シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

ディストピア パンドラの少女

公式サイト:http://pandora-movie.jp/
ディストピア パンドラの少女
(C) Gift Girl Limited / The British Film Institute 2016
英題:
THE GIRL WITH ALL THE GIFTS
製作年:
2016年
製作国:
イギリス/アメリカ
日本公開:
2017年7月1日
上映時間:
提供・配給:
クロックワークス
提供:
キングレコード
アメリカンビスタサイズ/DCP5.1ch

見どころ:パンデミックにより人類の大半がウイルスに感染した近未来を舞台に、感染者ながら知能を保ち続ける少女の物語を描いたSFスリラー。原作者自ら脚本を手掛け、テレビシリーズ「SHERLOCK(シャーロック)」などのコーム・マッカーシーがメガホンを取る。応募者500人を超えるオーディションを勝ち抜いたセニア・ナニュアが主人公を演じ、ジェマ・アータートン、グレン・クローズ、パディ・コンシダインらが共演。

あらすじ:パンデミックにより人類の大多数が捕食本能に支配され凶暴化し、社会が崩壊した近未来。イングランドの田舎町にある軍事基地では、ウイルスに感染しながらも思考能力を保つ子供たち“セカンドチルドレン”から、全世界を救うワクチンを開発する研究が進められていた。ある日、その子供たちの中に知能を持つ少女メラニー(セニア・ナニュア)が現れ……。

ディストピア パンドラの少女
(C) Gift Girl Limited / The British Film Institute 2016

映画短評

  • 平沢 薫
    英国流の静かな終末の光景が美しい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ゾンビ映画も英国で創られるとこうなる。曇天の肌寒い大気の中、なだらかに広がる背の低い草の平原。それを少しずつ覆っていく静かな終末。人類は滅びていこうとしているがそれは人類の終焉なだけで、世界の終わりではない。その光景が美しい。夜の闇の中で巨大な樹木が燃え上がる。
     そしてヒロイン、10歳くらいの少女メラニーが魅力的。彼女の"異質かつ特殊でありつつ純粋"という設定は「ストレンジャー・シングス」の少女イレブンにも通じるある種の定番。メラニーのようなゾンビ感染症だが思考力を持つ子供たちは施設に収容されて実験材料になっているが、そんな彼らも教師の授業を受けている。そんな設定も英国流?

予告編・動画

近未来で何が起こっているのか!?映画『ディストピア パンドラの少女』特報
パンデミックにより人類が凶暴化…『ディストピア パンドラの少女』本予告

» 『ディストピア パンドラの少女』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008

(C) Gift Girl Limited / The British Film Institute 2016

ポスター/チラシ

  • 映画『ディストピア パンドラの少女』ポスター
    ポスター
  • 映画『ディストピア パンドラの少女』チラシ
    チラシ
  • 映画『ディストピア パンドラの少女』チラシ
    チラシ

スタッフ

原作・脚本: M・R・ケアリー
プロダクションデザイン: クリスチャン・ミルステッド
ヘアメイク・装具デザイン: ナディア・ステイシー
衣装デザイン: ライザ・ブレイシー
キャスティング: コリン・ジョーンズ
VFX スーパーバイザー: セバスチャン・バーカー

キャスト

ヘレン・ジャスティノー:
エディ・パークス軍曹:
キャロライン・コールドウェル博士:
メラニー:
ジーン・セルカーク博士:
キーラン・ギャラガー一等兵:
デヴァーニ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ディストピア パンドラの少女』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年6月26日の週の公開作品
  3. 『ディストピア パンドラの少女』