シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
祈りの幕が下りる時
(C) 2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2018年1月27日
特別協力:
明治座
協力:
名橋「日本橋」保存会 / 三井不動産 / 人形町商店街協同組合 / 甘酒横丁商店会
製作:
映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会
制作プロダクション:
マックロータス
配給:
東宝
カラー

見どころ:類い稀な推理力で難事件を解決に導く刑事を主人公にした、東野圭吾の人気ミステリー小説を映像化した『新参者』シリーズの完結編。謎に包まれた殺人事件の捜査線上にある女性演出家が浮上したことで、主人公・加賀の母が失踪した理由や父との不和、加賀自身の過去が明かされる。主演の阿部寛をはじめ溝端淳平、田中麗奈、山崎努らレギュラー陣が続投し、新キャストとして松嶋菜々子、伊藤蘭、小日向文世らが参加。テレビドラマ「半沢直樹」などの演出を務めた福澤克雄がメガホンを取る。

あらすじ:滋賀県に住む女性が東京都葛飾区で殺され、松宮(溝端淳平)ら警視庁捜査一課の刑事たちが担当するが、捜査は難航する。やがて捜査線上に女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)の存在が浮かび上がり、近くで発見された焼死体との関連を疑う松宮は、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が記されていることを発見する。そのことを知った加賀恭一郎(阿部寛)は心を乱し……。

祈りの幕が下りる時
(C) 2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

映画短評

  • 中山 治美
    シリーズにもたらされた福澤イズムの功罪
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    原作の力強さを実感するシリーズ完結作だ。
    点で始まったそれぞれの事件が、主人公・加賀恭一郎が抱えていた心の闇にまでつながっていく。
    時や場所を越え、人を結びつけていくダイナミックな展開だけに、劇的な演出を得意とする福澤克雄監督の登板となったのだろう。
    だがこれが評価の分かれ目となりそうだ。
    事件概要は字幕で処理する大胆さ。
    捜査本部では事件の鍵を掴むと、「陸王」の町工場のごとく全員で歓喜に沸く。
    その中心にいる加賀の姿に、ずいぶんと丸くなったと年月を感じずにはいられない。
    『麒麟の翼~劇場版・新参者~』は「逃げ恥」「カルテット」の土井裕泰監督だった。
    彼だったらどんな演出をしただろう。

  • 天本 伸一郎
    シリーズ完結作にふさわしい本格ミステリー
    ★★★★
    »読む«閉じる

    主人公の背景が大きく関わった作品のため、シリーズを観ていた方が主人公と事件が絡んでいく過程を違和感なく観ることができるかもしれないが、物語自体はシリーズ未見でも楽しめるようなわかりやすい構成になっている。
    地道な捜査の過程をきちんと描いていて本格ミステリーといった風格もあるし、阿部寛演じる主人公の加賀恭一郎が、知らないうちに自らも絡んでいた事件の真相を探るべく、捜査対象として自らに迫っていく過程には、そのルーツや内面に一緒に分け入っていくような面白さがあって、引き込まれた。
    本筋とは別のところで、シリーズを観てきた人へのお楽しみもあり、完結作にふさわしい作品。

  • くれい響
    「Jupiter」流れずとも、胸アツな福澤演出
    ★★★★
    »読む«閉じる

    加賀恭一郎シリーズ最終章にして、“新参者”である福澤克雄監督の登板には驚かされたが、「陸王」「半沢直樹」でもおなじみ、日本人なら嫌いになれない王道演出は、やっぱり胸に突き刺さる。桜田ひよりから飯豊まりえに受け継がれる、浪花節的な過去パートの破壊力に加え、本筋の事件に、行方不明だった母親の存在が絡んでいくことで、加賀の心が乱されるという演出は、なかなか興味深い。当初、不安要素に思えた松嶋菜々子も、デヴィッド・リンチばり不気味な赤部屋のシーンなど、意外と健闘しており、TVスペシャル以上の重厚さもしっかり感じる。日本橋「柳屋」のたい焼きのあんこばりに、エンドロールまで楽しませてくれること請け合いだ。

予告編・動画

『祈りの幕が下りる時』予告編

» 『祈りの幕が下りる時』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

(C) 2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『祈りの幕が下りる時』ポスター
    ポスター
  • 映画『祈りの幕が下りる時』チラシ
    チラシ
  • 映画『祈りの幕が下りる時』チラシ
    チラシ

スタッフ

原作: 東野圭吾
監督:
主題歌: JUJU
脚本: 李正美
音楽: 菅野祐悟
エグゼクティブプロデューサー: 那須田淳 / 平野隆
共同プロデューサー: 岡田有正
音楽プロデューサー: 志田博英
宣伝プロデューサー: 小山田晶
撮影: 須田昌弘
照明: 鋤野雅彦
美術: 大西孝紀
録音: 松尾亮介
編集: 朝原正志
記録: 古谷まどか
VFX: 小嶋一徹
音響効果: 谷口広紀
助監督: 北川学
制作隊長: 山野寛道

キャスト

加賀恭一郎:
浅居博美:
松宮脩平:
金森登紀子:
浅居厚子:
宮本康代:
大林:
?:
浅居博美(20歳):
浅居博美(14歳):
?:
田島百合子:
加賀隆正:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『祈りの幕が下りる時』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「祈りの幕が下りる時」:スターの華と哀しき因果ばなし from 大江戸時夫の東京温度 (2018年2月15日 0時27分)
    映画『祈りの幕が下りる時』は、映画版第2弾にして(たぶん)最終版。大江戸はTVド ...[外部サイトの続きを読む]
  • 祈りの幕が下りる時 評価と感想/野村芳太郎版『砂の器』へのオマージュ from eigamanzaiの映画レビュー (2018年1月30日 20時57分)
    ゴジラをオマージュしたシン・ゴジラに近い ☆5点 2010年にTBSで阿部寛主演で連続ドラマ化された東野圭吾の「新参者」加賀恭一郎シリーズの第10作目を映画化。 監督は「半沢直樹」をヒットさせた福澤克雄、主演は引き続き阿部寛、共演に溝端淳平、田中麗奈、ゲストスターに松嶋菜々子 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) 祈りの幕が下りる時映画『祈りの幕が下りる時』の作品情報:類い稀な推理力で難事件を解決に導く刑事を主人公にした、東野圭吾の人気ミステリー小説を映像化した『新参者』シリーズの完結編。謎に包ま&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『祈りの幕が下りる時』★“犯人と被害者”の関係を超越した愛情物語に涙 from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2018年1月28日 1時5分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173470/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 原作: 東野圭吾(原作未読です) 日本橋署:新参者の恭一郎シリーズの完結だそうです。 今回の事件は、恭一郎(と母)に関係しているということで 何が、暴かれるのか、気になっていました☆ ヒロイン:松嶋菜々子さんが、予告編で自らを「人... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年1月22日の週の公開作品
  3. 『祈りの幕が下りる時』