シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
否定と肯定
(C) DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016
英題:
DENIAL
製作年:
2016年
製作国:
イギリス/アメリカ
日本公開:
2017年12月8日
(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:
配給:
ツイン
カラー/シネマスコープ/5.1ch

見どころ:ナチスドイツによるホロコーストをめぐり、欧米で論争を巻き起こした裁判を基に描かれた法廷劇。ユダヤ人歴史学者をオスカー女優のレイチェル・ワイズ、ホロコースト否定論を唱える歴史学者を『ターナー、光に愛を求めて』などのティモシー・スポールが演じるほか、名優トム・ウィルキンソン、『007 スペクター』などのアンドリュー・スコットらが共演。『ボルケーノ』などのミック・ジャクソンがメガホンを取った。

あらすじ:1994年、イギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィング(ティモシー・スポール)が唱えるホロコースト否定論を自著「ホロコーストの真実」で否定していたユダヤ人の女性歴史学者デボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)は、アーヴィングから名誉毀損(きそん)で提訴される。やがて、法廷で対決することになった彼女のサポートのためイギリス人による大弁護団が結成され、歴史の真実の追求が始まり……。

否定と肯定
(C) DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016

映画短評

  • なかざわひでゆき
    真実を伝えることの難しさと重要性を痛感する力作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ナチスによるホロコーストは本当に実在したのか?あまりに証拠があり過ぎて論議の余地などないように思われるが、しかし歴史に限らず様々な学術分野において、事実をねじ曲げたり都合よく解釈するなどして、注目や支持を集めようとする「トンデモ論者」が現われる。近ごろ流行りのフェイクニュースなども同類だ。
     本作ではホロコースト否定論者に訴えられた大学教授が、自らホロコーストの存在を立証せねばならなくなる。簡単なようでいて実は非常に厄介だ。相手はいくらでも揚げ足を取るし、同じ土俵に立てば相手の主張に信憑性が増す。真実を伝えることの難しさと重要性は、情報化社会の今だからこそ尚さら痛切に感じられる。

  • 清水 節
    怪しげな歴史修正主義者を論破するために必見の理知的な法廷映画
    ★★★★
    »読む«閉じる

     歴史的な法廷闘争の実話に基づく映画化は、今現在を考える上でタイムリーだ。邦題『否定と肯定』は、ナチスによるホロコーストは「なかった/あった」を争った裁判だとミスリードする危険性を孕む。原題は『否定』。明らかに虚偽のトンデモ説を同等に並べず、同じ証言台に立たせないことこそ本裁判における弁護団の戦術の核心である。声の大きな歴史修正主義者の言説がまことしやかに流布されるSNS時代、屈折した感情を抱き、捏造目的のある輩が吹っ掛ける議論の罠に如何に対応すべきか、この映画は教えてくれる。トンデモ説でも心から信じていれば言論の自由が適用される。ではどうやって修正主義者を論破したのか。劇場で確かめてほしい。

  • 山縣みどり
    オルタナティブファクトをまかり通させないことが重要
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ナチスのホロコースト否定論者から名誉毀損で告訴された歴史学者のバトルは、トランプ大統領のせいでまかり通っているオルタナティブファクトの危険性に警鐘を鳴らす。学者役のR・ワイズも熱演だが、心を動かされたのはトム・ウィルキンソン演じる弁護士。CSI的に集めた事実を積み重ねて検証Sし、ホロコースト否定論を法廷で力強く論破していく姿がヒロイックだ。一方、否定論者役のT・スポールも別の意味で素晴らしく、観客から100%嫌悪される差別主義者を怪演。法廷場面は非常に見応えがある。それにしても、歴史に修正はつきものだが、記録された歴史が事実であるか否かを確認するのは困難な作業だとつくづく感じた。

予告編・動画

ホロコーストは実在したのか?衝撃の裁判を描く 映画『否定と肯定』予告編
斎藤工&板谷由夏が『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』など12月中旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『否定と肯定』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016

ポスター/チラシ

  • 映画『否定と肯定』ポスター
    ポスター
  • 映画『否定と肯定』チラシ
    チラシ
  • 映画『否定と肯定』チラシ
    チラシ

キャスト

デボラ・E・リップシュタット:
リチャード・ランプトン:
デイヴィッド・アーヴィング:
アンソニー・ジュリアス:
ジェームズ・リブソン:
ローラ・タイラー:
サー・チャールズ・グレイ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『否定と肯定』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「否定と肯定」:都内1館ではもったいない from 大江戸時夫の東京温度 (2018年1月6日 23時50分)
    映画『否定と肯定』は、非常に真面目で優れた作品。ただドラマティックな起伏やエンタ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「否定と肯定」 from エンターテイメント日誌 (2017年12月25日 16時35分)
    評価:B 原題はDenial、「否定」。公式サイトはこちら。 1996年に起こ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「否定と肯定・・・・・評価額1650円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2017年12月14日 20時15分)
    歴史は司法で裁けるのか。 1996年、英国の歴史研究家デヴィッド・アーヴィングが、自分のことをホロコースト否定論者だと自著で中傷したとして、現代ユダヤ史を専門とする歴史学者、デボラ・リップシュタット教授と出版社のペンギンブックスを名誉毀損で訴えた実際の裁判、「アーヴィングvsペンギンブックス・リップシュタット事件」の映画化。 面白いのは英国の司法制度では、日本やアメリカなどとは逆に、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 否定と肯定 評価と感想/冷静な弁護団と感情的な依頼人 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年12月13日 18時0分)
    法廷劇として面白いが思うところもあり ☆4点 デボラ・E・リップシュタットの回想録「History on Trial: My Day in Court with a Holocaust Denier」を元にしたアーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件の映画化で、監督はミック・ジャクソン、主演はレイチェル・ワイズ 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) 否定と肯定映画『否定と肯定』の作品情報:ナチスドイツによるホロコーストをめぐり、欧米で論争を巻き起こした裁判を基に描かれた法廷劇。www.&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年12月4日の週の公開作品
  3. 『否定と肯定』