シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
バッド・ウェイヴ
(C) 2016 VENICE PL, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
ONCE UPON A TIME IN VENICE
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年10月7日
(新宿バルト9ほか)
上映時間:
配給:
クロックワークス
協力:
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
製作会社:
Voltage Pictures
カラー/ビスタサイズ/デジタル上映/DCP5.1ch

見どころ:『ダイ・ハード』シリーズなどのブルース・ウィリスが主演するアクション。友人の頼みを引き受けたことで、ギャングや麻薬が絡んだトラブルに巻き込まれる探偵の姿を描く。メガホンを取るのは、脚本家やプロデューサーとして活躍してきたマーク・カレン。共演に『バートン・フィンク』などのジョン・グッドマン、ドラマシリーズ「スターゲイト:アトランティス」などのジェイソン・モモア、『96時間』シリーズなどのファムケ・ヤンセンらが顔をそろえる。

あらすじ:ロサンゼルス近郊の町ヴェニスで、探偵業を営むスティーブ(ブルース・ウィリス)は、大切な友人からギャングのボスのスパイダー(ジェイソン・モモア)に奪われた車を取り戻してほしいという依頼を受ける。銃撃戦の末に車を取り戻したが、スパイダーに愛犬のバディを誘拐されてしまう。彼のアジトに乗り込むスティーブだが、スパイダーからドラッグとバディと共に行方をくらました彼の妻を捜すよう頼まれ……。

バッド・ウェイヴ
(C) 2016 VENICE PL, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    アラ還にして全裸でスケボーを乗り回すブルース・ウィリスの勇姿
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     同じくブルース・ウィリスが主演したケヴィン・スミス監督作『コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら』の脚本を手掛けたマーク・カレンの監督デビュー作。なるほど、下ネタギャグ満載のユル~いストーリー展開も納得。というか、本当に存在したら激ヤバな「ベラルーシ式蝶ネクタイ」など、人を食ったお下劣ジョークを含めてケヴィン・スミス色はかなり濃厚だ。
     ギャングに愛犬を誘拐された私立探偵のドタバタを演じるウィリスは、全裸でスケボーを乗り回して街を滑走したり(しかもケツにピストル隠して)、女装のままオネエ集団に追いかけられたりと大活躍。ただ、カレン監督の演出はダラダラとし過ぎで、脚本の面白さが生かされていない。

  • 猿渡 由紀
    ベニスという街の個性がよく出ている
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    L.A.の有名な観光地ベニスビーチは、最近、スナップチャットなどテク関係の会社が移ってきたりして家賃が高騰。大手が経営するおしゃれな店ができる中、昔からの小さな店や住人が追い出される問題が起きているが、一方で、ちょっと危ない人たちもまだ残っている。そういう「今」のベニスをつかんでいるのが今作。「コメディ映画なので誇張されているけどこういう人いるよね」と思わせるキャラクターが登場する。中でも良い味を出しているのが、すごく恐ろしい男という設定のジェイソン・モモア。これを見て、彼がアクアマンをどう演じるのか、楽しみになってきた。

予告編・動画

ブルース・ウィリス主演!映画『バッド・ウェイヴ』予告編
4年ぶりのブルース・ウィリス単独主演作 映画『バッド・ウェイヴ』特別映像

» 『バッド・ウェイヴ』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011

(C) 2016 VENICE PL, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ポスター/チラシ

  • 映画『バッド・ウェイヴ』ポスター
    ポスター
  • 映画『バッド・ウェイヴ』チラシ
    チラシ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年10月2日の週の公開作品
  3. 『バッド・ウェイヴ』