シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
怪物はささやく
(C) 2016 APACHES ENTERTAINMENT, SL; TELECINCO CINEMA, SAU; A MONSTER CALLS, AIE; PELICULAS LA TRINI, SLU.All rights reserved.
英題:
A MONSTER CALLS
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ/スペイン
日本公開:
2017年6月9日
(TOHOシネマズ みゆき座ほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
製作会社:
Apaches Entertainment / La Trini / Monster Calls, A / Participant Media / River Road Entertainment
カラー/シネマスコープ/5.1chデジタル

見どころ:パトリック・ネスによる小説を、『インポッシブル』などのJ・A・バヨナ監督が映画化したダークファンタジー。病に侵された母親と暮らす孤独な少年と、彼に「真実を語れ」と迫る怪物の奇妙な交流を描き、スペイン版アカデミー賞ともいわれるゴヤ賞を席巻した。主演は、『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』などのルイス・マクドゥーガル。母親役をフェリシティ・ジョーンズ、祖母役をシガーニー・ウィーヴァー、怪物の声をリーアム・ニーソンが務める。

あらすじ:母親が重病に侵されている13歳の少年コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、毎晩悪夢にうなされていた。ある夜、彼の前に樹木の姿をした怪物が現われ「わたしが三つの真実の物語を語り終えたら、四つ目の物語はお前が話せ」と告げ、さらにコナーが隠す真実を語れと言う。コナーは断るが、それを境に夜な夜な怪物が現れるようになり……。

怪物はささやく
(C) 2016 APACHES ENTERTAINMENT, SL; TELECINCO CINEMA, SAU; A MONSTER CALLS, AIE; PELICULAS LA TRINI, SLU.All rights reserved.

映画短評

  • 清水 節
    少年にとって酷薄な現実を受け容れるために絶大な「物語」の力
    ★★★★
    »読む«閉じる

     観る者の想像力が試される。母に迫る死の影。父性を欠いた家庭。夜ごと少年の前に現れる巨木の怪物。酷薄な現実を受け容れるには「物語」の力が絶大であることを見事に視覚化した、苦いファンタジーである。メタファーと呼ぶにはあまりに直接的な悪夢。美しいアニメの挿入があってもなお、幻想は重く暗いトーンのまま。少年の苦悩の深さゆえだ。表層や建前の向こうにある真実にたどりつくまでのセリフは、やや説明過多で教条的だが、物語を通しても知り得なかったもうひとつの真実を知らせる、原作にないエンディングこそ重要だ。少年は心の中に、独りで怪物を棲みつかせ育んだのではない。家族の魂は、連綿と繋がっている。

  • なかざわひでゆき
    怪物が少年に促すのは「正論の呪縛」からの解放
    ★★★★
    »読む«閉じる

     世の中には「こうあるべき論」や「こうするべき論」が多数存在する。親ならこうあるべき、社会の一員ならこうするべき…というやつだ。それらは概ね至極真っ当な意見だが、しかし常に正論が通用するほど人間も社会も単純ではなく、むしろそのような「綺麗ごと」が足かせとなって人々を苦しめ、時として誤解や偏見を生むことにもなり得る。
     で、世界的な児童文学を映画化した本作。夜な夜な少年の前に現れる怪物は、彼に3つの皮肉な寓話を聞かせ、少年の心に秘められた闇を暴こうとするわけだが、それはすなわち「正論の呪縛」からの解放を意味すると言えよう。優れた児童文学や児童映画は大人にも意義深い示唆を与える。本作はその好例だ。

  • 山縣みどり
    その真実、子供に背負わせるには重すぎません?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    大抵の人間は心のなかにちょっとした闇を抱えている。それが深くなりすぎると犯罪方向に走るかもだが、本作の主人公コナー少年は闇の存在に気づかないふりをする。毎夜、現れては繊細で孤独な少年の心をかき乱す怪物が彼の思いの一部なのは一目瞭然だが、最後に明らかにさせられる真実はあまりにも重い。不治の病の母を心配し、学校でいじめられ、離れて暮らす父親は期待薄という苦難だらけのコナーが不憫で不憫で…。心の奥に隠した罪悪感を認めさせることが必要なのかは疑問が残るところだ。ファンタジーっぽく撮った心象風景のビジュアルは迫力もある素敵だけど、テーマやメッセージはダークでリアル。

  • くれい響
    児童文学の枠を超えた人生論
    ★★★★
    »読む«閉じる

    学校でイジメられ、鬼ババとの新生活待ち受ける少年に対し、追い打ちをかける怪物(声:ダークマン)による厭すぎる話、三本立。不条理な現実を叩きつける結末に、思わず絶叫する主人公の気持ちが手に取るほど分かるが、これらはすべて「いかに死を受け入れるか」という普遍的テーマのハードルにすぎない。同じ児童文学原作だけに、『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』と比較しがちだが、まったくもってお門違い。容赦ないダークさは『パンズ・ラビリンス』以上に衝撃的だ。原作にないオチは蛇足にも取れるが、原作者からの贈り物と考えればアリ! J・A・バヨナ監督の次回作『ジュラシック・ワールド』続編にも一抹の不安なし!

  • 森 直人
    ママからの最後の教育、というニュアンス
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    原作は有名な児童文学だが、J.A.バヨナらしい脚色で映画も傑作に仕上がったと思う。ポイントは『永遠のこどもたち』『インポッシブル』同様、母親と息子の結びつきが強調されていること。古い映写機で『キング・コング』を観る場面が素晴らしく、その“教え”からの連なりで幻想的なアニメーションで描かれる「3つの物語」が展開する。

    大枠は生死を巡る試練に直面した少年のイニシエーション物語で、彼のメンターとして機能する怪物が、母親からの使者であることを映画版は明確に打ち出す。そこからおばあちゃん(S・ウィーバー)との絆にまで繋がっていく。ちなみにバヨナ作品常連のジェラルディン・チャップリンもしっかり登場!

  • 猿渡 由紀
    全体的に頑張りすぎている印象
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     学校でいじめられている13歳の少年コナー。母はゆっくりと死に向かっていて、怖い祖母と暮らすことを強いられそうになっている。そんなコナーが心を開く相手は、突然現れた怪物だった。
     ファンタジーの要素を含む、ビジュアル的に優れたダークな映画で、ギレルモ・デル・トロの「パンズ・ラビリンス」の線を狙ったのはわかるが(同じプロデューサーが関わっている)、残念ながら達成しきれていない。メッセージの伝え方がややくどく、全体的に頑張りすぎているという印象を受ける。 泣いたという感想も聞いたのだが、筆者は泣けなかった。役者はみんな良いが、シガニー・ウィーバーが無駄遣いされているという気持ちもぬぐえず。

  • 平沢 薫
    怪物も夜の中に一人で立っている
    ★★★★
    »読む«閉じる

     主人公は13歳の少年だが、映画は彼を子供として描かず、ひとりの人間として描いて容赦しない。彼が向き合わなければならないものは、子供特有のものではなく、年齢を問わず誰もが向き合うことを恐れるものだ。
     少年がそれと向き合うために出現する、怪物の姿がいい。古い大樹のようなその形は、異様だが懐かしい。怪物も夜の中に一人で立っている。怪物は少年を別の場所に連れ去ることはせず、ただ物語を語る。怪物は現実とは別のところにいるわけではない。想像力というものの力が、現実と離れたところにあるのではなく、ふとした拍子に現実と不可分なものになる。その静かな揺るぎない力が伝わってくる。

予告編・動画

映画『怪物はささやく』ショート予告編
斎藤工&板谷由夏が『昼顔』『怪物はささやく』など6月中旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『怪物はささやく』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『怪物はささやく』ポスター
    ポスター
  • 映画『怪物はささやく』チラシ
    チラシ
  • 映画『怪物はささやく』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『怪物はささやく』特製スケッチブック
    特製スケッチブック

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作・脚本: パトリック・ネス
プロデューサー: ベレン・アティエンサ
プロダクションデザイナー: エウヘニオ・カバイェーロ
衣装デザイン: スティーヴン・ノーブル
視覚効果スーパーバイザー: フェリックス・ベルヘス
特殊効果スーパーバイザー: パウ・コスタ
アニメーション監督: エイドリアン・ガルシア
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『怪物はささやく』の映画ニュース

  • 映画『ジュラシック・ワールド』の続編『ジュラシック・ワールド・フォーレン・キングダム(原題) / Jurassic World Fallen Kingdom』がクランクアップを迎えた日、ヒロイ...だ。メガホンを取ったJ・A・バヨナ監督(『怪物はささやく』)は「ブラボー!! よくやった」とハワイ...
  • 映画『ジュラシック・ワールド』の続編『ジュラシック・ワールド・フォーレン・キングダム(原題) / Jurassic World Fallen Kingdom』がクランクアップを迎えた。J・A・バ...・スピルバーグと共に製作総指揮に回り、『怪物はささやく』のバヨナが監督を務めている。 ロンドン...
  • 映画『グローリー/明日への行進』で注目された黒人女性監督エヴァ・デュヴァネイが、米ニューヨークで起きた冤罪(えんざい)事件「セントラル・パーク・ファイヴ」を題材に...当てられる。 デュヴァネイ監督は、映画『怪物はささやく』を手掛けたジェフ・スコール&ジョナサン...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「怪物はささやく」:好きな人は好きでしょうが・・・ from 大江戸時夫の東京温度 (2017年7月12日 0時20分)
    映画『怪物はささやく』は、大江戸が高く評価する『インポッシブル』のJ.A.バヨナ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 怪物はささやく from エンターテイメント日誌 (2017年6月29日 8時49分)
    評価:B カーネギー賞/ケイト・グリーナウェイ賞というイギリスの文学賞を受賞し ...[外部サイトの続きを読む]
  • 怪物はささやく from 佐藤秀の徒然幻視録 (2017年6月14日 20時26分)
    公式サイト。アメリカ=スペイン、原題: A Monster Calls。シヴォーン・ダウド、パトリック・ネス原作、J・A・バヨナ監督。ルイス・マクドゥーガル、フェリシティ・ジョーンズ、シガーニ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 怪物はささやく/A MONSTER CALLS from 我想一個人映画美的女人blog (2017年6月10日 0時11分)
    「わたしが三つの物語を語り終えたら、、、、今度はおまえが四つめの物語をわたしに話すのだ。 おまえが第四の物語をわたしに話す。お前は真実を語るのだ。」 47歳でこの世を去ったシヴォーン・ダウドが遺したアイディアを パトリック・ネスが引き継ぎ完成させた... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年6月5日の週の公開作品
  3. 『怪物はささやく』