シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
坂道のアポロン
(C) 2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C) 2008 小玉ユキ/小学館
製作年:
2018年
製作国:
日本
日本公開:
2018年3月10日
上映時間:
製作幹事・配給・制作プロダクション:
アスミック・エース、
製作幹事・配給:
東宝
制作プロダクション:
C&Iエンタテインメント
カラー

見どころ:2012年にテレビアニメ版も放映された、小玉ユキのコミックを原作にした青春ドラマ。長崎県佐世保市へと引っ越してきた高校生の友情、恋、ジャズとの出会いを映す。『僕等がいた』シリーズなどの三木孝浩が監督を務める。『金メダル男』などの知念侑李、『ReLIFE リライフ』などの中川大志、『渇き。』などの小松菜奈、『結婚』などのディーン・フジオカらが顔をそろえる。ディーンが劇中で歌を披露するシーンも見どころの一つ。

あらすじ:親戚が住む長崎県佐世保市のとある町へと越してきた、高校1年生の西見薫(知念侑李)。周囲に心を開かずにいたが、ひょんなことから同級生で町のレコード屋の娘・迎律子(小松菜奈)と、素行の悪さで有名な川渕千太郎(中川大志)と言葉を交わすようになる。律子に恋心を抱き、千太郎と固い絆を育む薫。充実した日々を過ごす中、薫は千太郎を通じてジャズと出会い、その魅力に取りつかれ……。

坂道のアポロン
(C) 2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C) 2008 小玉ユキ/小学館

映画短評

  • くれい響
    セッションシーンは一見の価値アリ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    “何も残らなかった”前作『先生!』では危機感を感じたものだが、今回はしっかり残る三木孝浩監督作。一見ミスマッチにも思えた中川大志のバンカラキャラは悪くなく、先生の指の動きをトレースしてピアノを習得した知念侑李とのセッションシーンは素晴らしい。それによって、テーマである“音楽を奏でることの愉しさ”は十分伝わってくるが、BL寸前の野郎2人に挟まれた小松菜奈の使い方は、もったいない気がしないでもない。また、エピソードを端折った脚色により、郷愁感溢れる原作のテイストが薄味になってしまったことは否めない。レトロな色合いを求め、『モンガに散る』などの台湾青春映画の色合いを参考にしたこともあり、★おまけ。

予告編・動画

「坂道のアポロン」予告編
斎藤工&板谷由夏が『ダウンサイズ』など3月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
中川大志のドラム演奏がすごい!『坂道のアポロン』リハ映像

» 『坂道のアポロン』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009

(C) 2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C) 2008 小玉ユキ/小学館

ポスター/チラシ

  • 映画『坂道のアポロン』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督:
脚本: 高橋泉
原作: 小玉ユキ
主題歌: 小田和正

キャスト

西見薫:
川渕千太郎:
迎律子:
深堀百合香:
伯母:
松岡星児:
千太郎の父:
迎勉:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『坂道のアポロン』の映画ニュース

  • 映画『虹色デイズ』(7月6日公開)より、人気若手俳優の佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星が演じる登場人物たちのキャラクター画像がお披露目となった。 本作は、少女...ーマーとして活躍しており、中川は、映画『坂道のアポロン』や、4月スタートのドラマ「花のち晴れ~...
  • ハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)を卒業して5年。女優として本格始動し、着実にキャリアを積み重ねてきた真野恵里菜。とくに近年、話題作への出演が相次ぎ、2018年は...、映画『不能犯』『坂道のアポロン』などが立て続きに公開され、3月からはdT...
  • Hey! Say! JUMP の知念侑李が19日、都内で行われた映画『坂道のアポロン』公開御礼イベントに登壇し、原作者・小玉ユキからのサプライズ手紙に男泣きした。この日は、中川大...みをこぼしていた。(取材:錦怜那) 映画『坂道のアポロン』は全国公開中...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「坂道のアポロン」 from ここなつ映画レビュー (2018年4月4日 12時50分)
    青春映画の金字塔!とてもとても良かった。オーソドックスな展開だけれど爽やかな気持ちになった。心が洗われるというか。何よりジャズセッションのシーンがすごくいい!ふざけて吉本の漫才師風に言うと、イケメンさん(知念侑李)、イケメンさん(中川大志)、1人飛ばして(小松菜奈だからね)イケメンさん(ディーン・フジオカ)のイケメン祭りなのであるが、全然そんな風な観点から見ることはなかった。これってある意味すごいことだと思う。作品の世界観にそのまま入っていけたということなのだから。長崎県佐世保市の高校に家庭の事情で転校して ...[外部サイトの続きを読む]
  • 坂道のアポロン 評価と感想/合図は俺が出す、ファッキンテンポだ! from eigamanzaiの映画レビュー (2018年3月27日 17時31分)
    恋のペンタゴン ☆4.5点 月刊フラワーズで2007年から2012年まで連載され、2011年第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞した小玉ユキの同名漫画の実写映画化。 監督は三木孝浩、主演に知念侑李、中川大志、小松奈々、共演にディーン・フジオカ 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) 坂道のアポロン映画『坂道のアポロン』の作品情報:2012年にテレビアニメ版も放映された、小玉ユキのコミックを原作にした青春ドラマ。長崎県佐世保市へと引っ越してきた高校生の友情、恋、ジャズとの出会いを映す。『僕等がいた』&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「坂道のアポロン・・・・・評価額1600円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2018年3月17日 20時8分)
    ジャズが紡ぐ青春。 1966年の佐世保を舞台にした、パワフルな青春音楽映画。 父が亡くなったことで佐世保の叔母の家に越してきた、知念侑李演じる西見薫が、ひょんなことから誰もが恐れるバンカラ不良の川渕千太郎と出会う。 一見対照的な二人だが、音楽好きという共通項があったことから、千太郎の幼馴染で実家がレコード店を営む迎律子に導かれる様に、二人はジャズ仲間となる。 冷静沈着なピアニスト... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画 『坂道のアポロン』★初恋とJAZZと友情with千太郎の救い(^^)/ from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2018年3月11日 19時1分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173085/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・薫: 知念侑李 ・千太郎: 中川大志 ・淳一: ディーン・フジオカ☆  ←目当て☆(^^♪ 一言で言えば、高校時代の友情とJAZZと初恋の物語でした♪ JAZZセッションが、友情の魂の触れ合い♪を、感じさせてたのが 良... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年3月5日の週の公開作品
  3. 『坂道のアポロン』