シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
光と禿
(C) 『光と禿』プロジェクト
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2017年4月22日
(新宿K’s cinema)
上映時間:
配給:
スポッテッドプロダクションズ
カラー

見どころ:瀧本智行監督、佐々部清監督らのもとで経験を積んだ、『竜宮、暁のきみ』の青木克齊監督によるヒューマンドラマ。はげた中年ミュージシャンとひねくれ者の盲目女子の交流を描く。ユニークかつ過激な世界観で人気を博すソロユニット、クリトリック・リスとして活動するスギムを筆頭に、『太陽を掴め』などの岸井ゆきの、『仮面ライダーキバ』シリーズなどの武田航平らバラエティーに富んだ顔ぶれが結集。スギムの唯一無二の存在感が見どころ。

あらすじ:はげた中年ミュージシャンのスギム(スギム)はある日、道で転んで困っている盲目の少女・梢(岸井ゆきの)を助けようとするが、彼女とその友人・友梨(樋井明日香)から痴漢だと騒がれてしまう。憤慨した彼は、うっぷんを晴らすように曲作りに励み、夜のライブで激しいステージングを繰り広げる。一方の梢はスギムが痴漢ではなく自分を助けてくれた人物だったことを友梨に話し、一緒に彼を捜すことに。

光と禿
(C) 『光と禿』プロジェクト

映画短評

  • 森 直人
    この機会、観逃し厳禁作です!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    MOOSIC LAB 2016の大人気作――特に観客賞と主演男優賞はダントツだった本作が祝ピン公開! しかもクリトリック・リスのニューアルバム発売記念というタイミングで必見度は増すばかりだが、これは単純に観ないと損の面白さ!

    物語はボーイ(おっさん)・ミーツ・ガール。時にミュージカル……となれば『ラ・ラ・ランド』の名を出すのもやぶさかではないが(笑)、実はチャップリン『街の灯』ベース(さらに『モダン・タイムス』も)。そして何より、アクの強い芸人・俳優だった渥美清を寅さんという国民的キャラに仕立てた巨匠の技を彷彿させる、スギム氏の見事すぎる「微温化」が肝だ。監督・青木克齊の手腕と深い愛に拍手!

ポスター/チラシ

  • 映画『光と禿』ポスター
    ポスター

スタッフ

脚本・監督:
撮影: 玉田詠空
照明: 斎藤順
録音: 西山徹
編集: 田巻源太
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年4月17日の週の公開作品
  3. 『光と禿』