シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ローガン・ラッキー
(C) 2017 Incarcerated Industries Inc. All Rights Reserved.
英題:
LOGAN LUCKY
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年11月18日
(TOHOシネマズ 日劇ほか)
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント / STAR CHANNEL MOVIES
提供:
東北新社
製作会社:
FINGERPRINT RELEASING
カラー

見どころ:『トラフィック』や『オーシャンズ』シリーズなどのスティーヴン・ソダーバーグ監督がメガホンを取ったクライムムービー。カーレース「NASCAR」の売上金強奪をもくろむ兄弟と爆破のプロフェッショナルの姿を追う。『マジック・マイク』『フォックスキャッチャー』などのチャニング・テイタム、『ハングリー・ハーツ』などのアダム・ドライヴァー、『007』シリーズなどのダニエル・クレイグのほか、ヒラリー・スワンク、ライリー・キーオらが出演。

あらすじ:脚が不自由で仕事も家族も失ったジミー(チャニング・テイタム)は、人生を一変させようと犯罪計画を立てていた。それはカーレース「NASCAR」が開催されるサーキット場の金庫から、大金を強奪するというものだった。片腕を失った元軍人の弟クライド(アダム・ドライヴァー)、カーマニアの妹メリー(ライリー・キーオ)、爆破のプロで服役中のジョー(ダニエル・クレイグ)を仲間に迎えるジミー。ジョーを脱獄させて金庫を爆破し、再び彼を獄中に戻す大胆不敵な計画は順調に進んでいたように思えたが……。

ローガン・ラッキー
(C) 2017 Incarcerated Industries Inc. All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    弱者の悲哀も浮かぶ負け犬版『オーシャンズ11』
    ★★★★
    »読む«閉じる

     言うなれば、田舎の負け犬版『オーシャンズ11』。離婚やリストラで人生ドン詰まりの主人公が仲間を集め、一発逆転を狙って現金強奪作戦の賭けに出る。
     綿密に練られた強奪計画の大胆さと面白さはオーシャンズも顔負け。作戦成功のカギを握る爆破師の脱獄計画も同時進行で絡む。脚本の出来栄えが素晴らしい。一癖も二癖もあって、いまひとつ信用ならない仲間たちのユニークなキャラも抜群に光る。
     浮き彫りにされるのは、コツコツと真面目に努力しても報われず、社会の底辺から抜け出そうにも抜け出せない庶民の悲哀。もちろん、だからといって犯罪が許されるわけではないが、そこもきっちりとフォローされているところが心憎い。

  • 山縣みどり
    もしもチャンがスターになってなかったら?が想像できるよ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    スティーブン・ソダーバーグ監督のハリウッド復帰作らしく人気スターがご祝儀共演する華やかな強盗コメディは、しっかりと練り上げられた脚本が勝利の要。強盗ものに必須の隙のない犯罪計画をはじめ、主要キャラを取り巻くドラマや関係性、爆笑のコミック・リリーフとほぼ完璧。さらには舞台となる南東部の貧困を感じさせる設定も用意し、主人公ジミーの境遇を強調する。怪我でアメフト選手の夢を断たれ故郷に戻った主人公は、演じるC・テイタムと重なる部分も多く、彼がハリウッド入りしなかったらジミーみたいになっていたかもと思うほど。意外なお笑いセンスを披露するD・クレイグも魅力的だし、S・マクファーレン周りは鉄板の面白さ!

  • くれい響
    ぶっちゃけ、『オーシャンズ』より面白い!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    どこか『ワイスピ』感もあるポスターヴィジュアルながら、そこはネタにもしてしまうソダーバーグ監督復帰作。『パターソン』に続き、もっさり感満載のアダム・ドライバーに、『レイヤー・ケーキ』の頃の狂気を感じさせるダニエル・クレイグら、芸達者な役者それぞれに見せ場を用意、爽快なタネ明かしまで楽しませるオフビート・コメディとして見応え十分だ。こちらもネタにしている『オーシャンズ』シリーズのような派手さや、スピード感はないものの、ない知恵を振り絞り、アナログなテクで強盗計画に挑む愛すべきダメ人間たちへの賛歌として、コーエン兄弟らしさもあり、ソダーバーグに思い入れのない方が心底楽しめる気もする。

  • 平沢 薫
    濃いキャラ同士のぶつかり合いが楽しい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     個性派キャラが集まって強盗計画、という設定は本作のソダーバーグ監督自身の「オーシャンズ」シリーズと同じだが、本作の首謀者であるローガン家の兄弟妹は盗みのプロでもなんでもなく、かなりアブナい性格なので、ドラマ展開はまったく違う。見事な計画にアクシデントが起きるのではなく、その計画自体がどういうものなのかが、少しずつ明らかになっていくという趣向だ。
     さらに見ものなのが濃いキャラクター同士のぶつかり合い。他作品での役を重ねると、ガンビットとカイロ・レンが兄弟で仲間が007、ウィンター・ソルジャーもちらっと登場の豪華さ。中でもダニエル・クレイグの007のクールさとは真逆の怪演ぶりが楽しい。

  • 森 直人
    冴えた脚本、役者、選曲でソダーバーグ、万全のカムバック!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『フリー・ファイヤー』に続き肝はジョン・デンバー! 彼がファット・シティの二人と名曲「カントリー・ロード」を作った経緯の冒頭ネタから吸引力抜群。テイタム&ドライヴァー(ボブ・シーガーのTシャツ着てたり)の異色バディ感、007の反動のような極悪クレイグも最高。まさに上質の娯楽映画!

    ユナボマー、リアーナ、『ゲーム・オブ・スローンズ』など、雑多な固有名詞の鏤め方を含めてタランティーノ調とも言えるが、同時にアルトマン的諧謔(リアン・ライムスの愛国歌!)もあり、これを完璧にこなせるのは祝・引退宣言撤回のソダーバーグしかいないという結論。ヒネリの利いた構造で本領発揮、『オーシャンズ』より何倍も面白い。

予告編・動画

『ローガン・ラッキー』予告編
これ本当にダニエル・クレイグ?映画『ローガン・ラッキー』本編映像
斎藤工&板谷由夏が『ジャスティス・リーグ』など11月中旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『ローガン・ラッキー』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『ローガン・ラッキー』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『ローガン・ラッキー』ドル・バッグ
    ドル・バッグ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ローガン・ラッキー』の映画ニュース

  • ホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キング原作の映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が20日、興行通信社が発表した土日2日間(11月18~19日)の全国映画...作となるクライム・エンターテインメント『ローガン・ラッキー』は9位スタート。動員4万6,161人、興収5,...
  • 映画監督復帰作『ローガン・ラッキー』を引っ提げ来日したスティーヴン・ソダーバーグ監督が取材に応じ、映画作りの裏側と本作のために立ち上げた新たな形の映画ビジネスに...けではないということだね(笑)」。 ![『ローガン・ラッキー』](0.jpg "撮影も自分でするソダーバーグ...
  • 『トラフィック』や『オーシャンズ』シリーズなどのスティーヴン・ソダーバーグ監督がiPhoneで撮影した話題作『アンセイン(原題) / Unsane』の米公開が、来年3月23日(現...リーカー・ストリートは、日本で公開中の『ローガン・ラッキー』を共に手掛けた関係。ソダーバーグ監督は...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ローガン・ラッキー 評価と感想/欲張りすぎない、引き際が大事 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年11月21日 10時57分)
    疲弊したアメリカ社会に放つ、鼠小僧的痛快義賊物語 ☆4点 映画監督を引退していたスティーヴン・ソダーバーグが正体不明の脚本家レベッカ・ブラントの初脚本に魅せられ復帰したクライム・コメディ。 主演はチャニング・テイタム、共演にアダム・ドライヴァーとダニエル・クレイグ 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) ローガン・ラッキー映画『ローガン・ラッキー』の作品情報:『トラフィック』や『オーシャンズ』シリーズなどのスティーヴン・ソダーバーグ監督がメガホンを取ったクライムムービー。カーレース「NASCAR」の&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:ローガン・ラッキー LOGAN LUCKY 映画マニア監督ソダーバーグの引退撤回 → 再登板の出来は?! from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2017年11月17日 0時11分)
    引退したはずのソダーバーグが復活! 4年ぶり。 まずは豪華俳優陣が目を引く。 最近 売れっ子、チャニング・テイタム(写真:右) ダースベーダー男、アダム・ドライバー(写真:左) 007現役男優、ダニエル・クレイグ(写真:中央) 締めにくるのが... ...[外部サイトの続きを読む]
  • チャニング・テイタム発案の細密な強奪計画とその顛末:映画「Logan Lucky」について from えんたほ (2017年9月15日 18時3分)
    Tweet Follow me どうせやるなら、人生大逆転を賭けて・・・ 人生は上手く行かない事が多いですので、そんな時は、いっそのこと全部をひっくり返して、とんでもない行動に出てしまいたい、と、お考えになる方も多いでしょう。 そうですね、例えば、消費者からズル賢く金を巻き上げている通販会社なんかを襲って、汚れたマネーを全部ぶん取ってやる、なんて出来たら、さぞスッキリするんだと思います。 まぁ、どんな行動に出るにしても、あなた自身には一応、正当な理由があるのですからOK。かもしれませんが、それを行っ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年11月13日の週の公開作品
  3. 『ローガン・ラッキー』