シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
苦い銭
(C) 2016 Gladys Glover-House on Fire-Chinese Shadows-WIL Productions
英題:
BITTER MONEY
製作年:
2016年
製作国:
フランス/香港
日本公開:
2018年2月3日
(シアター・イメージフォーラムほか)
上映時間:
配給:
ムヴィオラ
DCP 5.1 / 16:9/カラー

見どころ:『三姉妹 雲南の子』『収容病棟』などのワン・ビン監督が、中国の出稼ぎ労働者たちの人生を捉えたドキュメンタリー。住民の大半が出稼ぎ労働者という浙江省湖州で、お金を稼ぐために故郷を離れてがむしゃらに働く人々の姿を活写する。縫製工場で働く雲南省出身の10代の少女をはじめ、さまざまな人々が登場する。

あらすじ:小敏さんは縫製工場で働くために故郷の雲南省を離れ、バスと電車を乗り継いで遠方の浙江省湖州に向かう。彼女と同じように出稼ぎにやって来た18歳の小孫さんは、仕事になじめず1週間で故郷へ帰ってしまう。小敏さんの同僚で安徽省出身の凌凌さんと二子さん夫婦は、ふるさとに子供を預けて出稼ぎに来ていた。

苦い銭
(C) 2016 Gladys Glover-House on Fire-Chinese Shadows-WIL Productions

映画短評

  • 清水 節
    市井の人々が吐露する言葉が現在を照射する傑作ドキュメンタリー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     中国経済を支える出稼ぎ労働者の現在を見つめるこのドキュメンタリー・カメラの眼差しは、温かく優しい。生きるために働くというよりも、疲弊しながらひたすら稼ぐ姿。急速に発展を遂げる社会の犠牲者としてではなく、時代状況の荒波をしっかりと受け止め、それぞれに問題を抱えつつ、臆さず自らの言葉で語りまくる、人としての強靭さや気高さが脳裏に焼き付く。生々しい生き様を克明に捉えられたのは、ひとえに名匠ワン・ビンとスタッフが、彼らの日常に溶け込んで透明化しているからに他ならない。市井の人々が吐露する言葉の数々は、どんな脚本家の名言よりも強く、今を照射する。本作に脚本賞を与えたヴェネチアの見識もまた素晴らしい。

  • 森 直人
    あるいは「世界を見る眼」を人は「脚本」と呼ぶ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    毎度おなじみワン・ビンの傑作だが、本作のトピックはドキュメンタリー史上初の「脚本賞」(ヴェネチア映画祭オリゾンティ部門)を獲った事だ。我々はシナリオ現物を読んで脚本の出来を判断するわけではない。完成した映画からの逆算もしくは憶測でしかなく、人物の個性・立ち方や構成・編集の巧さ等がその賞賛に相当するものになる。

    架空の「脚本」を想定させるのは、ある種逆説的にフィクション的な精度に近づけてしまうワン・ビン節の特異さによるものだ。場へのカメラの浸透は演技と非・演技をメビウスの輪のようにつなぎ、あらゆる人生の形が交錯する湖州の街が変わりゆく中国社会の縮図となる。これ以上の「群像劇」は望めないほど。

予告編・動画

『三姉妹 雲南の子』などのワン・ビン監督作!映画『苦い銭』予告編

» 『苦い銭』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008

(C) 2016 Gladys Glover-House on Fire-Chinese Shadows-WIL Productions

ポスター/チラシ

  • 映画『苦い銭』ポスター
    ポスター
  • 映画『苦い銭』チラシ
    チラシ
  • 映画『苦い銭』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『苦い銭』お札の付箋
    お札の付箋

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「苦い銭」:延々と撮るから、見えて来る from 大江戸時夫の東京温度 (2018年3月20日 23時46分)
    映画『苦い銭』は、極北ドキュメンタリーを連打するワン・ビンによる、またしてもの問 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年1月29日の週の公開作品
  3. 『苦い銭』