シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
月と雷
(C) 2012 角田光代/中央公論新社 (C) 2017「月と雷」製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年10月7日
(テアトル新宿ほか)
上映時間:
製作:
東映ビデオ / 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ / エー・チーム / 日本出版販売 / パラダイス・カフェ
制作プロダクション:
アグン・インク
配給:
スールキートス
カラー

見どころ:『ノルウェイの森』などの初音映莉子と『横道世之介』などの高良健吾が主演を務め、角田光代の小説を映画化した人間ドラマ。一か所に定住できない母親とその息子、そして彼らと一時的に同居した男の娘である主人公を取り巻く人間模様を映す。メガホンを取るのは、『花芯』の安藤尋監督。脚本を、『人のセックスを笑うな』などの本調有香が担当する。

あらすじ:幼いころに母親が家を出て行って以来、一般的な家庭を知らずに育った泰子(初音映莉子)は、スーパーのレジ係として働いている。彼女は亡き父がのこした家と職場の往復する毎日を送っていたが、婚約者もいてそれなりに充実していた。だがある日、突然父の愛人の息子である智(高良健吾)が姿を見せたことにより、彼女の生活は一変する。

月と雷
(C) 2012 角田光代/中央公論新社 (C) 2017「月と雷」製作委員会

予告編・動画

初音映莉子、高良健吾主演!映画『月と雷』予告編
斎藤工&板谷由夏が『アウトレイジ 最終章』など10月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『月と雷』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

(C) 2012 角田光代/中央公論新社 (C) 2017「月と雷」製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『月と雷』ポスター
    ポスター
  • 映画『月と雷』チラシ
    チラシ
  • 映画『月と雷』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『月と雷』オリジナルポストカード2枚セット
    オリジナルポストカード2枚セット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: 角田光代
監督:
脚本: 本調有香
音楽: 大友良英
エグゼクティブプロデューサー: 加藤和夫 / 村上比呂夫
プロデューサー: 川崎岳 / 宮崎大
撮影: 鈴木一博
照明: 中西克之
録音: 岩倉雅之
美術: 林千奈
編集: 蛭田智子
スタイリスト: 小倉久乃
ヘアメイク: 酒井夢月
スチール: 土屋久美子
助監督: 石井晋一
協力プロデューサー: 田坂公章 / 本島章雄

キャスト

泰子:
智:
佐伯亜里砂:
山信太郎:
吉村:
泰子の父親:
木場勝己:
直子:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『月と雷』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 月と雷 評価と感想/普通や幸せの定義を求めて彷徨う人々 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年10月15日 17時44分)
    行く者と留まる者 ☆3.5点 『八日目の蝉』や『紙の月』の著者・角田光代の2012年に出版された同名小説の映画化で監督は安藤尋 主演に初音映莉子と高良健吾、共演に草刈民代 予告編 映画『月と雷』 予告編 <10.7 sat 全国ロードショー>あてもないけど、生きていく。 ふつうの人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅−。 原作:角田光代(中公文庫) 監督:安藤 尋 出演: 初音映莉子 高良健吾 藤井武美 黒田大輔 市川由衣 / 村上 淳 木場勝己 草刈民代 脚本:本調有香 音&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年10月2日の週の公開作品
  3. 『月と雷』