シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

見どころ:『モンスター』などのシャーリーズ・セロン主演のアクション。腕利きのスパイが、奪還を命じられた最高機密のリストをめぐってし烈な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは『ジョン・ウィック』シリーズに携わってきたデヴィッド・リーチ。『X-MEN』シリーズなどのジェームズ・マカヴォイ、『バートン・フィンク』などのジョン・グッドマンらが共演する。

あらすじ:イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をとどろかすロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)に、新たな指令が下される。それは、何者かに奪われた最高機密クラスのリストを取り戻すというもの。ベルリンを訪れたロレーンを待ち受けていたのは、世界各国のスパイだった。すさまじい争奪戦の中、ロレーンは超人的な戦闘能力を発揮しながら立ちはだかる敵を倒し……。

アトミック・ブロンド
(C) 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • 清水 節
    疲弊した彼女をも輝かせる過激で生々しく果てしない実戦ファイト
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     長躯の優れたフィジカルで魅せると同時に、自らを傷つけることで逆説的に美貌を際立たせてきたシャーリーズ・セロンにとって、このスパイ大活劇はフュリオサ(マッドマックス~)後の大きな到達点。スタント/アクション指導のプロであるデヴィッド・リーチ監督による、過激で生々しく果てしない実戦ファイトは、格闘後の疲弊した彼女をも輝かせる術を十二分に心得ている。ベルリンの壁崩壊直前の1989年という混沌とした状況下、スパイ暗躍のアングラなムードを醸成する美術&音楽、超絶的キャメラワークも魅惑的。<ジェイソン・ボーン×ジョン・ル・カレ>というコンセプトに誤りはないが、物語の語り口がもどかしいのは何とも残念だ。

  • 相馬 学
    ある意味、フュリオサ様以上の存在感
    ★★★★
    »読む«閉じる

     シャーリーズの“男”性をアクション・ドラマに活かす、という点で『マッド・マックス/怒りのデス・ロード』的。今回はピンの主役なので、ヒロインのキャラはより際立った。

     痣だらけの裸身を氷風呂に浸す冒頭からして、エロチックと言うよりはスゴみを感じさせる。笑顔のないクールな表情はハードボイルドだし、ムダのないしなやかさは肉食獣的。

     アクションのスゴみは言うまでもなく、長回しによるビル内の格闘は最大の見せ場。オッと思ったのは、格闘が進むほどダメージを受けたヒロインの動きが鈍り、最後はヨレヨレになる点。リアリティを踏まえたこのヒロイン・アクション、なかなか硬派なのだ。

  • 山縣みどり
    シャーリーズに殴られたい男子が増えそう
    ★★★★
    »読む«閉じる

    壁崩壊後のベルリンを舞台にしたスパイものというジョン・ル・カレ小説っぽい展開をポップなアクションにした痛快作。スパイを演じるシャーリーズ・セロンのクールな役作りがまず猛烈にかっこいい。氷風呂で打撲を、心の隙間をフランスの女スパイで癒すあたりは女版007? 『ジョン・ウィック』監督コンビの片割れ、D・リーチ監督らしさを発揮するアクション演出が素晴らしく、シャーリーズはゴムホース1本で警官集団をなぎ倒し、疾走する車内で格闘を繰り広げる! 長身で筋肉質な彼女だから大男相手の格闘もリアルだし、殴られたいと思う男性もいるかも。D・ボウイやデペッシュ・モードといった時代を感じさせるサントラも効いている!

  • なかざわひでゆき
    シネフィル的小ネタもいかした超スタイリッシュ・アクション
    ★★★★
    »読む«閉じる

     壁が崩壊する直前の東西ベルリンを舞台に、盗まれた極秘情報の行方と裏切り者の存在を追う英国女スパイの活躍を描く。『ジョン・ウィック』の共同監督によるグラフィック・ノベルの映像化だが、意外にもジョン・ル・カレ的な本格スパイ物の要素も濃厚だ。
     とはいえ、やはり最大の見どころはシャーリーズ・セロンの超絶アクション。明らかにデビー・ハリーを意識したブロンド・ルックも決まっており、惚れ惚れするほどカッコいい。また、タルコフスキー監督『ストーカー』のワン・シーンを引用したり、ファスビンダー映画の女神バルバラ・スコヴァをカメオ出演させたり、BGMにさりげなくヴィソツキーを紛れ込ませたりするセンスもいかす。

  • くれい響
    “シャリ姐版『ジョン・ウィック』”にあらず
    ★★★★
    »読む«閉じる

    MI6のくせに、どこかギリギリな女スパイ。そんなまだまだあったシャーリーズ・セロンの魅力を引き出しながら、階段からカーチェイスまで7分半の1カット・アクションも容赦なし。決して斬新な話ではないが、1989年・東ベルリンという時代を使い、「ブルー・マンデー」から「アンダープレッシャー」まで、ベタながらしっかりアガるサントラや、エディ・マーサンなど贅沢な助演陣の使い方など、細かく計算して作っているのが伺える。デヴィッド・リーチ監督は、この一本で『ジョン・ウィック』で共同監督だった体育会系脳のチャド・スタエルスキとは、センスも志も違うことを魅せつけた。これなら次回作の『デッドプール2』も安心だ!

予告編・動画

シャーリーズ・セロンが最強女スパイに!映画『アトミック・ブロンド』特報
シャーリーズ・セロンが金髪の凄腕殺し屋役を熱演!映画『アトミック・ブロンド』本予告
シャーリーズ・セロン、血まみれのカーチェイスシーン 映画『アトミック・フ?ロント?』本編映像
斎藤工&板谷由夏が『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』など10月下旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『アトミック・ブロンド』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012
  • 写真013
  • 写真014

(C) 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

ポスター/チラシ

  • 映画『アトミック・ブロンド』ポスター
    ポスター
  • 映画『アトミック・ブロンド』ポスター
    ポスター
  • 映画『アトミック・ブロンド』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『アトミック・ブロンド』スパイIDカードケース
    スパイIDカードケース

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

脚本・製作総指揮: カート・ジョンスタッド
撮影監督: ジョナサン・セラ
プロダクションデザイナー: デヴィッド・ショイネマン
衣装デザイナー: シンディ・エヴァンス
スタントコーディネーター: サム・ハーグレイブ

キャスト

ロレーン・ブロートン:
デヴィッド・パーシヴァル:
スパイグラス:
エメット・カーツフェルド:
エリック・グレイ:
デルフィーヌ・ラサール:
ジェームズ・ガスコイン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アトミック・ブロンド』の映画ニュース

  • 映画『デッドプール』続編の初となるポスターが公開された。アメリカ人イラストレーター、ノーマン・ロックウェル氏の有名な感謝祭のイラストのパロディーで、子供たちに七...りで描いた前作は世界で大ヒットを記録。『アトミック・ブロンド』のデヴィッド・リーチ監督がメガホンを取...
  • ドラマ「リーガルハイ」などで知られる人気脚本家・古沢良太のオリジナル脚本を、新垣結衣、瑛太のダブル主演で描き出した映画『ミックス。』が、23日に興行通信社が発表し...シャーリーズ・セロン主演のアクション作『アトミック・ブロンド』は初登場10位。動員6万9,065人、興収9,1...
  • シャーリーズ・セロンが女スパイを演じた映画『アトミック・ブロンド』(全国公開中)のメイキング映像が公開され、同作で超絶な肉弾戦アクションに挑戦したシャーリーズの...、美しい……。(編集部・海江田宗) 映画『アトミック・ブロンド』は公開中...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「アトミックブロンド」の試写をみて from toomilog (2017年10月21日 12時35分)
    映画「アトミックブロンド」の試写を見てきました。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 殺人許可証を持つ美女:映画「アトミックブロンド(Atomic Blonde)」について from えんたほ (2017年8月10日 23時20分)
    Tweet Follow me ヤバい時代こそ、スパイはクールに決めろっ 「世界終末時計」という、シゲキ的な名前のものが存在します。 核戦争が勃発して世界が滅びるリスクを、真夜中0時までの残り時間で表したという、一種のサインがこの時計です。2017年8月現在では、破滅までの残り時間は2分30秒を指しています。 これは、世界が、ソビエト側と欧米側に分かれていがみあっていた、いわゆる東西冷戦の頃に、アメリカの原子力系の科学雑誌が掲載しはじめたもの。でも、現実の核戦争は起こらず、1991年にソビエト連邦が&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年10月16日の週の公開作品
  3. 『アトミック・ブロンド』