シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
悪女/AKUJO
(C) 2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & APEITDA. All Rights Reserved.
英題:
THE VILLAINESS
製作年:
2017年
製作国:
韓国
日本公開:
2018年2月10日
(角川シネマ新宿ほか)
上映時間:
提供:
カルチュア・パブリッシャーズ
配給:
KADOKAWA
カラー

見どころ:『殺人の告白』のチョン・ビョンギルが監督を務め、『渇き』などのキム・オクビンをヒロインに迎えたスタイリッシュアクション。主人公の殺し屋が亡き夫のリベンジを果たし、やがて国家の暗殺者となる姿を華麗なアクションと共に映し出す。『高地戦』などのシン・ハギュンや『私は公務員だ』などのソンジュンらが共演。日本刀や自動小銃などを駆使したアクションシーンを、キム・オクビンがほぼ自分で演じ切った。

あらすじ:スクヒ(キム・オクビン)は犯罪グループの殺し屋として成長し、やがて育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)に好意を抱くようになり結婚する。だが、まもなくジュンサンが対立する組織によって殺され、スクヒは復讐(ふくしゅう)を実行する。その後彼女は国家組織に身柄を拘束され、10年後の自由と引き換えに国家専属の暗殺者となる。

悪女/AKUJO
(C) 2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & APEITDA. All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    女性アクション映画の最高峰現る
    ★★★★
    »読む«閉じる

     数ある女性アクション映画も『アトミック・ブロンド』で一つの頂点に達したと思っていたが、その認識を文字通り根底から覆すような傑作が韓国から登場した。一人称の主観映像で描かれるオープニングの疑似ワンカット・アクションこそ、イリア・ナイシュラー監督の『ハードコア』を見ていればさほど驚くに値しないし、『ニキータ』の韓国的解釈と呼ぶべき愛憎のリベンジ・ストーリーにも目新しさはないものの、主人公スクヒを演じる女優キム・オクビンのスタント演技はシャーリーズ・セロンを軽く凌駕するし、隙がないくらいにスタイリッシュなチョン・ビョンギル監督の演出にも圧倒される。まさにあっという間の2時間強。抜群に面白い。

  • 山縣みどり
    女性アクション映画をなめてはいかんぜよ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    愛する人を殺害されたヒロインが単身、敵地に乗り込んでハードコアな殺戮を繰り広げる冒頭から「なんだ、これは!」と思わず前のめりになる勢い。しかもこれがほんの手始めで、アクション演技未経験のキム・オクビンが次々と難解なアクションをこなしていくから驚く。チョン・ビョンギル監督はスタントマン志望だったらしく、“見せる”アクションの撮影が骨まで染み込んでいるのだろう。もちろんドラマ部分もしっかりしていて、愛憎渦巻く人間関係を巧みに組み立てている。『ワンダーウーマン』や『アトミック・ブロンド』に続く、女性アクションの傑作が誕生!

  • くれい響
    ボンネット日向もたじろぐ、エクストリームな『ニキータ』
    ★★★★
    »読む«閉じる

    日本リメイクされた『殺人の告白』のチョン・ビョンギル監督、待望の新作。とはいえ、ストーリーテリングの面白さで魅せた前作と違い、冒頭7分の『ハードコア』な殴り込みから圧倒的なアクション・シークエンスで魅せる本作。今後パクられるだろうバイクチェイスや、『ハイロー』ボンネット日向もたじろぐボンネットに乗りながら運転というなんじゃこりゃなシチュエーションが展開。まさに、“エクストリームな『ニキータ』”であり、『アトミック・ブロンド』好きなら、さらにオススメ! 哀愁の復讐ヒロインを演じるキム・オクビンもいいが、チョ・ウンジ(『ホテルビーナス』の花屋の姉ちゃん)の憎まれ役あってこそ、さらに引き立っている。

  • 天本 伸一郎
    世界最高レベルの技術を駆使した壮絶なアクションに驚愕!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    韓国アクションのレベルの高さがわかるのみならず、その撮影技術と表現力の豊かさに圧倒される。
    殺し屋として育てられた女性の愛と復讐の物語は、“「ニキータ」+恨(ハン)”といった感じだが、時世を入れ替えた構成の妙もあって、アクションを見せるだけの物語に陥らない工夫がなされている。
    ワンカット長回し風に見せた『ハードコア』的な主観映像や、闘っている者同士の間に割って入ったようなカメラワークなどの撮影技術と多彩なアクション表現は、世界最高水準といっても間違いなく、スタントマン出身の監督ならでは。
    また、大半のアクションを自らこなしたという主演のキム・オクビンの身体能力の高さと美しさにも魅了される。

予告編・動画

韓国発のスタイリッシュアクション 映画『悪女/AKUJO』予告編
こんな映像見たことない!バイクに乗りながら日本刀で斬り合うアクションシーン 映画『悪女/AKUJO』本編映像
斎藤工&板谷由夏が『羊の木』など2月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『悪女/AKUJO』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) 2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & APEITDA. All Rights Reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『悪女/AKUJO』ポスター
    ポスター
  • 映画『悪女/AKUJO』チラシ
    チラシ
  • 映画『悪女/AKUJO』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『悪女/AKUJO』オリジナルポストカードセット
    オリジナルポストカードセット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

製作・脚本・監督:
製作総指揮: キム・ウテク

キャスト

スクヒ:
ジュンサン:
ヒョンス:
クォン幹部:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『悪女/AKUJO』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 悪女/AKUJO 評価と感想/アクションとストーリーの温度差 from eigamanzaiの映画レビュー (2018年2月20日 0時42分)
    わざわざニキータに寄せなくても ☆3.5点 『殺人の告白』のチョン・ビョンギル監督によるオリジナル脚本のスタイリッシュアクション映画で2017年第70回カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング出品作。 主演は『渇き』のキム・オクビン 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) 悪女/AKUJO映画『悪女/AKUJO』の作品情報:『殺人の告白』のチョン・ビョンギルが監督を務め、『渇き』などのキム・オクビンをヒロインに迎えたスタイリッシュアクション。主人公の殺し屋が亡き夫のリベンジを果たし、やがて国家の&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 悪女/AKUJO・・・・・評価額1700円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2018年2月19日 20時27分)
    その女、凶暴につき。 最初は犯罪組織の、次は国家の暗殺者となる一人の女の、情念の復讐劇。 スタント畑出身という異色の経歴を持つ、チョン・ビョンギル監督による、驚くべき未見性を持ったアクション大作である。 彼が一躍注目を集めた出世作「殺人の告白」は、日本でも「22年目の告白−私が殺人犯です−」としてリメイクされ、大ヒットしたのは記憶に新しい。 驚異的な戦闘能力を持つ主人公スクヒを、... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年2月5日の週の公開作品
  3. 『悪女/AKUJO』