとなる道を選択する。そしてBさんは、北朝鮮にいる息子たちの将来に不安を感じ、彼らを脱北させようと決意し……。

マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白
(C) Zorba Production, Su:m

映画短評

  • 中山 治美
    脱北=幸せの固定観念を覆す
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    脱北者というと奇異の目で見がちだが、一人の女性の生き方を考えさせられる作品だ。
    北朝鮮から中国の農家に売られてしまったマダム・ベー。
    彼女は北朝鮮に残してきた家族との両方を養う為に、危ない仕事にも手を染めてきた。
    だが次第に中国の夫の方に情を抱くようになる。
    彼女はまた戻ってくると約束し、先に脱北した家族のいる韓国へ向かう。
    しかしカメラは残酷にも、一度離れてしまった家族の絆を取り戻すのは難しい事を克明に映し出す。
    皮肉な展開続きに、彼女の人生に幸あれと願わずにはいられないだろう。
    その全てをカメラの前に晒したマダム・ベーの覚悟と、脱北の旅まで同行した監督の長期密着取材の執念に敬服する。

  • 山縣みどり
    極限状態に生まれ育った女性から“生き延びる力”を学びました
    ★★★★
    »読む«閉じる

    主人公のマダム・ベーに最初から最後まで圧倒される。パワフルで生命力にあふれていて、絶対に心が折れないタイプ。騙されて(?)農民と結婚させられても嫁業をきちんと果たす上に同じような境遇の女性を中国に密入国させる脱北ブローカーとしても活躍。祖国に残した夫と息子まで呼び寄せるし、中国人の夫と正式に結婚するためにと一路、タイ経由で韓国に! どんなことをしても生き延びてやるという気迫が伝わるが、これは北朝鮮に生まれたせい? 極限状態が人間を強くするのね。マダムが韓国人のドキュメンタリー作家に人生を記録させたのは生きた証を残すためと思われるが、危険な旅にも同行した監督の度胸も相当なものだ。

予告編・動画

ある北朝鮮の女性が国を離れ…!映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』予告編

» 『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』ポスター
    ポスター
  • 映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』チラシ
    チラシ
  • 映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』チラシ
    チラシ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年6月5日の週の公開作品
  3. 『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』