シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ひいくんのあるく町

ひいくんのあるく町
(C) 水口屋フィルム
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年9月2日
(ポレポレ東中野ほか)
上映時間:
製作:
日本映画大学
配給:
水口屋フィルム
DCP/カラー

見どころ:少子高齢化問題に直面する町の現実を、一人の男性を軸に捉えたドキュメンタリー。シャッターの下りた店が目立つ商店街を歩くひいくんと呼ばれる男性を追いながら、町の人々と彼の長年にわたる交流や商店街の変遷をひもとく。監督は、この地域の出身の青柳拓。かつては日本中にあったような風景を映し出す。

あらすじ:山梨県の甲府盆地の南にある市川大門。監督の青柳拓が生まれ育ったその地区では、ヘルメット姿の風変わりな男性がいつも歩いていた。その男性は商店街の店や人を手伝い、「ひいくん」と呼ばれて親しまれている。監督の叔父で、かつて商店街で電気店を営んでいた青柳正輝さんが撮影した写真に写る活気あふれる様子と比べて、現在の町の姿は様変わりしたが、ひいくんは変わらず町を歩き続けていた。

ひいくんのあるく町
(C) 水口屋フィルム

映画短評

  • 森 直人
    この監督は町の中に残り続けるイノセンス=希望を追いかけていく
    ★★★★
    »読む«閉じる

    町はずれのホームセンターにいる「ひいくん」にカメラがついていくところから、次第にひとつの共同体の歴史と現在、不思議な有機性が見えてくる。場所は山梨・市川大門。甲府のシャッター街を映し出した大作としては空族の『サウダーヂ』があるが、こちらはわずか47分で、日本社会のある断面のずいぶん奥深くまで案内してくれる。

    これを日本映画大学の卒業制作として撮った監督・青柳拓は、自らが直面した問題に素直に反応し、そこから生じた疑問に向け、ぴったり等身大のサイズで次の思考と行動につなげていく。戦略や野心どころか、余計な自意識すら絡むことがない。目の前の物事を身の丈でまっすぐ見つめるニュートラルな知性は宝だ。

予告編・動画

映画『ひいくんのあるく町』予告編

» 『ひいくんのあるく町』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012

(C) 水口屋フィルム

ポスター/チラシ

  • 映画『ひいくんのあるく町』ポスター
    ポスター
  • 映画『ひいくんのあるく町』チラシ
    チラシ
  • 映画『ひいくんのあるく町』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
プロデューサー・録音: 植田朱里
副プロデューサー: 熊澤海透
撮影: 山野目光政
録音: 福田陽
編集: 朝野未沙稀
アドバイザー: 安岡卓治 / 島田隆一 / 山内大堂 / 辻井潔
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年8月28日の週の公開作品
  3. 『ひいくんのあるく町』