シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
(C) Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
英題:
THE POST
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2018年3月30日
上映時間:
配給:
東宝東和
カラー

見どころ:メリル・ストリープとトム・ハンクスが共演し、スティーヴン・スピルバーグがメガホンを取った社会派ドラマ。実在の人物をモデルに、都合の悪い真実をひた隠しする政府に対して一歩も引かない姿勢で挑んだジャーナリストたちの命懸けの戦いを描写する。『コンテンダー』などのサラ・ポールソンやドラマシリーズ「ベター・コール・ソウル」などのボブ・オデンカークらが出演。脚本を『スポットライト 世紀のスクープ』で第88回アカデミー賞脚本賞を受賞したジョシュ・シンガーらが担当した。

あらすじ:ベトナム戦争の最中だった1971年、アメリカでは反戦運動が盛り上がりを見せていた。そんな中、「The New York Times」が政府の極秘文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在を暴く。ライバル紙である「The Washington Post」のキャサリン(メリル・ストリープ)と部下のベン(トム・ハンクス)らも、報道の自由を求めて立ち上がり……。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
(C) Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

映画短評

  • 清水 節
    ツイート的瞬発力で撮り上げ、現政権へ向けた痛烈なカウンター
    ★★★★
    »読む«閉じる

     歴史の検証ではない。ジャーナリズムを軽んじるトランプ政権に向け、横暴な権力が敗れた過去を通して繰り出す鋭いカウンターだ。映画製作に要すプロセスを度外視し、その速度はまさにツイート的。国民を欺いてきたベトナム戦争の真実。その文書を入手したメディアの役割をめぐり、新聞記者がリスクを冒し善意が積み重ねられていく様が、実にスリリング。政府高官との友情と正義の狭間で揺れるメリル・ストリープ扮する新聞社社主。彼女の葛藤と決断こそが静かなるスペクタクルだ。それにしても7000頁にも及ぶ不都合な公文書を保管していた米国には脱帽するしかない。改竄や廃棄の体質から糺さねばならない国の民主主義への危機感が募る。

  • 山縣みどり
    森友文書問題もワシントン・ポスト紙にまかせたい
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『大統領の陰謀』を見て以来、信頼を置く新聞のひとつがワシントン・ポスト紙という人は多いはず。今もトランプ大統領から“フェイク・ニュース”とディスられる栄誉を受けているしね。そんな地方紙が一躍全国に名前を知られることとなった最高機密文書スッパ抜き事件をS・スピルバーグ監督が緊張感たっぷりに描き、全編ワクワクしっぱなし。スパイ映画のような雰囲気もあるが、報道の自由を盾に絶対権力に立ち向かった新聞記者の姿に胸が熱くなる。女社長グラハムの逡巡が曖昧なのはやや不満だが、トム・ハンクス演じる編集主幹の一直線ぶりで相殺されている。森友文書改ざん問題もワシントン・ポスト紙にまかせたくなるはず。

  • 相馬 学
    “弱”から“強”へ向かう女性ドラマとしての面白さ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     鋭い社会的メッセージを込めた物語を演出しつつも、人間ドラマとしてきっちりさらるのがスピルバーグ作品の凄いところ。改めて、その手腕に唸らされる。

     面白いのは、やはりヒロインの歩んだ軌跡。新聞社の経営者でありながら女性であり、また控えめな性格ゆえに周囲に軽んじられているが、そんな彼女がオロオロ&モゾモゾしつつ殻を破り、主張をして、政権にケンカを売る、そんな展開が痛快。ストリープの抑制の効いたリアルな演技も活きた。

     機密文書入手までのサスペンスフルな描写にもスピルバーグらしさが光るが、一年足らずで製作から公開へとこぎ着けた驚異的早撮りも、さすが。改めて、凄い監督であることを認識した。

  • 平沢 薫
    スピルバーグの「今すぐ伝えたい」がみなぎる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     スピルバーグ監督の行動の速さがすごい。16年7月に各党の大統領候補が決定し、11月の一般有権者による大統領選挙の少し前、10月に脚本の映画化権を取得。製作準備中だった他作品を中断して本作の製作に取り掛かり、17年2月にメリル・ストリープとトム・ハンクスが契約書にサイン、5月頭に撮影開始、7月末に撮影完了、11月にファイナルカットが完成したとか。12月に米限定公開、1月に全米公開。映画化権入手から公開まで、なんと1年2ヶ月程しか要していない。スピルバーグ自身、「今すぐ伝えなくてはならないと思った」と発言。この迅速さに、監督はじめスタッフ、キャストの、そして今のアメリカの切迫感がみなぎっている。

  • 斉藤 博昭
    全体を俯瞰しつつ、小さき者の力も信じる、まさしく巨匠の仕事
    ★★★★
    »読む«閉じる

    報道の自由を全うしようとする編集部の苦闘はもちろんドラマチックだが、この作品、メリル・ストリープの経営者の一挙一動に意外なほど長く時間が割かれる。一見、アンバランスのようだが、原題は『The Post』。報道の“現場”だけでなく、ワシントンポストの会社としての方向性を描くことに、監督の思いがあったのだろう。その俯瞰した視点とテンポの良い場面の切り替えが、ちょっとだけ『シン・ゴジラ』のダイナミズムも彷彿とさせる。
    終盤、短い場面に登場する脇役が、主人公の背中を押す重要な役割を果たす。どんなに小さな力でも歴史を変えられるという、スピルバーグの意志が強く感じられ、激しく心が震えた。

  • 猿渡 由紀
    個人的な危険をおかしても、報道の自由のために闘った
    ★★★★
    »読む«閉じる

     今最もタイムリーな映画。実際、スピルバーグは、これは2017年に公開されないならば意味がないとすら思い、速攻で作っている。1971年にワシントンポスト紙がベトナム戦争に関する最高機密文書を報道したことについての話。ニクソン政権から相当なプレッシャーを受けた彼らは、刑務所入りや同紙の滅亡といったリスクに直面した。ワシントンポスト紙がなくならなかったことはもはや周知のこと。そしてその直後、彼らはウオーターゲート事件を暴くことにもなるのだ。トランプ政権が報道の自由を奪おうとしている中、今作は非常に重要。さすがスピルバーグとあって、堅いテーマでありながらも、娯楽性あるスリラーになっている。

予告編・動画

メリル・ストリープ×トム・ハンクス×スティーヴン・スピルバーグ監督!映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』本予告編
『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』予告編
子育てと女優業について メリル・ストリープ『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』インタビュー
落とし物は俳句?トム・ハンクス『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』インタビュー

» 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

(C) Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

ポスター/チラシ

  • 映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』ポスター
    ポスター
  • 映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』チラシ
    チラシ
  • 映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』チラシ
    チラシ

キャスト

キャサリン(ケイ)・グラハム:
ベン・ブラッドリー:
トニー・ブラッドリー:
ベン・バグディキアン:
フリッツ・ビーブ:
アーサー・パーソンズ:
ロバート・マクナマラ:
ダニエル・エルズバーグ:
ラリー・グラハム・ウェイマウス:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』の映画ニュース

  • 『ジュラシック・パーク』『ジョーズ』など、映画史に残る大ヒット作の数々で知られるスティーヴン・スピルバーグ監督。71歳となった現在も、ジャンルを問わず名作を生み続...。 そんな本作の製作中に、社会派ドラマ『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(公開中)も監督。来年には『インディ・...
  • 大人気アニメシリーズの劇場版第22弾となる新作映画『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』が驚異的な数字をたたき出し、16日に興行通信社から発表された土日2日間...レイテスト・ショーマン』:9週目 9(6)『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』:3週目 10(8)『クソ野郎と美しき世界』...
  • 陽気でカラフルな「死者の国」を舞台にしたディズニー/ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』が、9日に興行通信社から発表された土日2日間(4月7日~8日)の全国映画動員ラ...レイテスト・ショーマン』:8週目 6(5)『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』:2週目 7(4)『ちはやふる −結び−』:...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画:ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 from 栄華通信  朕竹林映画ブログ (2018年4月16日 10時44分)
    映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」を観ました。 とある何者かがペンタゴンに侵入し、ベトナム戦争の記録を盗み出します。 その文書を手に入れられるリークがあり、ワシントン・ポスト内で掲載するかどうかという顛末とその後を描きます。 なかなか緊張感があり、よかったです。 この事件によって表現の自由が見直され、そしてこの流れからウォーターゲート事件へと派生していくラストもいい感じです。 洋画「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」 2018年 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演: キャサリン(ケ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 評価と感想/時代はアベノペーパーへ from eigamanzaiの映画レビュー (2018年4月11日 16時6分)
    目次 ニクソンが怖くてブン屋ができるか ☆3.5点予告編映画データあらすじネタバレ感想鑑賞データ ニクソンが怖くてブン屋ができるか ☆3.5点 ニューヨーク・タイムズがスクープしたアメリカ国防総省のベトナム戦争を分析した記録、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」を続けて報道したワシントン・ポストの2人を描いた作品。 監督はスティーヴン・スピルバーグ、主演にメリル・ストリープ、トム・ハンクス 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』 一刻も早く観よう! from 映画のブログ (2018年4月9日 3時1分)
    「この物語には、現代との共通点が、とても多いと考えた。だから、すぐに作って公開したかったんだ。作った年に、公開したかったのさ。」[*1]  「脚本を読んだのは2017年2月で、すごい迫力で迫ってきました。報道機関が直面している壊滅的な攻撃を思い起こさせ、撮影中だった一つの作品に関する仕事以外はスケジュールを空けて、この映画を撮ることにしました。17年中に完成させるという目標に向かって... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』★ワシントン・ポストが“真実”を公開す(^^)/ from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2018年4月2日 22時26分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174614/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 原題 THE POST (ワシントン・ポスト) ・発行人キャサリン: メリル・ストリープ ・編集主幹ベン: トム・ハンクス ベトナム戦争が、アメリカには不利な状況なのを隠していた、 政府の機密文書を掲載した、ワシントン・ポスト紙の話... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」:報道が仕えるべきは統治者ではなく、国民 from 大江戸時夫の東京温度 (2018年4月1日 23時32分)
    映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』は、スピルバーグがトランプ政権に突き ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年3月26日の週の公開作品
  3. 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』