シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ジオストーム
(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
英題:
GEOSTORM
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2018年1月19日
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

見どころ:天候をコントロールする気象宇宙ステーションが暴走するさまを描いたディザスターアクション。未曾有の災害が同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐために奔走する主人公を、『300 <スリーハンドレッド>』などのジェラルド・バトラーが熱演する。その弟に『ハイネケン誘拐の代償』などのジム・スタージェスがふんするほか、エド・ハリス、アンディ・ガルシアらが共演。『インデペンデンス・デイ』シリーズなど携わったディーン・デヴリンが監督を務めた。

あらすじ:天候を意のままにできる宇宙ステーションが開発された近未来、地球は未曾有の自然災害に襲われることがなくなる。ところが運用開始から2年後、宇宙ステーションがウイルス感染して暴走し各地で異常気象を引き起こしてしまう。巨大災害が同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐため、宇宙ステーションの開発者ジェイク(ジェラルド・バトラー)と彼の弟マックス(ジム・スタージェス)が立ち上がる。

ジオストーム
(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画短評

  • 清水 節
    驚きはないものの安定の破壊っぷりはポップコーン片手に楽しめる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     天才科学者ジェラルド・バトラーとアンディ・ガルシア大統領の国で起きる最悪の事態は、既視感満載。監督の元相棒エメリッヒのブレイク作、気象衛星悪用をめぐる政治陰謀サスペンス『スペースノア』(『ディストラクション/地球滅亡』)のアップデート版と考えれば、穏やかな心持ちになる。天変地異に驚きはないものの、安定の破壊っぷりはポップコーン片手に楽しめる。アビー・コーニッシュの活躍と天才子役タリタ・ベイトマンに眼を奪われていると、意外な悪人が聞き覚えのある犯行動機を口にした。「アメリカが再び偉大になるために!」。案外このバカ騒ぎは、知性を欠いた為政者が罵り合う世界の映し鏡かもしれないと身も凍りつく。

  • くれい響
    ヘルナンデス!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    どこか『パシフィック・リム』な導入に、『トランスフォーマー』(新シリーズの方)から、やっぱり『アルマゲドン』になる主人公の状況と、既視感アリアリのなか、まさかの陰謀サスペンスに突入! で、肝心のディザスターシーンはあるにはあるが、それ目的で、わざわざ4DXを選ぶまでもないといったところか。一部で話題のチェック柄男子を演じるダニエル・ウーの香港映画ファンを裏切らない展開や、アビー・コーニッシュの覚醒っぷり、まさかのロケットランチャー発射まで、長編映画初監督となるディーン・デブリンはエンタメを分かってるといえば、分かってる。ただ、単なるビギナーズラックかもしれない、という一抹の不安も感じる。

  • なかざわひでゆき
    ひとまずディザスター映画として平均点以上の仕上がり
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     監督はローランド・エメリッヒの相方ディーン・デヴリン。だからなのだろうけど、気象コントロール衛星の運用を巡る政治的陰謀サスペンスを描く基本プロットは初期エメリッヒ作品『スペースノア』そっくりで、世界各地で起きる異常気象パニックのスペクタクルは完全に『デイ・アフター・トゥモロー』。そこへ『アルマゲドン』的な感動要素も盛り込まれ、どこかで見たような展開だらけなことは否めない。
     ただ、ジェリー・ブラッカイマーの指導によるリライト&撮り直しが功を奏した面もあってか、ひとまず平均点レベル以上のディザスター映画には仕上がっている。思いきり金のかかったアルバトロス作品というくらいの気持ちで臨まれたい。

  • 斉藤 博昭
    地球危機をこんな人たちに任せて大丈夫?という危うさも魅力
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    世界規模のパニックに、特定の人物の“個人規模”なヒューマンドラマを組み合わせる。好き嫌いは別として、ローランド・エメリッヒ監督の得意技をきっちりと継承した一作。卵が一瞬で目玉焼きになる道路に平気で人間が立ってたりなどツッコミを入れる余裕もないほど、圧倒的な天変地異のスペクタクル映像が畳み掛けられ、ある種のカタルシスを得られるのは間違いない。

    出てくるキャラクターが一様に「この人に、地球の運命を託して大丈夫?」という危なっかしさを漂わせてるのも、ご愛嬌。その中で、極秘情報の解析を任されるデイナという女性がインパクト大。外見からは予想もつかない活躍に、ギャップ萌えしてしまうだろう。

  • 平沢 薫
    これはもう異常気象のレベルを超えた"超常気象"
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     世界中の天候を制御する気象コントロール衛星が暴走して異常気象が発生。この設定で、異常気象の映像がニュースでおなじみの昨今、驚愕映像が見られるのか。その心配は不要。この映画で発生するのは、ただの異常気象ではなく、SFレベルのいわば超常気象。走っている人間が寒波で凍る。そんな超常気象が世界各地で起きる。なにしろ監督は、プロデュース及び脚本でローランド・エメリッヒ監督のディザスター映画「インデペンデンス・デイ」とその続編に参加したディーン・デブリン。あのシリーズに通じるスケールとテイストだ。気象衛星暴走の背後には陰謀があり、衛星設計者兄弟の人間ドラマもあるが、まずは派手なVFX映像が見もの。

  • 森 直人
    パニックごった煮!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    「細かいことは一切気にしない」というルールを自分の中で決めてから臨むと、これは本当に見モノ!(点数はそこに則ったものです)。エメリッヒの諸作や『イントゥ・ザ・ストーム』『カリフォルニア・ダウン』等の成果に上乗せし、ひたすら記録更新を目指す地球破壊。展開もめっちゃ豪快。ジェラルド・バトラー扮する天才科学者が全世界の天候を操作・管理できる衛星システムを発明したという初期設定なのだから……もはや何が起こってもおかしくない!

    王道のディザスター映画のやみくもな進化形。『ゼロ・グラビティ』がハリウッドにもたらした影響のでかさも再確認。ちなみにお話は、あるアングルから見ると『宇宙兄弟』に似ています。

予告編・動画

巨大雹、マグマ、竜巻が人類を襲う!映画『ジオストーム』予告編
違和感なし!ブルゾンちえみ、キャリアウーマン役で声優初挑戦 映画『ジオストーム』吹き替え本編シーン&日本語吹替え版予告
銀座が壊滅!ディザスター大作『ジオストーム』本編映像

» 『ジオストーム』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ポスター/チラシ

  • 映画『ジオストーム』ポスター
    ポスター
  • 映画『ジオストーム』チラシ
    チラシ
  • 映画『ジオストーム』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ジェイク・ローソン:
マックス・ローソン:
サラ・ウィルソン:
ウーテ・ファスビンダー:
チェン・ロン:
アル・ヘルナンデス:
レナード・デッコム:
アンドリュー・パルマ大統領:
ジェイク・ローソン:
マックス・ローソン:
サラ・ウィルソン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ジオストーム』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『ジオストーム』★デザスター&パニック&陰謀etc.を〆るジェリー♪ from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2018年1月24日 19時58分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169534/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・ジェイク :ジェラルド・バトラー  (=ジェリー♪) 予告編でデザスター映画だと思っていましたが そーでもなく、でも面白いとの記事を拝見しまして ジェリー目当てもあり、鑑賞しました☆(注:ジュリーではない(^^♪) 異常気象... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ジオストーム」:中学生レベルの脚本なんだけど・・・ from 大江戸時夫の東京温度 (2018年1月21日 21時55分)
    映画『ジオストーム』は、相当にバカバカしいホラ話。ってゆーか、なんか中学生が書い ...[外部サイトの続きを読む]
  • ジオストーム 評価と感想/一瞬、不都合な真実になりかけたんだが from eigamanzaiの映画レビュー (2018年1月20日 17時19分)
    ディザスターというより政治陰謀サスペンス ☆2.5点 ディザスター映画の第一人者ローランド・エメリッヒ監督の右腕的存在ディーン・デヴリンによる初監督作品。 異常気象対策のために作られた気象コントロール衛星の暴走を描いたパニック映画で主演にジェラルド・バトラーとジム・スタージェス 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) ジオストーム映画『ジオストーム』の作品情報:天候をコントロールする気象宇宙ステーションが暴走するさまを描いたディザスターアクション。未曾有の災害が同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオス&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年1月15日の週の公開作品
  3. 『ジオストーム』