シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ウィッチ
(C) 2015 Witch Movie,LLC.All Right Reserved.
英題:
THE WITCH
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年7月22日
(新宿武蔵野館ほか)
上映時間:
配給:
インターフィルム
提供・製作会社:
A24
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル

見どころ:サンダンス映画祭監督賞のほか、世界各地の映画祭を席巻したファンタジーホラー。17世紀のアメリカを舞台に、信心深いキリスト教徒の一家が、赤ん坊が行方不明になったことをきっかけに狂気に陥っていくさまを描く。父親から魔女だと疑われる娘には、『スプリット』などのアニヤ・テイラー=ジョイ。これまでプロダクションデザインや衣装デザインなどを担当してきた、ロバート・エガースがメガホンを取る。

あらすじ:1630年のアメリカ・ニューイングランド。信仰心のあついキリスト教徒の一家が村外れの森の近くに移り住んでくる。ある日、生後間もない赤ん坊が突如姿を消す。一家に不穏な空気が流れる中、父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)は、まな娘のトマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑い……。

ウィッチ
(C) 2015 Witch Movie,LLC.All Right Reserved.

映画短評

  • 相馬 学
    精神崩壊によって、魔女は生まれる!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     なんとも不思議なテイスト。魔女狩りが行なわれていた時代を背景に、現実と非現実の狭間を行く、そんな妙味が宿る。

     敬虔なクリスチャン一家の絆が引き裂かれる描写は徹底してリアル。信仰の揺らぎや疑惑、子どもの邪気といった負の要素がキャラクターの心理を追いこむ。一方で、森で起こる異様な出来事はオカルト寄り。現実性と非現実性を絡めたスリルの盛り立てが巧い。

     ドラマの肝はヒロインが魔女なのか否かというミステリー。それは見て判断してもらうとして、過酷な体験を強いられる彼女の精神の崩壊を体感させるつくりがイイ。『スプリット』のA・テイラー=ジョイは、今回もスリラーのヒロインとして堂々たる存在感を放つ。

  • 清水 節
    ピュアとエロスを併せもつアニヤ・テイラー=ジョイに眼は釘づけ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    “魔女狩り”という比喩に閉じ込められ、一方で、箒に乗って天翔るヒロインを指すと思い込む人も多くなった、魔女。本作は、17世紀アメリカ・ニューイングランドで怖れられた魔女の本質を描き出す。排斥された七人の親子。突如として消えた赤ん坊。次々と降りかかる災厄。湧き起こる疑心暗鬼。恐怖と神秘が交錯する荘厳な森の光と闇が、美しくも怖ろしい。数々の映画祭が称えた新人監督の手腕もさることながら、ピュアとエロスを併せもつ96年生まれの新星アニヤ・テイラー=ジョイに眼は釘づけになる。真っ白な肌にかすれた声、あどけなさが残る表情に汚れなき大きな瞳。信仰と誘惑の狭間で揺れる彼女の存在は、見事にテーマを体現している。

  • 山縣みどり
    凝ったディテールと全体のトーン作りが成功の秘密!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    清教徒がたどり着いた17世紀のアメリカを舞台にしたホラーだが、電気のない時代らしい暗めな映像や表情を変えない役者の演技でまず陰鬱な気分になる。信仰心の篤い人々独特の悪魔への恐れや未開の地への不安が見る側をも怯えさせる。低予算とは思えない凝ったディテールも含め、全体のトーン作りは完璧だ。しかも家族7人だけの共同体でさらなる事件が起こり、疑心暗鬼に陥った母親が長女に罪をなすりつけようとする展開に『白雪姫』の母娘関係を連想する。一般論でいうと魔女は恐怖が生み出した幻想だろうが、この映画の魔女は家族に無下にされた怒りや絶望の産物のよう。人間関係の原点である家族を大事にしようってメッセージなのかも。

  • くれい響
    この監督、名前だけでも覚えて帰ってくださいね
    ★★★★
    »読む«閉じる

    次作の『Xメン』でマジックを演じるアニヤ・テイラー=ジョイの出世作にして、短編でエドガー・アラン・ポーの「告げ口心臓」を撮るなど、噂先行型だったロバート・エガース監督の長編デビュー作。サンダンスで監督賞を獲った本作は、350万ドルのローバジェットながら、言語や信仰など、徹底した時代考証もあり、17世紀のニューイングランドの空気感を再現。エンタメ感はないに等しいものの、蝋燭の灯が揺れる闇で展開される魔女狩りをめぐる心理ドラマは、不気味の一言。新人離れした演出だけでなく、アートとしての完成度の高さに驚かされる。『狼の血族』『死霊の谷』など、初期「東京ファンタ」の熱狂と興奮を追体験したければゼヒ!

  • 平沢 薫
    魔女はこのようにして出現するのに違いない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     魔女というものは、きっとこのようなものであったのに違いない。本作を見終わると、そうとしか思えなくなる。
     
     極限状況下の心理ドラマ。偏った心理が接触して互いに影響し合い、歪みが増幅していく。影の中を動く暗いものを凝視していると、輪郭が次第に失われていき、それが本当にそこに存在するのか確信が持てなくなっていく。幼い子供たちは、ただ自分の行動が与える影響を考えることなく行動するというだけで、周囲に害をなす。

     登場人物たちがみな、寒くひもじい状態にあることを片時も忘れさせないために、戸外の映像は常に青みがかった灰色。大気は日中も、常に暗く冷たく湿っている。

  • 猿渡 由紀
    古いお化け話のような恐怖を感じさせる一風変わったホラー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    原題に「ニューイングランドの民話」という副題がついているとおり、1630年を舞台にした今作には、 古いお化け話のような怖さがある。7人家族が、人里離れた森のそばでひっそりと暮らしているという設定だけでも、 不吉なことが起こりそうな予感がするが、末っ子が姿を消したり、男女の双子がヤギと話すと言ってみたり、不気味な感じでうさぎが現れたりという現象が続くのだ。悲劇がエスカレートしていった時、家族から一斉攻撃を受ける長女を演じるのが、アニヤ・テイラー=ジョイ。彼女の純粋無垢さが、苦痛をなおさら強烈なものにする。北米ではシャマランの「スプリット」より1年早く公開された今作は 、彼女の大ブレイク作だ。

予告編・動画

赤ん坊を連れ去ったのは誰…?ダークファンタジーホラー『ウィッチ』予告編

» 『ウィッチ』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『ウィッチ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ウィッチ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ウィッチ』チラシ
    チラシ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ウィッチ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ウィッチ【ネタバレ】:マジで凄い!映画史に残る死に方(゜д゜)! from 元ボクサーの一念発起 (2017年12月3日 17時1分)
    魔女の映画です! 久々に面白い!ホラーに当たっちゃいましたよ~!   「魔女」をテーマに、17世紀のアメリカを舞台に赤子をさらわれたことをきっかけに、家族が次第に狂気の淵へと転落していく姿を描いた第31回サンダンス映画祭で監督賞に輝いたファンタジーホラーです! いごっそう612 感想行っちゃいましょう! 作品情報 原題: THE WITCH 洋画:ファンタジー・ホラー 製作年:2015年 製作国:アメリカ 日本公開:2017年7月22日 レンタル開始:2017年12月2日 上映時間:93分&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ウィッチ」:不安で不穏で不快なサウンド from 大江戸時夫の東京温度 (2017年7月30日 0時37分)
    映画『ウィッチ』は、あのシャマランの『スプリット』で主演してたアニヤ・テイラー= ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ウィッチ』評価と感想/北の国から+シャイニング from eigamanzaiの映画レビュー (2017年7月27日 23時47分)
    清教徒一家が崩壊するまで ☆5点 予告編はこんな感じです 映画『ウィッチ』 公式予告編息詰まる“正しき世界”を離れ、幻想と悪夢の森を少女がさまよう―あなたはまだ、本当に恐ろしい魔女映画を知らない!愛する娘は魔女なのか?『スプリット』のアニヤ・テイラー=ジョイ主演 サンダンス映画祭 監督賞受賞 映画 『ウィッチ 』 公式サイト www.youtube.com 映画データはこちらからどうぞ (シネマトゥデイ) ウィッチ映画『ウィッチ』の作品情報:サンダンス映画祭監督賞のほか、世界各地の映画祭を席巻したフ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ウィッチ(The Witch)」の前評判 from えんたほ (2017年7月26日 12時2分)
    〔古代の悪魔に森で憑りつかれた少女達〕 The photo is provided by Paul Bird(Attribution 2.0 Generic) その接し方にもよりますが、日本だと神様が平気で人々に祟るんですよね。そんな様子は、キリスト教社会から見たら、神じゃなくて魔物だ、と映るのかもしれません。 現実世界のあれやこれや、全てが自分の腕力で動かせると自信の有る向きは、太古の超自然パワーなんか恐れたり頼ったりする必要も無いのですが、まぁ、最近増えた外国人観光客が、神前において失礼な態度を&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年7月17日の週の公開作品
  3. 『ウィッチ』