シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

見どころ:19世紀に活躍した伝説のエンターテイナー、P・T・バーナムを『X-MEN』シリーズや『レ・ミゼラブル』などのヒュー・ジャックマンが演じるミュージカル。空想家の主人公が卓越したアイデアと野心で世界中を熱狂させるさまと、ロマンチックな愛の物語が描かれる。監督はマイケル・グレイシー。ミシェル・ウィリアムズやザック・エフロンらが共演。『ラ・ラ・ランド』で第89回アカデミー賞歌曲賞を受賞した、ベンジ・パセックとジャスティン・ポールが音楽を担当している。

あらすじ:P・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)は妻(ミシェル・ウィリアムズ)と娘たちを幸せにすることを願い、これまでにないゴージャスなショーを作ろうと考える。イギリスから奇跡の声を持つオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)を連れてアメリカに戻った彼は、各地でショーを開催し、大成功を収めるが……。

グレイテスト・ショーマン
(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画短評

  • 相馬 学
    千両役者ヒュー様がクラシカルな世界に舞う!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     時代劇ということもあり、ミュージカル・シークエンスには振りや群舞に同ジャンルのクラシカルな香りが漂う。そういう意味では、ハリウッドの伝統が健在であることを示しており、ゴージャスなセットを含めてきらびやかな世界が楽しめる。

     そんなつくりに、『ラ・ラ・ランド』の作曲家チームが提供したポップ色濃いめの楽曲を組み合わせた点が妙味。必然的に、場面によってはダンスのスピード感が映える。

     しかし何と言っても、最大の主役はジャックマン。歌とダンスがお手の物であるのはご存じのとおりだが、超ポジティブで陽気な主人公像に血肉と、躍動感をあたえているのもお見事。グレイテスト・ショーマンと彼のことでもある。

  • 猿渡 由紀
    ブロードウェイのベテラン、キアラ・セトルの歌声がすごい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     オリジナルミュージカルとあって、一番の魅力は、新しい歌の数々。中でもこの映画の看板的な歌となった「This Is Me」は、かなりインパクトがある。歌っているのは、トニー賞に候補入りしたこともあるブロードウェイのベテラン、キアラ・セトル。さすが実力派だ。人と違っていてもいい、そんな自分を受け入れて自分らしく生きようというテーマは、トランプ時代の今、とくにタイムリーに感じられるもの。だが、映画全体としては、あくまで軽いエンタテインメント作品。深く考えさせるというより、現実を忘れて、しばしファンタジーの世界に浸らせてくれる映画だ。

  • なかざわひでゆき
    ミュージカルスター、ヒュー・ジャックマンの魅力が炸裂!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     実在の興行師P・T・バーナムをモデルに、貧しい苦労人の主人公が、身体障害者や有色人種などマイノリティばかりを集めた奇抜なショーで大成功するも、社会の偏見や差別にさらされ悪戦苦闘する姿を描くミュージカルだ。
     やはり最大の見どころはヒュー・ジャックマン。華麗な歌とダンスはもちろん、ロマンティックな男前ぶりにも一段と磨きがかかっており、惚れ惚れとするほど魅力的である。
     ただし、19世紀の物語に現代アメリカの社会問題を投影させた脚本は、テーマありきが過ぎて深みに欠ける。「(脚本を書く際に)テーマを予断してはいけない。登場人物と一緒に探るんだ」という名匠ポール・シュレイダーの言葉が脳裏をよぎった。

  • くれい響
    愛すべきライト感覚のミュージカル
    ★★★★
    »読む«閉じる

    「105分という上映時間をどう受け止めるか?」で、本作の評価は大きく変わってくる。スピーディな展開は心地良く、とにかく観やすいが、ドラマとしては描き切れてない部分やダイジェスト感もあるため、キャラに感情移入するのはなかなか難しい。また、『ラ・ラ・ランド』以上に“残る”楽曲やヴィジュアルであるにも関わらず、ミュージカル映画特有の重厚感・胃もたれ感はない。とはいえ、胡散臭い博物館から、見世物小屋を経てのサーカスに命を懸けた興行師の話だけに、彼の狂気やフリークス愛もしっかり描写。明らかに作り手が意識していた『ムーラン・ルージュ』には及ばないものの、愛すべきライト感覚のミュージカルに仕上がっている。

  • 平沢 薫
    映像そのものが俳優と一緒に踊り出す
    ★★★★
    »読む«閉じる

     日常にはない"驚異"で観客を楽しませようとする興行主の物語だから、普通のセリフや動作ではなく"歌と踊り"で表現される。だから"歌と踊り"の映像も、現実を超える、映画ならではの驚異的ビジュアルで描かれる。この姿勢が映画全編に貫かれている。監督にVFXマン出身の新鋭を起用したのも、このコンセプトのためだろう。その結果、映画の大部分が"歌と踊り"になり、音楽、身体表現、特殊効果映像の華麗な融合が展開する。それでいて"歌と踊り"の身体表現ならではの魅力は健在。ザック・エフロンがヒュー・ジャックマンと2人で歌い踊る時に、相手とは微妙に異なる音程と動きを試みる、そんな気配も捉えられている。

  • 森 直人
    「一般向け」に徹したハイボルテージ良品
    ★★★★
    »読む«閉じる

    まさに『地上最大のショウ』(52年)ばりのサービス精神! 楽しい中に涙もあり、わかりやすく面白い。『バーナム』(86年)ではB・ランカスターが演じた伝説の興行師をH・ジャックマンが熱演。本物を検索するとルックス的にだいぶ盛っているのが判るが(笑)、内容もフィクショナルな華々しさで押し切っている。

    構造は身も蓋もなく言うと『レ・ミゼ』+『SING』ながら、サーカスの起源をマイノリティ賛歌に読み直すのは現代的かつB・コンドン的。個人的には劇評家との“ちょっといい関係”がお気に入り。偽物や際物と揶揄された新奇な見世物(エンタメ)が、いかに本物の認知と評価を獲得していくかを描いた大衆芸術論でもある。

  • 斉藤 博昭
    素直に楽しむべきか? 心に深くアピールする何かを求めるか?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ミュージカル映画に何を求めるか? その嗜好によって、大きく評価が分かれる作品だと思う。

    『ラ・ラ・ランド』のコンビによる曲の数々は統一感があり、ジーン・ケリーとフレッド・アステアも重ねたくなるヒューとザックの掛け合いダンスは永遠に観ていたい。ただ、振付全体では、ロマンチックさが要求される部分も激しかったり、要するにメリハリに欠ける。

    ドラマ部分も各人物の内面まで入り込まず、どんどん進んでいくので、感情移入しづらい。ゆえに多様性というテーマも頭では理解できても、心にまで訴えてこないのが残念。これが舞台の作品なら歌とダンスに素直に圧倒されただろう。ミュージカル映画の理想に思いを巡らせる一本。

予告編・動画

ヒュー・ジャックマンが歌う『グレイテスト・ショーマン』予告編
ヒュー・ジャックマン主演ミュージカル!映画『グレイテスト・ショーマン』予告編
ヒュー・ジャックマンらが圧巻ライブパフォーマンス!『グレイテスト・ショーマン』特別映像
登美丘高校ダンス部 ×『グレイテスト・ショーマン』!特別映像

» 『グレイテスト・ショーマン』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

ポスター/チラシ

  • 映画『グレイテスト・ショーマン』ポスター
    ポスター
  • 映画『グレイテスト・ショーマン』ポスター
    ポスター

キャスト

P・T・バーナム:
フィリップ・カーライル:
チャリティ・バーナム:
ジェニー・リンド:
アン・ウィーラー:
レティ・ルッツ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『グレイテスト・ショーマン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「グレイテスト・ショーマン」@TOHOシネマズ新宿 from 新・辛口映画館 (2018年3月31日 19時44分)
    公開から45日位経った平日の夕方。このシネコンで一番大きい劇場スクリーン9には、6割位の客入りで客年齢は若い。プラス200円払ってドルビーアトモス、字幕版を鑑賞した。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「グレイテスト・ショーマン」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2018年3月22日 0時48分)
    本当はもっと早く見たかった!が、姪っ子(末)の都合に合わせて今日、やっと鑑賞。しかし、チケットを用意したのは姉なのですが、席が取れなかったのが前方の端でポジション的には残念。これについては終わりに書くとして…映画としてはここ数年ではトップクラス。未見… ...[外部サイトの続きを読む]
  • グレイテスト・ショーマン・・・・・評価額1650円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2018年2月28日 21時47分)
    ショーが魂の呪縛を解く。 19世紀に一世を風靡した伝説的なアメリカの興行師、P・T・バーナムの半生をモデルとしたミュージカル。 極貧の中で育ち、幼なじみの名家の令嬢チャリティと結婚したバーナムは、家族を幸せにするために、様々な個性を持った人々を集め、誰も見たことのないショーを作り上げる。 タイトルロールを演じるのは、「レ・ミゼラブル」の美声が記憶に新しいヒュー・ジャックマン。 妻... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヒュー・ジャックマンの知られざる軌跡と映画「グレイテスト・ショーマン」 from エンターテイメント日誌 (2018年2月22日 5時29分)
    評価:A 映画公式サイトはこちら。 ミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」 ...[外部サイトの続きを読む]
  • グレイテスト・ショーマン 評価と感想/楽曲にとにかく感動する from eigamanzaiの映画レビュー (2018年2月21日 21時32分)
    キレキレのダンスもよい ☆5点 19世紀にアメリカで活躍した実在の興行師P・T・バーナムをモデルに『ラ・ラ・ランド』の音楽チームが手掛けたオリジナルミュージカル映画で監督はマイケル・グレイシー。主演はヒュー・ジャックマン、共演にザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) グレイテスト・ショーマン映画『グレイテスト・ショーマン』の作品情報:19世紀に活躍した伝説のエンターテイナー、P・T・バーナムを『X-MEN』シリーズや『レ・ミゼラブル』&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年2月12日の週の公開作品
  3. 『グレイテスト・ショーマン』