シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

公式サイト:http://shiawase-enogu.jp/
しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
(C) 2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.
英題:
MAUDIE
製作年:
2016年
製作国:
カナダ/アイルランド
日本公開:
2018年3月3日
(新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇ほか)
上映時間:
後援:
カナダ大使館 / アイルランド大使館
配給:
松竹
カラー/DCP

見どころ:美しい風景や動物たちを描いた素朴な作風で知られるカナダの画家モード・ルイスの伝記ドラマ。絵と自由を愛したモードの人生を、彼女を支え続けた夫との関係を軸に描き出す。モードを『ハッピー・ゴー・ラッキー』などのサリー・ホーキンス、夫を『6才のボクが、大人になるまで。』などのイーサン・ホークが演じる。ドラマ「刑事ヴァランダー2 白夜の戦慄」などのアシュリング・ウォルシュがメガホンを取った。

あらすじ:カナダ東部の田舎町で叔母と暮らし、絵を描くことが生きがいのモード(サリー・ホーキンス)は、魚の行商をしているエベレット(イーサン・ホーク)の家で住み込みの家政婦として働き始める。幼少期にリウマチを患い身内に冷たくされてきたモードと、養護施設で育ったエベレットは互いを認め合い、やがて夫婦になる。ある日、モードの絵の才能を見いだす女性が現われ……。

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
(C) 2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.

映画短評

  • 山縣みどり
    サリー・ホーキンスの無垢な魅力が生きた
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    カナダ人画家モード・ルイスについては何の知識もないまま見たが、彼女の成功のみに焦点を当てず、日々を普通に生きるモード&エヴェレット夫妻の物語として描いた点が好感度大。体は不自由だが自立したい女性と家政婦を探す漁師として出会った二人の関係性がゆっくりと微妙に変化する様子は波乱に満ちてもいるが、心がほんわか温まる。そして才能を見出されても高望みなどせずにひたすら絵筆を握り続けるモードが(彼女の画風も)ある意味子供のようで、このあどけなさはサリー・ホーキンスが圧倒的な存在感を世界に示した『ハッピー・ゴー・ラッキー』にも共通する魅力。彼女の無垢な魅力はやはり貴重だなと思わないではいられない。

  • 平沢 薫
    これはもう一つの「シェイプ・オブ・ウォーター」かも
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     主演は同じサリー・ホーキンス。ヒロインが身体的に周囲とは異なる部分を持ち、彼女が共に暮らそうとする相手にも周囲とは違うところがあるのは「シェイプ・オブ・ウォーター」と同じ。しかし、こちらの大気はもっと冷たい。主人公は、若年性リウマチを患いながら素朴な画を描いた実在の人物モード・ルイス。主人公はより貧しく、理解し合う隣人もいない。彼女と一緒に暮らす人物との関係は、無骨で見栄えはしないが、もっと切迫してもいる。強さの発揮の仕方はかなり違うが、どちらの主人公も強い。そして2作とも、主人公が強いだけではなく、愛らしくもあるところが同じ。この愛らしさを垣間見せるとき、ホーキンスの演技が光る。

  • 森 直人
    「素敵」のコーティングに囚われない夫婦像を提示する
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『パディントン2』『シェイプ・オブ・ウォーター』と、サリー・ホーキンスの波が来ている。昔で言う不思議ちゃん的な匂いの中に、広大な心の自由を備えた役柄が似合う彼女は、時代が求めるリベラルなキャラクターと合致しているってことか。三作中、本作は最も彼女の「芝居」が前面化したもので、伝記映画の王道の醍醐味が味わえる作り。

    モード・ルイスの「フォーク・アート」に呼応するロケーションが美しい。ドラマは意外に泥臭いところまで突っこむのだが、元々保守的で粗野な男性像からゆっくり変容する旦那役にイーサン・ホークを当てたのが技あり。また最後にモノクロフィルムで登場する実際のご夫婦がものすごく可愛らしい!

予告編・動画

サリー・ホーキンス、イーサン・ホークら共演!映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』予告編

» 『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008

(C) 2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.

ポスター/チラシ

  • 映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』ポスター
    ポスター
  • 映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』チラシ
    チラシ
  • 映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』チラシ
    チラシ

スタッフ

プロダクションデザイナー: ジョン・ハンド
衣装デザイナー: トリシャ・バッカー

キャスト

モード・ルイス:
エベレット・ルイス:
サンドラ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』の映画ニュース

  • ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』が、26日に興行通信社から発表された土日2日間(2月24~25日)の全国映画動員ランキングで2週連続...島』『ハッピーエンド』『ダウンサイズ』『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』『聖なる鹿...
  • 第38回ロンドン映画批評家協会賞が現地時間1月28日に発表され、映画『スリー・ビルボード』が作品賞、脚本賞、主演女優賞を獲得した。 主演男優賞は『君の名前で僕を呼んで...キンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』『パディン...
  • 全米映画批評家協会(NSFC)が第52回NSFC賞を発表し、カリフォルニア州サクラメントを舞台に悩める17歳の少女クリスティン(自称“レディ・バード”)の揺れ動く心を描いた映...キンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』 ■助演男優...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス 評価と感想/とにかく泣ける from eigamanzaiの映画レビュー (2018年3月20日 11時8分)
    サリー・ホーキンス、こっちの方がいいです ☆5点 カナダのフォーク・アートの女性画家モード・ルイスとその夫エベレットの半生を描いた伝記ドラマで各地の映画祭で観客賞を受賞した作品。 監督はアイルランドの女性監督アシュリング・ウォルシュ、主演にサリー・ホーキンスとイーサン・ホーク 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』の作品情報:美しい風景や動物たちを描いた素朴な作風で知られるカナダの画家モード・ルイスの伝&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス・・・・・評価額1800円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2018年3月14日 21時36分)
    青い鳥のいる家。 いや~素晴らしい。 2016年の作品なのだけど、なぜこれがオスカーに絡まなかった? 特にサリー・ホーキンスの演技は極上で、2年連続ノミネート、いや受賞していても全然おかしくない。 彼女が演じるのは、カナダの画家モード・ルイス。 美術教育を全く受けておらず、いわゆるヘタウマな絵なのだけど、なんとも言えない素朴な味わいがある。 カナダでは国民的人気があるそうで、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「幸せの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」:もっと洒脱であれば from 大江戸時夫の東京温度 (2018年3月5日 23時21分)
    映画『幸せの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』って、3本分みたいなタイトルです ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年2月26日の週の公開作品
  3. 『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』