松村北斗しか考えられない!『ライアー×ライアー』プロデューサー語る魅力

松村北斗(写真上)
松村北斗(写真上) - (C) 2021『ライアー×ライアー』製作委員会

 松村北斗SixTONES)の魅力を、映画『ライアー×ライアー』(公開中)の田辺圭吾プロデューサーが語った。

松村北斗のツンデレギャップ!『ライアー×ライアー』場面カット

 松村と森七菜がダブル主演を務める本作は、金田一蓮十郎の同名人気コミックを実写映画化した作品。恋愛経験ゼロの地味系女子大生・湊(森)と、両親の再婚で義理の弟になった同い年の透(松村)が、2人なのに三角関係となってしまうさまを描く。

[PR]

 田辺プロデューサーは、松村がジャニーズJr.時代に出演した『坂道のアポロン』(2018)も手掛けており、「役者としての可能性と人間としての面白さが頭に残っていて、どこかのタイミングでまたご一緒したい」と考えていたそうだ。そんな折、「今回の『ライアー×ライアー』という原作と出会い、読んでいるときに、透は、松村くんがぴったりだと、いや彼以外考えられないと思いながら読んでいた」と振り返る。

 また、「SixTONESでの活動などもあり、クールな影のある男子というイメージが先行しがちなのですが、彼の人間性は基本的には、少年のような人懐っこさというものが根幹にあるように思います。その先に、音楽や文学などを感情的に、アカデミックに吸収しているアーティスト的なキャラクターという面が出てくるイメージがあります。この二面性が同居する人間というところが最大の魅力」と明かす。

 松村演じる透は、とある理由で高校の制服にギャルメイクで街に出た湊を別人と信じて、恋をしてしまうという役どころ。クール系モテ男だったはずが、とことん一途な激甘男子に変貌するギャップが本作の見どころの一つでもある。そんな透を見事に演じ切った松村は、現在放送中のドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系)では天才ハッカー・小牧要役を担うなど、目覚ましい活躍を見せている。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]