シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
レッド・スパロー
(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
英題:
RED SPARROW
製作年:
2018年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2018年3月30日
上映時間:
配給:
20世紀フォックス映画
カラー

見どころ:元CIAエージェントの作家、ジェイソン・マシューズの小説が原作のスパイアクション。バレリーナからスパイになった美女が、CIA捜査官への接近を命じられたのを機に思わぬ事態に陥る。監督は『ハンガー・ゲーム』シリーズなどのフランシス・ローレンス。『世界にひとつのプレイブック』などのジェニファー・ローレンス、『ラビング 愛という名前のふたり』などのジョエル・エドガートン、『君と歩く世界』などのマティアス・スーナールツらが出演する。

あらすじ:事故によってバレリーナの道を諦めたドミニカ(ジェニファー・ローレンス)。母親をめぐるやむを得ない事情から、彼女はロシア政府直属の諜報(ちょうほう)機関の一員になる。美貌を生かした誘惑や心理操作で情報を入手する「スパロー」と呼ばれるスパイとして育成された彼女は、瞬く間に才能を発揮する。そして新たなミッションとして、ロシアの機密事項を探るCIA捜査官ナッシュ(ジョエル・エドガートン)への接近を命じられるが……。

レッド・スパロー
(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画短評

  • なかざわひでゆき
    リアリズム重視のハードで骨太な女性スパイ映画
    ★★★★
    »読む«閉じる

     バレエ生命を絶たれた元プリマドンナが、生き残るために母国ロシアの女性スパイ、スパローとなる。その武器はずばりセックス。いわゆるハニートラップだ。モデルとなったのはソ連時代に実在した国家諜報機関。ソ連育ちの筆者もその存在は聞いたことがあるし、実際にある女性がそうらしいという噂も耳にしたことがある(本人が忽然と姿を消した後にだが)。
     元CIA捜査官が原作を書いているだけに、かなりリアルかつハードで骨太な仕上がり。ヒロインは自由を求めて露米両国の目を欺いていくわけだが、随所にちりばめられた伏線が鮮やかに結実していく終盤の展開は見事だ。ヌードも辞さないジェニファー・ローレンスの大熱演も見どころ。

  • 山縣みどり
    美貌のスパイって現実にはありえないと実感しました
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ハニートラップを仕掛ける美貌の女スパイ役にジェニファー・ローレンスはミスキャストなのではと思っていたが、彼女の地味顔が生きた。ボリショイのプリマになる夢をライバルに阻まれたことで国際スパイ戦に放り込まれる女性ドミニカの決死のサバイバル劇に似合うのはやはり、ジェニファーのようにタフな雰囲気を持つ女優だ。生き残るためにサディスティックな訓練や拷問や耐える精神力と体力、陥れた敵にきっちり落とし前をつける度胸の持ち主を華奢な美女が演じると嘘くさくなったはず。目を背けたくなるほど残酷な場面もあるが、生まれ持った才覚で運命を切り開くドミニカの綱渡り人生はスリリングで目が離せなくなるはず。

  • 相馬 学
    オスカー女優の熱演が体現するスパイ・ハラスメント
    ★★★★
    »読む«閉じる

     諜報サスペンスらしいスリルは確かに宿っているものの、むしろ女スパイ残酷物語に寄っているのは「#metoo」のご時世を反映してか。ともかく、実話に基づいていることを思うと、この物語は重みがある。

     とりわけヘビーなのはスパイ養成学校のシーンで、生徒たちの前でハニートラップの実践、すなわち性行為を強いられるところ。『愛の嵐』を生き抜いたC・ランプリングふんする教官の静かなスゴみも手伝い、ヒロインの精神的圧迫に緊張を覚えずにいられない。

     オールヌードもいとわず“スパ・ハラ”を体現したJ・ローレンスは熱演と言ってよく、前作『マザー!』に続いて、女優根性を見せつけた。彼女あっての映画。

  • 平沢 薫
    誰が誰を騙すのか。スパイ物ならではの面白さ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     誰が誰を騙そうとしているのか。そのためにどんな手を使うのか。そうしたスパイ・サスペンスならではの面白さが正面から描かれる。ロシアの女性スパイと、彼女に惹かれるアメリカの男性スパイは、本当に協力し合うことにしたのか、それともそれは策略なのか。もしもセリフにしたらあからさまになりすぎる、互いの微妙な心理的駆け引きを、ジェニファー・ローレンスとジョエル・エドガートンが表情と動きで表現しようとする。
     ローレンスは、今回も若く強く賢い女性を演じてよく似合い、27歳とは思えない貫禄。ふと微笑むとエクボが愛らしく、ガラリと雰囲気が変わるので、彼女がそういう側面を発揮する役柄も見てみたくなる。

  • くれい響
    『ハンガー・ゲーム』監督&主演女優の新たな共謀
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『悪女/AKUJO』後だけに、インパクトに欠けるかもしれないが、こちらはあくまでもハニートラップ専門で、トドメの一撃は別人が担当というリアリティ重視。『アトミック・ブロンド』がままごとに見えてしまうほど、全編に渡って不穏な空気が流れるなか、鬼教官(シャーロット・ランプリング!)率いるスパイ養成機関のシーンにおける緊迫感は別格。スポーツクラブには不向きな水着&脱ぎっぷりもいいうえ、拷問シーンも辞さないジェニファー・ローレンスの堂々たる芝居は圧巻の一言だが、これは彼女とフランシス・ローレンス監督との信頼関係あってのもの。そう考えると、『ハンガー・ゲーム』の意味は十分にあったといえるだろう。

  • 猿渡 由紀
    意図せずしてタイムリーになった"セクシーな"スリラー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「#MeToo」の時代、体を武器にすることを強いられるこの女性の話は、タイムリーといえばそう。だが、 "セクシーなスリラー"が意図したところなのだとしたら、皮肉な結果。美しいジェニファー・ローレンスがせっかく脱いだのに、なんとなくネガティブな気持ちになってしまうのだ。その意味では、あと数年早く公開されていたらよかったのかも。ストーリー的には、いろんな仕掛けが用意されていて、最後に「なるほど」と思わせてくれる。バレリーナの世界や、ロシア、東欧、ロンドンといった設定も、ビジュアルに刺激をもたらす。ただし後半の拷問シーンは過激。その間ほとんど下を向いていたが、叫び声だけでもたまらなかった。

  • 斉藤 博昭
    「体当たり演技」とは、こういうものだ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    一流バレリーナの主人公が本番中のアクシデントによって、スパイへの道を余儀なくされるのだが、ステージ上でのケガのシーンから、目を疑う衝撃度(パドドゥの相手がセルゲイ・ポルーニンというのも見どころ)! 今作のそんな過激さは全編に貫かれ、相手はもちろん自分の欲望までもコントロールする異様なスパイ訓練、全身全霊で挑むハニートラップなど、予想のふた回りくらい上をいく描写に素直に驚く。
    ジェニファー・ローレンスは、肉体表現として女スパイを体現するだけでなく、たびたび訪れる過酷な試練を「乗り越えた後」の達観した表情で静かに圧倒する。これぞ、演技巧者の技ではないか。

予告編・動画

ジェニファー・ローレンスが妖艶スパイ役で体当たり演技『レッド・スパロー』予告編
ジェニファー・ローレンスが女スパイ役に 映画『レッド・スパロー』予告編
彼女は何故スパイになったのか?映画『レッド・スパロー』特別映像

» 『レッド・スパロー』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

ポスター/チラシ

  • 映画『レッド・スパロー』ポスター
    ポスター

キャスト

ドミニカ・エゴロワ:
ネイト・ナッシュ:
ワーニャ・エゴロフ:
ステファニー・ブーシェ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『レッド・スパロー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「レッド・スパロー」 from ここなつ映画レビュー (2018年4月16日 12時37分)
    スパイ用語のおさらい。「モグラ」はスパイのことである。だが、よく二重スパイのような意味で使われる。「スワン」は女性の情報提供者(だと本作を観て思った)。そして題名にも使われている「スパロー」は、女スパイのことを指していると思われる(更に言うなら、「レッド・スパロー」の「レッド」とは、ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)がロシア人のスパイであることからつけられたのであろう)。「女スパイもの」と言えば、昨年鑑賞した「アトミック・ブロンド」を思い出さずにはいられない。どちらもスタイル抜群の美女が女スパイとして活躍 ...[外部サイトの続きを読む]
  • レッド・スパロー 評価と感想/金かけたスパイ物AVみたいなw from eigamanzaiの映画レビュー (2018年4月7日 22時24分)
    目次 叔父さんはプーチン? ☆4点予告編映画データあらすじネタバレ感想鑑賞データ 叔父さんはプーチン? ☆4点 元CIA局員ジェイソン・マシューズによる2014年エドガー賞処女長編賞受賞作を『ハンガー・ゲーム2』『ハンガー・ゲーム FINAL』のフランシス・ローレンス監督、ジェニファー・ローレンス主演で映画化。共演にジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ レッド・スパロー (上) (ハヤカワ文庫 NV) posted with ヨメレバ ジェイソン・マシューズ 早川書房 2013-09-2&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『レッド・スパロー』★してやったり!ジェニファーの武器力最高! from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2018年4月4日 0時15分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174088/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・ドミニカ: ジェニファー・ローレンス☆ ←目当て☆ ・雀の学校の先生: シャーロット・ランプリング☆ ・ロシア情報庁の幹部: ジェレミー・アイアンズ☆ ケガで、プリマを断念したドミニカは 情報庁の叔父の“勧め“で、スパイにな... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年3月26日の週の公開作品
  3. 『レッド・スパロー』